日本のGDPが2030年に2倍になるとは本当なのか

0

    日本のGDPが2030年2倍にするためには。

    人口が減ればいいものなのか?

     

    2015年から考察すると

     

    電脳空間のイラスト(背景素材)

     

    内閣府の統計による、

    人口の予測を使うと

     

    http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html 引用

     

    2015年のGDP 531,985.70 十億円

     

    雑に計算。実際は決った計算式があるようです。

     

    名目GDP÷その国の人口=一人当たりのGDP

     

    531,985.70/126,597/1000

    4,202,198.31円

     

    名目GDPが変化しないで人口の分を計算すると

    531,985.7/116,610/1000

    4,562,093.3円

    8.5%増

     

    2015年から起算しても2030年に今のままのGDPで推移すると

    人口が減っても

    8.5%

    しか増えない。

    一人当たりのGDPを2倍に上げるには、人口減では不可能だ。

    ちゃんと稼がないとだめなんだ。

     

    2030年に2015年よりも2倍の一人当たりのGDP

    になる為にはGDPが5320兆円から

    9800兆円にならないと

    2倍にならない。

     

    トヨタがやっているように車にIOTを導入。

    インターネットをクルマに装着する。

     

    製造したものを、売りっぱなしでなく、売ったものからデータを入手し

    それをAIで様々な分野に役立てる。

     

    社会がこのネットワークに繋がり生産技術とかに行きつく。

     

    例えば部品設計をする、この部品の完成した情報、設計と製造会社がネットワークでつながり完成納品までいってしまう

    取引が今後出てくる。

     

    わざわざ製造会社がお客様の設計まで打ち合わせに行かなくていい。

    スマホとですべてが完結する時代がきて、部品の納品の検収条件までデータで作り込む。

    部品代までAIで計算できる。

    IOTが進み稼ぐ仕組みができれば

    この2倍が達成されるのだろう。

     

    人口減では、労働力不足にもなるが

    上記の計算で2倍の一人当たりのGDPは不可能だ。

     

     

     


    | 1/1PAGES |

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM