金正男さん事件の真相

0

    1年前マレーシアで北朝鮮の金正男さんが暗殺された事件。

    中国政府関係者は、当時北朝鮮のナンバー2であったチャンソンテク氏が訪中した際、とうじの国家主席

    に正男さんを朝鮮労働党委員長にしたいということを明らかにした。

     

    中国側からの密告により、金正恩委員長はナンバー2の処刑を執行した。

    中国がかくまていた金正男さんがやられてしまっては、

    困ったものだ。

     

    北朝鮮もこの件により、金正男さんの長男はまだ中国側にいて

    また彼を担ぎ上げて、朝鮮戦争の終結を狙っているのだろう。

     

    北朝鮮の刺客が、金正男さんの子息を狙ったが、最近中国で逮捕されたようだが。

     

    なんということか、中国が引き金とは。

     

     

     

     

     




    慰安婦問題はカッコだけでいいではないか

    0

      自民党の二階俊博代表長は2日のBS朝日で、慰安婦案件に関する合意をめぐり、

      菅義偉官房長官が「合意に関し1ミリも動かさない」と述べたことについて「1ミリも動かさないといったら、そんな交渉に国の将来を任せられるか」と腑に落ちないと呈した。


       二階氏は、韓国の文在寅大統領が日韓合意に否定的な見解を示していることについて

      「日本側とケンカ腰で話をしていこうということはおかしいと思う」と強調した。

      日韓関係については「仲良くする以外にない」とも述べた。
      今の中国みたい柔軟路線に転じ、譲らないものは譲らないとしても、

      かっこだけでも仲がいいことを示すべきと自分も思う。
      かっこだけでいい。


      顔は笑って、譲らない交渉でいいではないか。
      突っぱねなくともかっこだけ付き合てあげれば文さんも助かるはずだ。 




      華春瑩副報道局長とは無理しないで交流したいものだ。

      0

        河野太郎外相が1月27、28両日に訪中した際のインターネットでのニュース発信が注目されている。

        河野氏は「著名なな中国のウーマンと」とライティング、

        自分自身のツイッターに中国外務省の華春瑩(ホワチュンイン)・副報道局長とのツーショットを掲載。

        外国メディアが「ツイッター外交」として取り上げている。
         華氏は、中国外務省の記者会見で知られる。安倍晋三首相が2016年末に米ハワイの真珠湾を訪問した際、

        華氏は「何度も抜け目のないパフォーマンスをするよりも、一回の誠実で奥深い反省の方が意義がある」と批判するなど、

        厳格な物言いを繰り返している。

         単なる、河野氏が投稿したフォトは2人並んでスマイル。

        河野氏から声をかけて撮影したという。王毅(ワンイー)外相との昼食会の献立表も投稿した。

        これを、シンガポール紙「ストレーツ・タイムズ」は「日本の河野太郎外相、『ツイッター外交』で成功」との見出しで紹介。

        「沢山のインターネット利用者は、フォトを中日友好の兆しとして称賛した」などと報じた。
         一方、投稿へのコメントには「尖閣諸島の話をした途端、(中国政府幹部の)顔つきは豹変(ひょうへん)する。

        日本も一層危機感を持たないと」といった懸念のため息も寄せられている。

         

        自分も華春瑩(ホワチュンイン)・副報道局長は好きだ。

        気兼ねなく彼女と日本はお付き合できればいいね。

         

        きな臭い話なしで。

         

         




        日中外相会議、尖閣潜水艦事件でまたなめられてしまうのか

        0

          河野太郎外相は28日、釣魚台迎賓館で中国の王毅外相と会談した。

          河野氏は、中国海軍潜水艦が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を潜没航行したことにダイレクトに抗議する。

          また、北朝鮮課題で圧力を最大にまで高めるよう中国の協力を求める。

          両外相は日本での日中韓サミット早めの開催や首脳間の相互訪問実現に向け協力することも確認する見通しだ。


           河野氏は、28日午後には李克強首相、中国外交担当トップの楊潔✖(よう・けつち)国務委員と会談する。
           外相会談の冒頭、王氏は河野氏の訪中を歓迎する一方、「中日関係は少なからぬ妨害にも直面している。

          水の流れをさかのぼって船が進むように進まなければ、後退してしまうことが常だ」と指摘した。


           河野氏は「今年は首脳の往来を皮切りに、全面的な関係改善を進めていく中で、信頼関係を強化していきたい」と強調した。

          また「北朝鮮課題は、いまや国際社会全体にとって喫緊の課題になった」と述べた。


           河野、王両氏の会談は昨年8月のフィリピン、9月の米国に続き3回目で、日本の外相の訪中は1年9カ月ぶり。
           河野氏は中国潜水艦の潜没航行について「緊張を一方的に高める行為」として懸念を表明し、

          東シナ海での偶発的衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」の早期運用開始も求める。

           

          中国当局が情報公開がないまま拘束している地質調査会社の従業員ら邦人8人の即時釈放も求めることにしている。
           北朝鮮問題では、国連安全保障理事会の制裁逃れのため公海上で積み荷を移し替える行為に関与していたパナマ船籍が

          中国と関係があることを念頭に、安保理決議の完全な履行を要請しているもようだ。
           一方、両外相は日中関係の「全面的な改善」に向け協力することで一致。

           

          会社企業駐在員の年金保険料二重払いを解消する「社会保障協定」の締結で大筋合意する見通しだ。

           

          日本企業の中国進出を促すため知的財産権や金融分野での環境整備についても意見交換する。
           中国側は現代版シルクロード経済活動圏構想「一帯一路」に関し、日本の協力を要請。

          両外相は第三国での仕事で日中協力の在り方について協議する。

           

           河野氏は気候変動、感染症対策、テロ対策、軍縮・不拡散などの地球サイズテーマで、

          日中両国が協力を強化することを提案することにしている

           

          もともと以前述べた、


          日中戦争はすでに始まってしまっている。


          で述べたように、日本を責める根性は消えていない。
          アメリカも経済大国の座を中国に超えられるのは、目前だ。
          世界を中国がアメリカに代わり経済の牽引役にならぬよう、オバマは
          TPPを押し出してきたのではないか?
          トランプは自国の利益ばかり追うと中国に抜かれるのではないか。
          早くトランプは気づくべきだ。
           




          従来の日本のODAのやり方を変更、河野外相

          0

            河野氏は「中近東やアフリカでは、中国が建てたビル、国会議事堂、中国がつくった橋、道路。

            どこへ行っても建設現場には中国語の看板がかかっている」と指摘。

            政府の途上国援助(ODA)基準を定める経済協力開発機構(OECD)に中国が加盟していない

            ことから「中国は国際ルールにしばられない」

             

            朝日新聞

             

            河野外相は、このように危機感をあらわにしている。

            中国はザクロ戦略で遅れた国をザクロの実にしようとしている。

            外皮を中国が取り囲むザクロだ。

            中国共産党の配下に入ってしまっては、かつての

            かつてのチベットのように残虐な侵略行為で中国領になってしまう。

            そのような被害を守るべく日本は立ち上がらなければならない。

             

            中国に対抗するためODAも従来のやり方を変更し

            中国をけん制すべきだ。

             

             

             




            米中が手を握る可能性が出てきた

            0
              櫻井よしこ氏、中国“ザクロ”戦略や米国の“裏切り”への警戒呼びかけ 「日本主導で国際社会枠組みづくりを」 松山で講演
              産経新聞
              「憲法改正は今年しかない」と必要性を訴える櫻井よしこ氏=松山市
              大国の駆け引きに翻弄されないために 「憲法改正、今年しかやれない」
               櫻井氏は国際情勢について、「米国の前大統領、オバマ氏は『米国はもう世界の警察ではない』と紛争地への関与をやめ、現大統領のトランプ氏は米国第一主義を掲げている。言動がまるで違って見える2人だが、言っていることは同じ。
              2代続けて世界の秩序を作ってきた役割を降りた」とする分析を披露。

              こうした米国の姿勢の転換で、中国が南シナ海で軍事拠点を作り、ロシアはウクライナからクリミア半島を奪ったと述べた。
               昨年10月の共産党大会で習近平国家主席が3時間20分に及ぶ演説で示した内容の一部を紹介した。
              中国は2035年までに経済大国1位に、
              2050年ごろには軍事的に米国を追い越して世界ナンバー1になると言っている。
              ザクロを例に挙げ、中国が大きな堅い皮、他民族はつぶつぶの実のようになるのがよいと言っている。
              これは、中華の器の中に他の諸民族が詰められるということだ」と習氏の描く世界戦略に警戒するよう説いた。

               また、「中国は愛国主義教育を宣言した。対外的に悪者を作って国民の不満を外に向けるための教育で、悪者は日本。愛国教育とは別の言葉では反日教育だ。中国の対日基本路線は反日だということを、私たちは気づいていなければならない」と指摘した。
               櫻井氏は中国の「一帯一路」は
              中国主導の経済活動だとしたうえで、「貧しい国に目を付けて資金投資する。インフラ技術を持っていくが、工事が終わればその国にはとても返せない借金が残る。結果、施設は中国に取られることになる」と、スリランカのハンバントタ港などを例に挙げて批判した。

               さらに、朝鮮半島情勢について北朝鮮の核兵器とミサイルの開発について述べたうえで、
              「北朝鮮は平昌(ピョンチャン)五輪を前にこのところ、韓国と仲良くしてつかの間の平和を演出しているように見える。
              五輪で掲げるのは南北朝鮮統一の旗となる可能性さえある。
              これでは、北が五輪を韓国とともに主催することになる」と見解を述べた。

               「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は譲れるところまで譲るだろう」との見通しを示し、
              「トランプ大統領は北のミサイルが自国に届かないのなら、中国が朝鮮半島に影響力を持ってもよいと考えるかもしれない」
              と懸念を表明。
              「米国が本当に日本を守ってくれるのか、朝鮮半島をめぐって中国と手を握ったらどうなるのか。
              日本にとっては怖いことだ」と、大国間の交渉で日本が翻弄される危険も指摘した。

               一方、昨年妥結した日本と欧州連合(EU)間の日欧経済連携協定(EPA)
              といった最近の日本の積極的な国際社会の枠組み作りに目を向け高く評価。
              「これは日本が主導した。他の分野でも、もっと自信をもって働きかけるべきだ。
              中国より日本の方が人類は幸せになると主張すべきだ」と述べた。
              確かに、中国はアメリカを取り込もうとしている、
              アメリカと中国が手を握ることは十分に考えられる。
              反日の中国が以前述べた
              日本は
              ヨーロッパ、ロシア、アメリカ、オーストラリア、インド等繋がりを深めなくてはならないのでしょう。



              ロシアの憂鬱

              0

                [モスクワ 15日 ロイター] - 日本が導入を決定した陸上配備型の弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について、

                ロシアのラブロフ外相は15日、攻撃にも使うことができると指摘し警戒感を示した。

                外相は記者会見で、米国はイージス・アショアの運用に関与しないとの主張は疑わしいと述べ、

                同システムの配備は日ロ関係に影を落とすとの認識を示した。

                ずっとラブロフは言ってるね。

                択捉と国後には対艦ミサイルは配備済みだ。

                まあ北方領土のロシア側の防衛システムだ。

                日本も北朝鮮の脅威に対して配備もおかしくはない。

                ただ、日米安全保障条約で米軍がどのようにイージスアショワの位置づけをするか

                気になる。

                運用には関与しないだろう。

                ロシア攻撃には使用しないと条約を結べば済む話だ。

                 




                日本に慰安婦で心から謝罪させる前に韓国が謝ることはないのか

                0

                  韓国と慰安婦絡みの問題も「韓国軍が数千人ベトナム女性を強姦し、

                  慰安婦にしていた…米国メディア『日本より先に謝罪すべきだ』」(今年1月20日付、

                   

                  http://www.sankei.com/west/news/170120/wst1701200001-n1.html )と

                  「慰安婦、虐殺、強姦…自軍の犯罪を隠す『韓国』 国定『被害者マゾ』歴史教科書、ベトナム激怒」(今年4月6日付、

                   

                  http://www.sankei.com/west/news/170406/wst1704060007-n1.html )でご紹介したのですが、この中でご説明した、ベトナム戦争(1960年代後半から70年代初め)時、米の同盟軍としてこの戦争に参戦した韓国軍が犯した極悪非道の行為に最近、とうとう欧米からも非難の声が上がり始めている。

                  産経新聞1月10日

                   

                  この時、ベトナムでレイプしたベトナム女性と韓国兵の子が5000人から3万人いるという。

                  日本の場合、慰安婦を性奴隷にして虐待した事実が乏しいのとは違って、

                  はっきり被害がわかるベトナムに韓国が謝罪しないのはおかしい。

                   

                  自分のことばかり、わめいているのはおかしい。

                   




                  日本人は韓国人のために未来永劫優遇しないといけないのだ。

                  0

                    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で開いた新年の記者会見で、韓国政府が旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意の破棄や再交渉を求めない方針を発表したことに関する質問を受け、「日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし、それを教訓に国際社会と努力することが慰安婦問題の解決だと思う」と述べた。
                     

                     

                    以前村山首相が謝罪したではないか

                    また在日韓国人に対しても優遇している。

                    また教科書も無償にすると言っている。

                    いつまでもいつまでもいつまでも

                    謝れ謝れと若いものに身に覚えにない事を

                    くどくどとうざい。

                     

                    朝鮮学校にも教科書無償の前にやることがあるのではないか

                     

                    でも述べたが、在日の優遇もあり

                    慰安婦にも誤りの限度がないほど

                    謝られ謝れと当事者でもない人が心から謝れるのだろうか?

                    その慰安婦の方を虐待したという存命の人がいたら

                    その方が謝らないと心から謝ることはできない。

                     

                    自分は在日の優遇を韓国にも

                    持ってこい、と言っているようしかみえない。

                     

                     

                     

                     




                    慰安婦問題は在日特権の延長か

                    0
                       河野氏は「日韓合意は政権が代わっても責任を持って実施されなければならないというのが国際的かつ普遍的な原則だ」と指摘。
                      東京とソウルでそれぞれ外交ルートを通じて抗議する考えを明らかにした。
                       日韓合意に基づき日本政府が拠出した10億円を韓国政府が負担するとしていることについては、「韓国側の説明をまず聞きたい」と述べるにとどめた。
                      (時事通信)
                      この件はこのような甘えがあると思う。
                      現在の在日韓国人特権の延長上の考え方が韓国にはあるのではないか?

                      日本人はあまいから、在日韓国人を優遇するのは当たり前だという
                      風潮が根本にあるのではないか?
                      早急に是正すべきだ。

                      | 1/25PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      スポンサー1リンク

                      >

                      スポンサードリンク

                      スポンサー2リンク

                      スポンサー3

                      >

                      スポンサー

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM