任期制自衛官っていい制度と思う

0

    任期制自衛官はいい制度だと思う。

    ところで任期制自衛官とは

     

    「無料自衛官写真」の画像検索結果

    現在、自衛隊では陸上・海上・航空併せて約27万人体制の自衛官がいます。
    そのうち3分の2が任期制自衛官で1任期〜3任期の任期を終えた後、自衛隊を除隊し民間企業様で再就職をします。
    任期中は、防衛訓練や災害救助以外にも、除隊後に役立たせるために色々な職域で、様々な経験・技術・資格を身につけて除隊します。
    自衛隊には、18歳以上27歳未満の日本国籍を有する人であれば誰でも入隊可能ですが、ほとんどが高校を卒業し入隊しますので、最長の任期を務めても除隊時には24歳〜25歳という非常に若い人材が豊富です
    任期中は約9割の自衛官が出身地以外の都道府県の各駐屯地で任務を遂行し、除隊を迎えます。
    任期制以外の自衛官は定年制で55歳の誕生日で定年を迎えます。定年制の自衛官は任期制自衛官とは違い防衛大学を卒業するなどした幹部候補生や、内部の厳しい試験に合格したわずかな人が定年まで努めます。
    除隊後の再就職先に関しましては、内部組織の援護課などで探しますが、なかなか思うように就職先を見つけることができないのが実情のようです。http://www.nk-assist.com/jsd.html 出典

    20代で大半が退職する任期制自衛官が再就職先に建設業界を志望するケースが東北で増えている。業界側も隊員の体力や重機取り扱いの技術といった適応力を高く評価し、採用意欲は高い。半面、任期制自衛官の数自体は採用計画を下回る状況が続き、防衛省は対象年齢の弾力化などで拡充を図る考えだ。(報道部・荘司結有)

     仙台市若林区の仙台卸商センターで7月24日、来春退職予定の任期制自衛官向けの合同企業説明会があった。宮城県内を中心に東北で勤務する約100人が参加した。県内で活動する95企業がブースを設置する中、特に人気を集めたのは建設会社。各社の説明に参加者は熱心に耳を傾けた。

     自衛隊宮城地方協力本部によると、説明を希望する業種を尋ねた事前アンケートで、第1希望に建設業を挙げた自衛官は全体の14%に上り、前年より6ポイント増えた。

     説明会への参加を続ける東京の建設会社「宮本組」の舟根正直人事総務課長は、建設業界と自衛隊の類似点を指摘。「現場に配属されると他の社員と寝食を共にすることが多い。自衛官は共同生活に慣れており、環境に早くなじむ」という。チーム作業の現場は自衛隊の「小隊」に似ているとして、「現場に溶け込む素地がある」と話す。

     2020年東京五輪・パラリンピックやリニア中央新幹線の関連工事などで建設業界は活気づくが、少子化などの影響で人手不足が深刻化している。業界内外での人材確保競争は激しく、即戦力となる元自衛官は垂ぜんの的だ。

     一方の自衛隊も人材不足に悩む。任期制自衛官となる「自衛官候補生」の入隊は14年度から4年連続で採用計画人数を下回る。

     防衛省は「少子化や『売り手市場』の雇用状況で採用は厳しさを増している。採用の上限年齢引き上げも含め、人的基盤を充実させる措置を検討する」と説明する。

    [任期制自衛官]入隊と同時に「自衛官候補生」に任命され、教育訓練を経て2等陸・海・空士に任官される。全国に約2万3000人いる。任期は最長2年9カ月で、満了後は2期目以降も継続するか民間に就職するか選択できる。応募資格は18歳以上27歳未満の男女。https://this.kiji.is/406928598610101345/amp出典

     

     

    20-27歳までが対象年齢だ。

    自分の考えでは、職業軍人で定年まで防衛業務に従事することも

    大過なく軍務を遂行するのも難しい事と想定する。

    自衛隊は常に若い人が循環しているべきだ。

    この任期制自衛官の制度は素晴らしいと思う。

     

     




    日本海兵隊が富士総合火力演習

    0

      富士総合火力演習が、本日実施された。

      防大生に見せる演習だ。

      今回は初めて、水陸機動団(日本の海兵隊)が参加した。

      水陸起動団が使う水陸両用車による実射も実施した。

       

      「水陸両用車 水陸機動団」の画像検索結果

       

       

       

       

       

      「水陸両用車 水陸機動団」の画像検索結果

      離島奪還部隊が初参加 陸自が総合火力演習 

       陸上自衛隊は26日、静岡県の東富士演習場で国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」を公開した。敵の上陸を許した離島を奪還する陸海空3自衛隊の統合作戦を想定した訓練を実施した。沖縄県・尖閣諸島周辺で活発な動きをみせる中国が念頭にある。 
       3月に発足した、離島奪還・上陸作戦を展開する「水陸機動団」が初めて参加した。統合作戦は演習場を離島に見立て、敵に上陸を許した状況からスタート。海自のP1哨戒機が情報収集したほか、空自のF2戦闘機も敵艦艇を仮定した攻撃で連携した。水陸機動団が上陸し水陸両用車による射撃も実施。最後は戦車部隊が集中攻撃した。 
       今年から新たに、電磁波を扱う電子戦の作戦も公開。敵の電波を収集・分析し、通信を妨害する「ネットワーク電子戦システム」を披露した。 
       演習には約2400人の自衛隊員が参加した。小野寺五典防衛相も視察した。

      2018/8/26 13:57 
      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34611610W8A820C1000000/  出典

       

       

       

      日本の海兵隊が演習に参加した事の意義は大きい。

       

       




      中国の軍事覇権に対抗するアメリカ

      0

        アメリカの中国に対する経済制裁は効果的でない。

        「無料画像中国戦闘機」の画像検索結果

        制裁関税が無力なのだとしたら、どうやって中国のルール違反に対抗していけばいいのか。前オバマ政権で設置された大統領科学技術諮問委員会(PCAST)が、いくつかの対策を提示している(筆者も委員の一人だった)。

        PCASTの報告書は中国の脅威から米国の半導体産業を守ることを目的としており、次のように勧告した。まず、同盟国と協力して中国に圧力をかけ、WTO(世界貿易機関)ルールを順守させること。

        次に、欧州連合や日本・韓国・台湾の例に倣い、中国に半導体関連の特許が流出したり、関連企業が中国に買収されたりしないように監視を強めることだ。現在、外資による米国企業の買収を安全保障の観点から審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の権限強化が進みつつあるが、これはPCASTの勧告内容とも一致する。

        すべては米国のイノベーション力にかかっている
        一方でPCAST報告は、米国には中国が巨額の補助金を投下してハイテク産業を育成するのを止める権限はないとも指摘している。それに、中国の技術革新やコスト削減は米国の消費者にも恩恵をもたらすので、一方だけが得をするゼロサムゲームとはならない。米国にとっての課題とは、中国をWTOのルールに従わせ、特許侵害や技術移転の強要といった真のゼロサムゲームをやめさせることであって、中国のハイテク産業の発展を妨げることではない。

        最後に、PCAST報告は、米国自身が産業政策を持たねばならないと強調している。結局のところ、米国が中国の脅威に打ち勝つことができるかどうかは、米国がイノベーションを維持し続けられるかどうかに懸かっているのだ。

        東洋経済2018/7/7 引用

         

         

         

        中国の経済力の流れに杭を打てるか?

        最近,日産自動車の蓄電池の子会社売却が中国から断られた。

        資金がないようだ。もうドルがないのか?

        中国の戦略は、欲しい技術があればその企業を買収し

        中国生産の技術を得てしまうというやり方だ。

         

        それが金がないと。

        もしアメリカが、制裁を続けて行ったら

        中国が音を上げそうだ。

         

        アメリカ生産の技術は他国に吸い取られ、ぼろぼろではない。

        軍事技術が中国は、世界の覇権を取るためには必要だが

        アメリカの優秀な頭脳は軍事に進む。

        この優秀な頭脳が自国の軍事技術を高め

        中国に追い抜けない技術を持っていることは間違いない。

         

        少しずつ少しずつ、スパイしまたは企業買収で機密を奪い

        軍事技術をアメリカが何もしないいで奪われ続けるのなら

        軍事大国の座も中国に奪われてしまうだろう。

         

        アメリカは逆に経済制裁の対抗を受けるが、それはアメリカばかりでなく

        日本も影響を受けるだろう。

         

        ひとつには、近平が世界topの軍事力覇権を握る事を諦めてもらう。

         

        これに尽きると思う。

         

        世界で中国人が席巻するのは良くない。

        いい結果を産まない。

         

         

         




        防衛大学校儀じょう隊、銃回転「捧げ銃」

        0

          聞いた話ですが

          防衛大学校儀じょう隊の演技の中で

          M1ライフルを回転させながら敬礼するやつ。

          捧げ銃より難しいと思うが

           

          逆に、失礼な敬礼ではないかと思った。

           

          歴史を見るに、アメリカ海兵隊儀仗隊を模倣したとある、防衛大学校儀仗隊だ。

           

          失礼ではないのだろう。

          この動画の6分10秒くらいで銃回転し、敬礼をする。

           

           

           

          防大で儀仗隊に入隊するなど「軟弱」気味と思っていたが。

           

          まして、日本人の血を吸ったM1ライフルなど粗末に扱ってもいいのではないかと。

           

          実際にその可能性はある銃だ。

           

          良くこの銃は弾がよく噛む、日本人将兵の怨念なのだろう。

           

          しかしながら64式小銃とか別な銃ではドリルきついですね。

           

          残存数の少ない日本人を殺した銃ですが

          保存をお願いしたいものだ。

           

           

          追伸

          アフィリエイト塾のご案内です

          ここのはお金にやさしく学べる塾です。

          今なら無料で教材をダウンロード可能です。

          ⇩⇩⇩

          コンテンツマスター塾ZERO2

           

           

           




          北朝鮮の核ミサイルをアメリカで性能検査をしてもらうべきだ。

          0

            米朝首脳会談がS'poreで予定されている。

            これは、トランプ大統領がノーベル平和賞を真剣にとりに行ったということらしい。

             

            そもそも、北朝鮮がいくつ核兵器を持っているのか?

            実際地上で核実験してない。

            ハワイ沖あたりで実際核実験をすれば、核の保有ということを信じられるが。

             

            現在地下核実験しかしてない。

             

            核兵器を北朝鮮がどのくらい持っているか分からない。

             

            この分からないものを破棄するといっても、

            全部破棄できるという事は考えられない。

            また仮に核ミサイルを、殺されたカダフィ大佐がやったように、アメリカのテネシー州に送った場合

            本当に機能するかどうかの検証は必要で、検査するだろう。

            その時、北朝鮮の核ミサイルの色々な欠陥とか威力とか分かるだろう。

            あるいは、核ミサイルとして機能しないことが暴露されるかもしれない。

            何分、地上で実験してない。

            自分はこの結果が知りたいです。

             

            いづれにしても、少しアメリカに送ったら

            これで全部と言われても、アメリカは本当かどうか分からない。

             

            経済制裁終了。北朝鮮の政治体制を保証。

            へピョンヤンにトランプタワーをつくる。

            そうすればそれが人質となり、

            体制保障になるだろうと。

             

            北朝鮮の核兵器を放棄しても

            直ぐに作れる体制にしておけばいくつ

            アメリカに核兵器を送っても、

            核保有は問題ないだろう。

             

            金正恩委員長は、核兵器をすべて放棄してカダフィ大佐の二の舞にならぬよう

            警戒したほうがいい。

             

            アメリカは、そんなに甘ちゃん、アメちゃんじゃない

            恐ろしく軍事力は強い。

             

            ここは、

            アメリカの軍事力と張り合えない。

             

            金正恩委員長としては、

            一度核兵器を開発したのだから

            もう一度作成可能でしょう。

             

            核兵器はアメリカに送るが

            仮に全部なくなっても

            山奥に製造装置とかを隠していれば

            全部放棄とうそを言い、体制保障を勝ち取る。

             

            また困った事の圧力は、一度作成した技術で核兵器を作り

            核兵器でまたアメリカに圧力をかけられるのだから。

             

             

             

             

             

            追伸

            日本では、アフィリエイトをしようとする人はいない感じがします。

            世の中に必要とされているものがあり

            手軽にインターネットでこのような有益なものを売って

            そのものにより人々が幸せになる。

            その売り方でアフィリエイトがあり、

            その商品のすばらしさ、機能等を世の中に広められ

            利用される。その対価として幾ばくかのお金を頂く。

            そのような有益なアフィリエイトをする人がいないのは

            もったいない。

            是非、取り掛かりとして

            この99,000円の商材を今なら無料

            でダウンロードができるので

            見て、一度やってみてください。

            無料でできるんです。

            是非ダウンロードを!!!

            コンテンツマスター塾ZERO2

             

             

             

             

             

             




            F16コクピットから撮影した超低空飛行が怖い

            0

              岩手県一戸町にある高森高原風力発電所の風車と風車の間を低空飛行しているとみられる映像=ユーチューブより 



               米軍三沢基地のF16戦闘機が岩手県内を「超低空」で飛行訓練した映像が、ユーチューブに投稿されている。

              米軍関連の動画サイト「USAミリタリーチャンネル」の映像(約11分)2日に公開された。

              視聴回数は11万回を超えた。

              戦闘機のコックピットから撮影された映像公開は異例だ。住宅地の上を低空飛行する場面もある。 
               米軍機は日米地位協定に基づき、航空法が定める最低安全高度の基準(人口密集地300メートル、それ以外150メートル)

              は適用されない。

              各地で低空での飛行訓練が目撃されている。

              日本人にトルーマン大統領の今も実行されている言葉が5chであったので載せておきます。

               

              米国大統領トルーマンの言葉 

              猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。 
              方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。 
              そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を解放させる。 
              これで、真実から目を背けさせることができる。 
              猿(日本人)は、我々の家畜だからだ。 
              家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。 
              そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は、長寿にさせなければならない。 
              (化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。 
              これによって、我々は収穫を得続けるだろう。 
              これは、勝戦国の権限でもある。 

               

              日米地位協定で上記の危険なことを平気でやらせてしまっている日本。

              厚木でアメリカ兵が日本人に交通事故で怪我でもさせたら

              アメリカ兵は即日本にいなくなると、聞いた。

              沖縄でアメリカ兵がやったら逃げなれないだろうが

               

              田舎の過疎の岩手は例外か。

               

              日本人をサルとみなしているアメチャンが今回の北朝鮮の拉致問題で

              助けると思うか?

               

              どう考えても、アメリカに頼っては絶対うまくいかないと判断する。

              しかしながら日本独自では何もできない日本

               

              空しい。

              地位協定を見直す事など話題にもならないことらしい。

               

              ずーと日本人はアメリカにとって

              サルのままか

               

               

               

               

               

               

               




              朝鮮戦争が終結、金正恩が勝利した。

              0

                北朝鮮が核兵器を廃絶する。

                核兵器を作った人々が作り方を世襲すれば

                核兵器が無くなっても、核兵器所有といえるのではないか。

                 

                また、現在の核拡散防止の枠組みに入ってない、インド、パキスタン、イスラエルと同じように

                一度持ってしまえば現在も核兵器を量産してしまう。

                 

                北朝鮮も核兵器を手放すと、カダフィ大佐、イラクのように殺されてしまう。

                アメリカとの口約束は当てにならないのである。

                 

                また核兵器、技術はイランに売れる。

                北朝鮮という国家が存続する限り核兵器製造のノウハウは生き続ける。

                 

                 

                 

                もう今頃、アメリカの「だんまり戦術」を辞めても遅い。

                ここまで核兵器技術が確立したところでお話合いは意味がない。

                 

                口では非核という事で

                朝鮮戦争が終結するかもしれないが

                 

                北朝鮮のゴールは米朝会談だ。

                とうとう破天荒な老人が敗戦のカードを引いた。

                会談場所は板門店が

                 

                そこでやろう

                 

                米朝会談では何でもやります。

                非核化ね、100年かけてでもやりましょうと。

                 

                ん。

                 

                直ぐじゃないの。

                 

                沢山核兵器を隠してどこにあるか分からないと。

                これに100年かかんだっぺ。

                 

                そーか、じーと待ちましょう。

                 

                で米中会談終了。

                 

                ノーベル平和賞を二人で貰おう。

                 

                「やったー」

                 

                そうはいかないと思う。

                アメリカの強硬論者は、こういうだろう。

                 

                北朝鮮を占領して核廃絶しない限り非核化はできない。

                北朝鮮の国土を焦土化し、しらみつぶしに核兵器を探す。

                核開発技術者は全員確保あるいは処分する。

                 

                これをやらないと非核化はできない。

                 

                これには、沢山日本の国土を買いあさっている近平が北朝鮮を擁護し

                開戦の火蓋はきれないだろう。

                 

                結局非核化は無理そう。

                その先には近平ががんばる。

                 

                沢山買いあさった日本国土の学校には、多くの中国人留学生のため中国国歌が入学式、卒業式にはながれ

                ましてや、歴史の授業は中国本土から教師が来るという。

                 

                下手すると、北方四島も買いあさって、中国領にこの先30年先なる可能性はある。

                 

                中朝の支配下に下ってしまうか日本。

                 

                そうなってはダメだ。

                徹底的に抗戦すべきだ。戦うべきだ。

                と自分は思う。

                 

                冗談ではなくこれは現実みたいだ。

                日本の生末が可哀そうだ。

                 

                追伸

                アメリカの強硬論者

                つまり大統領補佐官だが、どうもトーンが違ってきた

                北朝鮮の非核化を見守ると言ってきた。

                 

                完全な非核化を北朝鮮が証明できれば北朝鮮焦土化は防げるという事らしい。

                 

                金正恩はできるのか?

                できないと、この強硬論者は何をするか分からない。

                以前イラク戦争をしむけたのは彼だ。

                 

                 

                 




                米朝会談、朝鮮戦争北朝鮮の勝利宣言

                0

                  確か、アメリカは米朝会談はしないと。

                  それが情報操作でいかさまで大統領になった人

                   

                  その人が朝鮮戦争の敗北処理をするとは?

                   

                  北朝鮮は、米朝会談がゴールであった。

                  その破天荒な人が

                   

                  そのゴールをアシストし敗北を認めるとは

                  他のアメリカ人の総意なのだろうか?

                   

                  いかさまの選挙で当選なのだから少なくとも「アメリカの総意」

                  ではないと思うが。

                   

                  日本もじーと耐え忍ばなくてはならない時期だ。

                  いずれ破天荒な人はいなくなる。

                   

                  それまで

                   

                  「忍」

                   

                  の一文字で耐え忍ばなくてはならない。

                   

                  ほかのアメリカの指導者が現れるまで耐え忍び

                  その人も同じような政策であれば

                  日米安保を破棄する方向性で外交を考え直すべきだ。

                   

                  少なくともこの破天荒な人が姿をみせなくなるまで

                   

                  また、朝鮮戦争 北朝鮮の核兵器の威力でアメリカ朝鮮戦争に敗北する会談を実施する。

                  しかしながら、北朝鮮は地上での核実験をしてない、

                  核兵器はその目的の為保有し隠すだろう。

                  ハワイ沖あたりで水爆実験をして北朝鮮の核の完成を見る。

                  世界も北朝鮮の核保有を認める。

                   

                  核保有を100年認めた後廃棄してもいいというかもしれない。

                  もっと別な形の殺りく兵器を現在作成中かもしれない。

                   

                  日本としては拉致された人の開放。

                  在日のかたがたの祖国帰国。

                   

                  これで在日かかる日本政府の費用も軽くなるだろう。

                  朝鮮統一も悪い事ばかりではない。

                   

                   




                  北朝鮮核兵器を隠す

                  0

                    朝鮮戦争の終戦の話し合いが本日板門店で行われる。

                     

                    北朝鮮と南朝鮮の元首がここでカッコみせる。

                     

                    北朝鮮は経済協力をアグレッシブに要請。

                    南は、核実験の凍結約束させる。

                     

                    北朝鮮の核兵器は廃棄できないだろう。

                    理由は

                    1.地下核実験で実験場が壊れたので、もう地下実験はする気がない。

                      しかしながら、核保有国に認定されるには地上での核実験が必要だ。

                      イスラエルも明確に地上での実験してないので、核保有国扱いになっていない。

                      そのため、誰も見てない核兵器がどのくらいあるか不明。

                      この不明なものをいくつ廃棄しなさいといっても

                      仮に廃棄するにしてもすべてを廃棄は不可能。

                      隠されたら誰もわからない。

                     

                    2.ハワイ沖とかに水爆実験を実施するため

                      核ミサイルは残しておかないと、保有国の証明ができない。

                     

                    3.核兵器はイランに売れる。

                      イランがいづれ手に入れるのは時間の問題だ。

                      売れるものを廃棄する必要はない。

                     

                    北朝鮮にとって、この核保有がキーワードだ。切り札だ。

                    説得に100年かかると思う。

                     

                    今日明日に

                    「はい、わかりました捨てます」

                     

                    と100%口では言っても

                    廃棄はしないはずだ。

                     

                     




                    自衛隊イラク派遣は戦闘行為が前提だったのか

                    0

                      毎日新聞によると

                      陸自イラク日報 「戦闘」記載 来週公表、複数箇所に 

                      毎日新聞2018年4月14日 東京朝刊 

                       防衛省が国会で「不存在」としていた自衛隊イラク派遣時の日報が見つかった問題で、 
                      日報に「戦闘」という表現が複数記載されていることが防衛省幹部への取材で明らかになった。 

                      同省は来週にも保管されていた1万4000ページ以上の日報のうち、他国軍から得た情報などを黒塗りにした上で、 
                      「戦闘」との表記がある部分を公開する可能性が高いという。 

                      自衛隊の活動地域を「非戦闘地域」としてきた政府答弁との整合性が改めて問われそうだ。 

                       イラク派遣を巡っては、他国軍の武力行使との一体化を禁じる憲法との整合性を図るため、自衛隊の活動地域は「非戦闘地域」に限定されていた。 

                      しかし、活動では派遣部隊の宿営地にロケット砲が撃ち込まれるなどしており、 
                      自衛隊の内部資料にイラク派遣が「純然たる軍事作戦であった」と記されていた。 
                      【前谷宏、秋山信一】 
                       
                      このような記事があった。
                      隠ぺいする前に、自衛隊を軍隊として憲法で認めるべきだ。
                      軍隊が軍隊でないとするから
                      隠ぺいすることになってしまう。
                      もう馬鹿な言葉の遊びは辞めて
                      リベラル、左翼の言うとうりでいいか、
                      非武装丸腰国家樹立の国民投票をすべきだ。
                      非武装丸腰ですべてお話合いで国際紛争は解決するとする国で
                      いいかどうか早く決めるべきだ。
                      自衛権の行使には自衛隊をつかわず
                      一般の地方公務員にさせるとか
                      市役所のスタッフにさせるとか
                      教師にさせるとか
                      警察消防地元消防団に頼むとか
                      自分はどちらでもいい。
                      日本国民の50%以上が非武装丸腰国家を望むのであれば心中するしかない。

                       


                      | 1/10PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      成婚率最高資料請求無料

                      幸せの無料資料請求

                      スポンサードリンク

                      スポンサードリンク

                      3

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM