イエスキリストがペトロと出会った

0

    ペトロはエルサレムで信仰と伝道に、信者たちの指導者となって、エルサレムの教会をまとめた後、ローマで布教活動を行った。

    ペトロがローマに渡ったとき、皇帝クラウディウス(在位:41年〜54年)〜皇帝ネロ(在位:54年〜68年)の時代であった。

    皇帝ネロは、側近に魔術師シモンを置き、寵愛していた。

    シモンは、しばしば、ペトロの宣教に異議を唱え、伝道活動を妨げていた。

    ある日、ペトロは奇跡でシモンを倒してしまい、皇帝ネロの怒りを買い、パウロと共に投獄された。

    牢獄では二人の騎士に見張られていた。二人の騎士はペトロに話を聞き、キリスト教に入信した。

    それで、牢獄から解放されたペトロは、信徒たちに、一刻も早くローマから逃れるよう懇願された。

    ペトロ本人は不本意であったが、信徒たちに強く懇願され、ローマから離れることを決意した。

     

     

    ペトロがローマを出発して、しばらくすると、ローマに向かってイエスが歩んできた。

    ペトロはどちらに行かれるのか尋ねたところ、イエスは「もう一度十字架に上がるのです」と答えた。

    その言葉を聞いたペトロは悔い改め「それでは、わたしも、帰ってあなたとごいっしょに十字架にかけられます」と言った。

    するとイエスは、彼の見ている前で天に昇って行った。

    ペトロは、殉教を告げられたのだと悟り、声をあげて泣き、ローマに引き返し、ネロの兵士たちに逮捕された。

    処刑のときには、イエスと同じ十字架刑では畏れ多いとして、逆さ十字架にかかって殉教した(64年頃)。

    現在、ペトロの墓の上には、サン・ピエトロ大聖堂(聖ペトロ大聖堂)が建てられている。

     

    この聖書の話を聞いて、

    自分も転職を5社以上しているが、この中には自分の意思で退職したものもあるが、

    会社の都合で退職したものもある。

     

    自分の都合以外で逃げたことがある。

    確かに前いた職場の人から、残った人から「私たちを見捨てるのですか?」

    と言われたことを思い出した。

     

    ペトロの場合は、危険が完璧に迫っていたし

    逃げることは恥じることもなく、今後の教団を再構築するにはいいことと

    自分は思うのだけども

    イエス様は、違ったんですね。

     

    ここがすごいと思った

    世間的にみると、死にに行けということでしょう。

    信心とはそれほど半端なものではない。

    不動心なのでしょうね

    信心にぶれがない行動をしなさいということなのでしょう。

     

    自分は仏教徒であり、この不動心はこのような激しいものなんだと

    宗教は違うが同じような感じを抱いた。

     

     

     




    早朝暗く眠く寒い修行

    0

      今日も駅の清掃ボランティアを実施する。

      もう毎週木曜日朝5時、暑い日も寒い日も17年もやってきた。

       

      その駅は、こんな感じだ。

      まだ2月の5時はこんなに暗い。

       

       

      17年間やってきて、思う事がある。

      この清掃というものが、ガードマンと同じように

      有償のサービスという事で、清掃の会社が沢山出来た。

      ボランティアではない、清掃の法人の有償サービスだ。

       

      ボランティアとは違い、さすがに立派に綺麗に仕上がっている。

      駅も然り。

      非常に綺麗いになっている。

       

      自分たちの清掃場ランティアは、単に綺麗にすることばかりが主眼ではない。

      こころの掃除。

       

      こころを清める行を、この清掃場ランティアで実施している。

      なぜ綺麗に清掃するのかを

      分かるまで。

       

      わかって悟りを得た人もいる修行だ。




      本日早朝5時駅の清掃ボランティアをする

      0

        今朝の温度はマイナス1度でした。

        この清掃ボラティアに有志11名が参加していただきました。

        まだ12/7の朝5時は暗く、何をホウキではいているか見えない。

         

        しかしながら、なんとかごみとわかるものは拾う。

        こんな感じで清掃していく。

         

        朝は、若い方は苦手のようだ。

        比較的年配の婦人が主力になる。

         

        この清掃ボランティアをして13年、病気で出来ない時期もあったが

        病気も回復し、現在は健康を頂き、

        この清掃ボランティアができる喜びに浸っています。

         

        とはいえ、13年長いな。

         

        駅の方も、清掃の業者に清掃を委託しているようで

        13年前に比べると、駅周辺は格段に綺麗になってきた。

         

        自分たちの清掃は、自分の心を掃き清める意味もあり

        徹底的に清掃をする

        といったスタンスではない。

         

        徹底的となると、雑草の除去に除草剤とか化学薬品を使ってまで

        清掃をするような掃除ではありません。

         

        何故人間は汚すのだろうか?

         

        心の修業という意味も大きいのです。

         

         




        宗教法人の大変さってよくわからない

        0

          宗教法人って非課税で楽して経営しているのかなと思い

          調べてみた。

           

          宗教法人の最大のメリットは、布施の収入、境内の建物などが課税されないということ。

          宗教法人は、公益法人の一種で、その事業は剰余金配当と残余財産分配を行うことができないので、非課税となっている。

          宗教法人の設立認可のハードルは高い。

          1.礼拝施設その他財産を持っている。

          2.布教活動をしている。

          3.宗教行事を日頃から実施している。

          4、信者の教化を行い育成している。

          ハードルが高く見えないが、厳格な審査がある。

          1.自宅ではなく公開性のあるたてものがあるのか

          2.3.4は実態証明が必要。

          それに健全な実態の書類必要。

          認可には3年程度かかる。

          宗教法人の維持。

          規則、承認書、役員名簿、財産目録、会計書類、建物書類、責任役員会議議事録、事務処理簿等常時備え付ける。

          会計年度終了後4か月以内に会計報告これら書類を所轄官庁に提出する義務がある。

          これらは怠ると、代表役員は、10万円以下の罰金が科せられる。

          宗教法人の収入は信者、檀家や氏子からのお布施や寄付に限定される。

          この収入が年々減少していることだ。

          信者、檀家、氏子は町内会や自治会と同じで、その地域を支える組織だ。

          その地域の人口減、少子化、他地域の流出が続いていけば、活性度が下がっている。

          最後はお寺や神社を手放す。株式会社のように責任を取るものがいないので荒れ放題になる。

          平成12年以降宗教法人の税務調査が激増した。背景には脱税目的で宗教法人を売買するようになってきたからだという。

          宗教法人の透明性がなくなってきた。

          非課税ながら法律を遵守し宗教法人を経営していくのは大変な時代となってきた。

           

          宗教法人の目的は宗教活動であるから教化育成に力を入れてもらいたいものです。

           

           

           

           




          死んだら意識は異次元に行かない。

          0

            死んだら仏教では、地獄か極楽に行くと。

            ここで異論がでてきた。

            イギリスの学者の説のようだが

             

            自分の脳に意識というものがあり、この意識は、宇宙にありそこから通信されている。、

            自分が生まれる前からその意識がこの宇宙空間にいるそうだ。

            漂っている。

             

            その意識、イオンのようなものか

            とにかく意識が存在していて、

            それが自分の脳に信号を送っているのではないかと。

            自分の肉体から意識が生まれたのではなく

            意識は宇宙の空間に存在し続ける。

            意識という物質があるんだ。

             

            医師の日野原さんがなくなったが

            命の尊さを全国に講演していた

            日野原さんが亡くなった。

             

            彼の意識は消滅することなく

            ずーと生き続けるのでしょう。

             

            その時になってみないと、このことは自分には

            分からない。

             

            しかしながら、おぼろげながら

            死んだ後でも意識は本当に自分はあると信じたい。

             

             

             




            人が去っていくのは辛い、別れは一瞬で来てしまう。が、残ったものは、生きていかねばならない。

            0

              人の別れは寂しいものがある。

              小林麻央さん、

              とか、身内では

               

              悲しいものだ。

              自分も死別した。

              父母、祖母、祖父、姉

              もうこの世にいない。姿隠した。

               

              人は変わっていった。

              いつまでも不変ではないのだな。

               

              時が経ち、その時その時で生き抜き、

              病気でも変わっていく、

              血管関係で3人いっている。

               

              どのような死に向って

              自分はどう生きていけばいいのか。

               

              姿はなくなったが、霊は残り

              別な世界へ自分の存在、意識(味覚、視覚、臭覚、聴覚、触覚)

              が死んだらどこの世界に行くのか?

              死なねば分からないかも。

               

              ひとつの答えは、信仰を持つことが

              この死後の世界が分かると思う。

               

              キリスト教でも仏教でも

              信仰すれば生きているうちに

              死後のことが分かるはずだ。

               

              自分は仏教の宗派を信仰している。

               

              もっと深く勉強が必要ともいわれている。

               

              そのようにしたいと思っている。

               

              んだ。

               

               




              口角を上げ笑いの訓練を、和顔施は立派なお布施です。

              0

                仏教でお布施というものがあります。

                お金ばかりがお布施ではないのです。

                和顔施というお布施があります。

                 

                東京都の小池都知事、彼女のテレビで見る、挨拶の代わりの

                あの口角が上がったあの笑顔。

                 

                あれこそ笑いのお布施、和顔施

                の代表例だと思います。

                 

                顔を合わせ目があった時に、口角を上げスマイルの顔

                イタリアでは、これが当たり前らしい。

                このような習慣が社会化している

                イタリアは、ほんわりしたやわらかい国のような印象をもつ。

                 

                目を合わせて微笑みあう、

                自分も、相性のいい好きな人と

                接するとき、最初に目を合わせたらこのような微笑みを浮かべたことを

                思い起こします。

                 

                それを延長させ誰とでもできるように

                自分をしたいな。

                それには、口角を上げ笑いの訓練も有効のようだ。

                 

                和顔施をこれから世の中に施せるよう

                心がけしていきたい。

                 




                ビルゲイツは子供を億万長者にしないと。

                0

                  ビルゲイツは、世界の大富豪に財産の半分を寄付するよう運動をしている。

                  キリスト教に金持ちは天国に行けないといのがあるのでしょう。

                   

                  日本でも日本電産の社長とかそんなことする人がいますね。

                   

                  寄付の使われ方を考えているようです。

                  死後財産を寄付するにしても、どう使われるか

                  死んだあとは分からないものです。

                  生前に遺産をどう使うか生きている間に

                  アプローチしていく必要があると思う。

                  例えば死ぬ前に教育の基盤に寄付するとか。

                  具体的に形にしておいたほうが

                  寄付の使い道いいのでしょう。

                   

                  自分もわずかな財産しか残せませんが、というよりないです。

                  わずかな預金とか

                  一生懸命ため込むのではなく

                  あるお金は使い切っていくような使い方したい。

                  私は子供にお金は残せない、

                  生きている間使い尽くせればいいと

                  思っています。

                   

                  死後、銀行の口座もstopすると聞いています。

                  死後の出金とかお金は難しそうです。

                   

                  自分はお布施はしています。

                   

                  お寺仏塔を作ることにお布施をしていました。

                   

                   

                   




                  命を大切するのが宗教ではないか、と自分は考えるが。

                  0

                    アフガニスタンの首都カブールの自爆テロ事件。

                    タリバンは関与してないと。

                    過激派組織の犯行か。

                    90名も死んでいるんだ。

                    日本大使館にも被害があった。二人軽傷で済んだ。

                     

                    各国の大使館を狙ったものらしい。

                    ドイツ大使館が被害がひどかったようだ。

                     

                    通勤時間帯、バキュームカーに爆弾を仕込んだ。

                     

                    宗教において、人殺してもいい

                    とする教義がある宗教が

                    何故存続していくのか?

                     

                    自分には、分からないんだ。

                    確かに

                    ポアと称し、人殺しをしたカルトも日本にあったが。

                     

                    表立って壊滅したこのカルト。

                     

                    また昨日、霊能者修業と称し、高校生を危険な目に合わせて

                    結局、警察に保護された事件があった。

                    このように、一人または4,5人のカルトは日本中に無数にあるという。

                    このマインドコントロールされた人の被害が表に出てきてないとのこと。

                    この事件は氷山の一角で、無数に全国に被害者がいると考えられています。

                     

                    このように霊能者商売が潜んでいるんです。

                    命までに影響が出てくるようであれば

                    辞めるべきだ。

                    命と霊能者という資格は同列ではない。

                    死ぬような目にあいそうであれば

                    目を覚まし逃げるべきだ。

                     

                    殺したり、殺される事を認める宗教は

                    基本世の中にあってはならない。

                     

                     

                     




                    三毒について

                    0

                      仏教の三毒について、

                      心の働きで、貪、嗔, 痴のことをいいます。

                       

                      貪はもっと欲しい、貪欲の心、貪り食う心をいう。

                      嗔は、怒る心、むさぼりの心が収まらないと怒りになってしまいます。

                      痴は、貪り、怒りにより自分を見失い正確な判断ができなくなることです。

                       

                      この三毒を浄化し、正しい判断ができる人間なりたいものです。

                       

                      仏道を歩んでいきましょう。

                       

                       


                      | 1/1PAGES |

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      成婚率最高資料請求無料

                      幸せの無料資料請求

                      スポンサードリンク

                      スポンサードリンク

                      3

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM