日経225オプションとは何でしょうか

0

    日経225オプションとは、日経225を原資産としたオプション取引をいう。

    日経225とは、証券会社で言えば普通、日経225オプションを指します。

    日経225オプションは、自分で決めた期日に、日経225を特定価格で売買する権利を取引します。

    オプションとは、「あらかじめ定められた期日(SQ算出日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決まった価格(権利行使価格)で売る権利(プット・オプション)または買う権利(コール・オプション)のことである。また、これらの権利にはそれぞれ買い手と売り手が存在する。権利の買い手は、売り手に「オプション・プレミアム」と呼ばれる金額を支払う。オプション取引はデリバティブ取引だが、オプションのペイオフを有価証券化して小口化したのがカバードワラントである。

    日経225オプション取引では、オプション権利の行使がSQ算出日にのみ自動的に行われる、ヨーロピアンオプションを採っている。Wikipediaより

    日経225先物に似ています。大きく違うのは、決済する価格や売買対象です。

    日経225先物は、満期日に現在の日経225で取引し、実際に日経225を売買します。

    これに対して日経225オプションは、売り買いの権利を取引し、投資家の指定金額で売買を成立させます。

    日経225オプションも、少額から取引可能です。

    それと、相場が停滞していても利益を追求可能です。

    さらに、レバレッジ効果も高く、少ない資金で大きな利益を上げられます。

    しかしながら、レバレッジ効果が高いという事は、リスクも高いのです。

    損益が出た時、資金の何倍もの金額が必要になります。

    ここは、日経225先物と同じです。

    ただし、オプションの場合は、損失を限定しながら利益を追求できます。

    ある程度の損益が予測でき、日経225先物よりは資金面のリスクは少ないでしょう。

     

     




    シャープがシナの会社に売り飛ばされる

    0

      折角鴻海に身売りしたのに

      今度は世界2位のテレビメーカーのハイセンスに

      鴻海は売り飛ばすのか?

      利口な人はもうSにしがみついても空しいだけだ。

      しかしながら、本当に雇用は継続されるのだろうか?

      甚だ疑問だ。

       

      解雇・リストラのイラスト

      シャープは中国企業に売却されるのか?

       ここにきて、「ホンハイがシャープを売却するのではないか」との観測が駆け巡っている。会員制情報誌『選択』(2018年8月号)が「鴻海がシャープを売却する日」と報じたためだ。

       ホンハイはパソコン、スマートフォン、ゲーム機など、エレクトロニクス製品のEMSを行うメーカーであり、アップルを中心に世界に多数の顧客を持っている。顧客企業は独自ブランドで製品を販売しており、ホンハイが支えるシャープと市場でライバルとなるケースも少なくない。シャープを傘下に持つことが、長い目で見てマイナスになる恐れがあるということだ。

       過去5年以上、ホンハイの売上高の過半はアップルが占めた。

      「鴻海は過度なアップル依存からの脱却のため、中国メーカーへの接近を改めて志向しており、小米科技(シャオミー)などからのスマートフォン(スマホ)生産の受託も増やしている。スマホ自体の需要の飽和化もみえており、鴻海としては顧客メーカーを増やし、受託製品の幅を広げたいところだ。そのためには中国の有力企業と『お近づき』になる必要があり、シャープを嫁入り(売却)させるのがベストの見方がある」(前出『選択』より)

       同誌は、中国ハイセンス・グループ(海洋集団)を最有力の受け皿候補として挙げた。ハイセンスは韓国サムスン電子に次ぐ世界2位の液晶テレビメーカーだ。サムスン電子に追いつき追い越せを目標に、M&Aに乗り出した。

       ハイセンスは17年11月、東芝から赤字が続くテレビ事業を買収した。東芝子会社の東芝映像ソリューションの株式の95%を、約129億円で取得(売却完了は18年2月)。ハイセンスは東芝映像ソリューションを通し、「レグザ」ブランドのテレビ開発や販売・保守サービスを展開している。

       ハイセンスの「打倒サムスン」の切り札となるのは、自前の液晶や有機ELパネルの開発・生産だろう。シャープは、画質や低消費電力に優れた「IGZO(イグゾー)」や自由な形状で量産ができる特殊ディスプレーなど、技術を持つ。これが、ハイセンスがシャープ買収に動くのではないかとみられる理由だ。

       果たして、シャープが中国企業に転売される日は、やってくるのだろうか。

      https://biz-journal.jp/2018/08/post_24497_2.html   出典
       

      シャープ でいるより転職したほうが良いような気がしちゃうな。

      シナ人に使われ続けて生きるのは嫌だ。

       

      なんで日本の弱電はだめになたのだろうか?

       




      FXと株との違いはなんでしょうか

      0

        FXと株の取引きは、違いがあります。

        FXの特徴は、小資金で始めることができるんです。

        10万円で、ほとんどの主要通貨が取引可能です。

         

        株の特徴は、株で購入できる銘柄極端に少ないのです。

        また会社が倒産すると株の価値がなくなります。

        投資に成功した人のイラスト

        ところがFXの場合は、外貨の価値がゼロになることはありません。

        また株の取引きは、取引時間が限定されますが

        FXは24時間取引可能です。

        ということは、時間的に株の取り引きが出来ない人でも

        FXの取引ができるのです。

        また株の場合は、沢山の銘柄から投資対象を選定するのも非常に大変ですが

        FXの場合は、20種類ほどの通貨から投資したい通貨を絞って、動きを見ていけばいいので

        比較的株より楽かと思われます。

         

        またFXの最大の特徴として、スワップ金利というものがあります。

        これは、高金利通貨を購入、低金利通貨を売却した時に

        金利差調整分をスワップ金利という形で受け取れます。

        スワップは、ポジション(通貨を売らず保有している状態)

        を保有している限り、受け取れます。

        長くポジションを持ち続ければ

        それだけ多くスワップ金利を受け取れます。

         

        FXを勉強する情報商品も下記のようにあります。

        一度クリック、チェックしてみよう。

         

         




        仮想通貨の使用は売却益を記録する

        0

          仮想通貨の売ることは抵抗にあうのか?

          昨年仮想通貨が高騰して

          億万長者を大排出したとのこと

          実際はどうなのんだろうか?

           

           

          仮想通貨のイラスト(仮想)

           

          2017年のビットコインを始めとする仮想通貨が高騰した。

          1億円単位の資産をゲットした人が沢山増えた。

          しかしこれは、今の市況の評価額の1億円の資産で、日本円の確定した1億円ではない。

          今マーケット価格の時価評価は、実現益ではなく、評価益です。

          そんな評価益1億円を持っている人はかなり羽振りのいい生活を

          送っているように見えるが、実際はそうでもないようだ。

           

          資産は爆発的に増えている、また、価格変動は激しい。

          この資産が、十分の一とかになってもおかしくありません。

          いつ夢物語なるか、不安でいられません。

           

          だったら売却すればいいのではないか?

          もし売却すれば、利益が確定し雑収入として確定申告が必要なのです。

          1億円であれば、最大で45%の税率(住民税込みで55%)

          5,500万円課せら、4,500万円しか残りません。

          とはいえいくら元手か分かりませんが、4,500万円手にできるではないか。

           

          https://jpbitcoin.com/about/history_price:出典

           

          ところが、仮想通貨はこれからもっと上がる憶測が強く、

          今、利益を確定してしますと将来上昇する評価額があり、確定したくない

          という心理が発生して現金にしないようだ。

          2億円の評価益を目指し継続保有の人がほとんどのようだ。

          何分、確定しなければ実現益が投資元手より損することはないのだから。

          損をするのは、損する確定益にした時であって

          確定しなければ損はしない。

          仮想通貨の中には、普通の店舗で使えるところの通貨もあります。

          仮想通貨で購入するといろいろ面倒です。

          仮想通貨を使うたび、仮想通貨をいくらで買って、買った時の市場価格がいくらだったか

          すべて記録して計算しなくてはならず、非常に煩わしいのです。

          そのような、売却益の計算が必要で、20万円以上の買い物の場合

          確定申告の対象になります。

          こんな風に、仮想通貨で巨大な利益を得たにもかかわらず、

          評価益で記録しているに過ぎない人は、

          毎日毎日の相場変動に悩まされ続けなければならないのです。

          けして優雅な生活を送るどころか市場変動に翻弄される

          生活になってしまっているようです。

          ストレスだらけの生活みたいですね。

          1億円の資産と言っても、バーチャルの世界です。

          仮想通貨の高騰でハッピーになれるかどうかは

          今後の相場展開と気持ちの持ち方にかかっています。

          いまのところ、売るにも売れない仮想通貨のようです。


          | 1/1PAGES |

          calendar

          S M T W T F S
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << October 2018 >>

          成婚率最高資料請求無料

          幸せの無料資料請求

          スポンサードリンク

          スポンサードリンク

          3

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM