税金の種類とはどのようなものでしょう

0

    毎年4、5月は税金を払う時期です。かなりこの時期は家計を圧迫します。

    そんななか、税金は払え、税金払えと沢山納付の帳票が送られてきます。

    それでは、この税金ってどのくらい種類があるのでしょうか?

    税金どろぼうのイラスト

     

     

    税金を知ることで、自分がどの税金を払う必要があるか知ることになり、かなり役に立ちます。

    税金は、大きく4つの種類があります。

    1.国税

      国に納める税金

    2.地方税

      県や市町村を対象にして納める税金

    3.市税

      市民税や固定資産税など

    4.消費税(国税)

      

    大きく分けるとこんな感じです。

    国税をもっと分けると20種類もの税金の種類があります。

    一番身近なものは、消費税です。

    それ以外に所得税、相続税、贈与税などが国税です。

    つぎに、県税の種類には、自動車税、県民税、ゴルフ場利用税といった種類がある。

    全部で15種類あるんだそうだ。

     

    次に

    市税ですが、市民税、固定資産税、軽自動車税などがある。

    市民税とはその場に住んでいる人が所得の金額に

    応じて納税の義務が科せられます。

    県民税と一緒に住民税という呼び方をしている場合もあります。

    このように税金はいろいろあります。

    毎年課税されるもの、一時的に課税されるものなどいろいろあるんです。




    葬式が変わってきている、葬儀もなく焼かれてしまうのみ

    0

      葬式が変遷している。

      昔はお通夜、本葬とセレモニーが多かった。

       

      お葬式の心配をしている人のイラスト

       

      現在は、火葬場も少なくなり、平均寿命も男女とも80歳を超えている。

      定年退職後に亡くなれば当然付き合う人も少なくなってくる。

      そのような事で、葬式の参列者も減ってくる。

      家族葬が増えている所以だ。

       

      葬儀は小規模化し、セレモニー省略も

      それではこの20年間で、葬儀はどのように変容しているのだろうか。まず、参列者が減少している点が挙げられる。ある葬祭業者の調査では、この業者で執り行った葬儀の参列者は、1996年には平均で180人いたが、2005年には100人を切り、13年には46人となった。わずか17年間で4分の1にまで激減している。

      公正取引委員会が05年に全国の葬祭業者に調査したところ、5年前と比較して「参列者が減少した」という回答は67.8%だったが、16年の調査では86.8%に達した。

      この一番の原因は、死亡年齢の高齢化にある。これまでのお葬式は、遺族、参列者双方にとって、見えや世間体を重視してきた傾向があったが、遺族である子どもが60歳を超えて定年退職していれば仕事関係での参列者が少なくなり、小規模な式が増えるのは当然だ。中にはセレモニーを行わず、家族数人で一晩を過ごし火葬にするケースもある。前述の公正取引委員会の16年調査では、こうした「直葬(ちょくそう)」が増加しているという業者の回答が26.2%あった。実際に業者が取り扱った葬儀件数のうち、「直葬」は全国で5.5%にとどまるものの、東京ではすでに3割近いという見解もあり、この割合は地域によって大きく異なる。https://www.nippon.com/ja/currents/d00389/引用

       

      死んでいくものにとって

      それは辛いものか?

       

      辛いものではないだろう、それは死んでしまっているから。

      よく言われることがある、「死人の大食い」

       

      死んでからお金が発生する。義理でお金を包まなければならない。

      仕来りに生きる人はそうするだろう。

       

       

      しかしながら、現代の人は「そんなの関係ない」

      死んだ人にお金をかけることは嫌う。

       

      お坊さんに対しても「戒名料」

      30万とか50万

       

      今の感覚では3万か5万円だ。

      お布施払いたくないらしい。

       

      死人に戒名50万も払うのなら

      生きている人に50万使ったほうが確かに現実的だ。

       

      そのように思っている日本人が沢山いるのでしょう。

      都市部では30%がそのような直葬をしているという、今後増える見込み。

      それが地方にも波及するのは時間の問題だ。

       

      死んだら、早く焼いてしまおう

       

      という風潮が今後広がっていくのだろうな

       

      寂しい限りだ。

       

      そうは言ってもやはり葬儀をする人もいるんです。火葬でお終いと考えないあなた 葬儀出来るんです。↓

       




      貯蓄無しで生活し続けることができるか

      0

        貯金に関する調査を見てみると、
        貯金なし世帯がある。
        貯金なくても生きて行けるのか?
        それを紹介します。

         

        貯金に失敗した人のイラスト(女性)

         


        貯金ゼロの世帯が30%存在します。
        金融広報中央委員会調査によると、
        「家計の金融行動に関する世論調査・二人以上世帯調査(2017年)」にて、

        金融資産なし 31.2%

        金融資産あり 68.8% 金融資産額平均は1,729万円 中央値 1,000万円

        貯金がない=生活できない
        訳ではない。


        この金融資産とはどうのようなものを言ってるのでしょうか?
        定期預金、普通預金をいい、
        土地、建物、貴金属等の実物資産、現金、預金
        の日常的に出し入れ、引き落しに準備しているものは除きます。

        ようするに、生活に必要なお金は貯金を使ってない状態を維持できている。

        流動資産(現金、預金)に関し、収入=支出という世帯が30%存在するという事です。
        なんか「宵越しの金は持たない」みたいな感じがしちゃうな。
        宵越しの金が生きるための最低限の金だと厳しい話ですね。

        このケース、働き始めの新入社員みたいな事例ですね。
        最初給料もらいたての時は、全く貯金する余裕もなくお金が回っていましたね。
        又は大きな買い物をして一時的に貯金がない状態の時かもしれません。


        なんで金融資産を持ちたいのか?
        1.老後の生活資金

        2.病気や災害の備え 

        3.子供の教育資金

        4.旅行娯楽資金

        1と2が大きな貯蓄目的です。

        公的年金はありますが、老後の収入減、不測の事態で収入が途絶えるようなリスクに備えるため貯蓄が気になります。
        それがないと、生活困窮は待ったなしです。

        ところが、会社員であれば傷病で働けなくなると、健康保険の傷病手当という公的保証があります。
        給料の66%の金額が支給されます。
        不足する34%の工面がなければ、家計が破錠します。

        生涯現役は、不測の事態、病気とか怪我とかなく、生活が収入だけで一生涯に渡り継続できる人を言うのでしょうが、
        なかなかそんな人っていないと思われます。

        生命保険会社のデータによれば
        ゆとりある老後生活費の平均は34.9万円です。
        この金額は年金で賄えるものではありません。
        厚生労働省のモデル世帯の年金は月22万です。
        ゆとり老後生活には13万円が不足してます。
        一生働き、90才、100才になっても毎月、年金以外に13万円の収入をgetし続けることは不可能だ。

        労働収入でなく、家賃収入、配当金収入とかの不労収入があれば現実的であります。
        あるいは不動産売却し一時的に売却金でしのげるかもしれません。

        そのような時でも現金化には時間がかかります。
        直ぐに売って現金が手元に来ません。
        やはり手元には現金を置いておく必要があり、貯金はある程度必要と判断します。
        貯金なしで問題なく生活できる人はいないと思われます。




        発達障害の理解が足りないのではないか

        0

          発達障害とは、生まれつきの脳障害です。

          薬では治らない、発症原因もそのメカニズムでさえ未だ分かってないのです。

           

          他人を怒らせて困っている人のイラスト(男性)

          発達障害の特徴

           

          一見して普通の人間と区別がつかない。

          障害が見えないのです。

          説明を受けても、障害とわからないものです。

          外見からすると、「ほんの少し変わっているな」くらいしか感じません。

          発達障害は、そのように誤解を招きやすい障害なのです。

          見るだけでは、分からないので

          どうしても、なにも知らない人には誤解しか生まないのです。

           

          発達障害の子は、純粋で正直なのです。

          その正直が故に、誤解を招き相手を怒らせてしまう。

          この子たちに悪意はありません。

          ただ曖昧な表現ができない、曖昧な表現でその場を取り繕う能力に欠けます。

          曖昧なことをお茶で濁すのが苦手なのです。

          正直に生きていくのは、社会生活において非常に難しい事です。

           

          発達障害の子供たちには、「嘘も方便」が通じないのです。

          発達障害の子達には、白か黒しかありません。

          発達障害は「100人いれば100通りの症例がある」と言えあれるくらい多様化しています。

           

          知的障害を伴うもの、知的障害がないもの。

          精神遅延を伴うもの、精神遅延のないのもの。

          の発達障害があり、判断がつかないグレーな部分があるのも

          発達障害の特徴です。

           

          発達障害の書籍など↓

           

          発達障害の改善と予防 家庭ですべきこと、してはいけないこと [ 沢口俊之 ]

           

           

           

          発達障害の子どもたち (講談社現代新書) [ 杉山登志郎 ]

           




          年金はできるだけ早くもらわないと、なくなっちゃうのか

          0

            将来年金をもらうが、65才で貰わないほうが良いという。

            何でなの

            厚生年金手帳のイラスト(オレンジ)

             

             

            65歳からもらえる老齢基礎年金を繰り下げ受給したい理由

            老齢基礎年金は、原則、65歳からもらえるようになります。でも、もらえるようになっても、もらわない方がいいと筆者は考えています。その理由は3つあります。

            理由1 60代・70代は若くて元気!まだまだ働ける!

            今の60代・70代は若くて元気です。だから、働く体力・能力・気力は十分にあるので、働かないともったいない! 少子化で若年層の労働人口が減っているので、その不足を補うためにシニアパワーを社会が求めています。そして、社会保険料や税金などの義務的負担も行う社会の支え手になることも。その傾向は、これからも当分の間は変わらないでしょう。ですから、65歳間近の人やそのあとに続く50代・40代の人も、65歳でリタイヤして年金生活に突入する(できる)なんて考えないで。大病をしたなどで働きたくても働けない人は、その限りではありません。

             

            65歳を過ぎても働き続けて収入が得られれば、年金をもらわなくても生活できますよね? 年金は70歳まで繰り下げられるので、そこまで繰り下げを。そして、70歳になったら、年金をもらいながら働き続けましょう。

             

            理由2 現役時代に匹敵する長い年月、

            年金を給付し続けるのは大変なことを肝に銘じよう!

            人生100年時代になり、65歳から年金をもらい始めると、30年〜40年と年金をもらう期間が長くなります。これは、現役時代に匹敵する長さです。そんな長期にわたって、現役世代からの仕送り(保険料)で年金を給付し続ける年金制度は成立しないと思いませんか? 現役世代の人数が多ければ成立するのでしょうけれど、残念ながら、少子化の日本では現役世代はどんどん減っていき、現状でも、基礎年金に税金を投入している状況です。

             

            こんな状況を考えると、せめて、年金開始を遅らせて年金をもらう期間を短くするくらいのことは実行したいものです。

            理由3 年金を繰り下げると増える!

            「もらえるものはもらう」、「早くもらわないと死んでしまうかもしれないから」と、年金がもらえるようになると、すぐにもらい始める人がほとんどのようです。でも、前段で説明した理由やその他の理由でもいいのですが、もらわない選択もアリだと思います。

             

            もらい損ねを心配している人は、そう簡単には死なないので心配には及びませんよ。仮に、もらう前に死んでしまったり、もらい始めた直後に死んでしまったら、「自分の年金は長生きする人にくれてやる!」くらいの気持ちでいればいいのです。

            現状では、70歳まで年金を繰り下げられます。筆者は、65歳になっても年金はもらわず、70歳まで繰り下げます。年金の繰り下げを申し出ると、その日の年齢に応じて月単位で年金額が増えます。増倍率は、月あたり0.7%です。70歳まで繰り下げると、65歳からもらい始める年金額の1.42倍になります。

            ちなみに、年金額を増やすために、65歳からもらわない方がいいといっているのではありません。1と2の理由が主で、年金が増えるのは、オマケみたいなものです。https://www.msn.com/ja-jp/money/news/年金は65歳からもらわない方がいい理由3つ/ar-BBMAH4w?ocid=spartandhp#page=2出典

             

            70才から貰ったほうが1,5倍も多く年金を貰えるという。

             

            健康に自信があれば

            いいのだろうが

            いくら男の平均寿命が80まで延びたと言え

            個人差もあるだろう

             

            70才になったら癌で死んでしまった。

            では

            洒落にならない

             

            死んでしまうと年金はない。

            早く貰ったほうが良いはずだ。

             

            年金自体なくなるかもしれないし

            貰える時できるだけ早く貰うべきだ。

             

             




            世界遺産登録の名目で猫を殺す

            0

              奄美大島の猫が殺処分されているようだ。

              沖縄と奄美大島で国が猫殺処分を急いでいるようです。

              理由は、世界自然遺産登録の為。

               

              奄美大島とその周辺の島が候補地です。

              そこには、アマミノクロウサギやヤンバルクイナと言った希少種が生息している。

              環境省は、

              「人間に捨てられた猫が希少種を捕食すると世界遺産にならない」

              という理由を元に猫の殺処分に奔走し始めている。

              環境省が実施した2000年から2013年の調査からも

              クロウサギの死因のうち、犬や猫にやられた割合は数パーセントだ。

              野猫とアマミノクロウサギは1000年以上、島で共存してきた実績がある。

              「猫を殺せばクロウサギが増える」という根拠は

              獣医師からもおかしいと言われている。

               

              近くの徳之島では猫の不妊手術でアマミノクロウサギを増やした成功例があります。

               

              世界遺産登録という名目で猫を殺すのを止めるべきと思います。

               

              http://nike24kanon.hatenablog.com/entry/2018/08/19/080000 出典




              慰安婦以外にも日本人で人権問題にあった女性は沢山いたんですね

              0

                日本は1945年8月14日にポツダム宣言無条件降伏を連合国に送信した。

                この日白旗を上げたのだ。

                 

                にもかかわらず

                8月9日から領土目当てで攻めてきたソ連軍。

                もうちょい早ければ北海道占領可能だとスターリンは地団駄を踏んだという。

                 

                ◆終戦 性暴力 語り始めた女性たち 
                2018年8月15日 13時00分 NHK 

                終戦直後、旧満州や朝鮮半島から祖国を目指し、引き揚げてきた女性たち。その中には、性的暴行を受けて妊娠したまま日本にたどり着き、当時違法だった中絶手術をひそかに受けた人も数多くいました。 

                ソ連兵や現地の男性は、祖国に引き揚げようとする日本人女性に対し、性的暴行を繰り返しました。 

                九州大学のほかに、今のソウルにあった京城大学から引き揚げた医師たちも、人道的な観点から女性を助けたいと福岡県筑紫野市にあった施設で、中絶手術を行っていました。 
                ある医師の調査では、手術を受けた女性は、合わせて少なくとも800人に上ると推定されています。当時のカルテなどはほとんど残されず、わずかな手がかりは医師たちの証言。 

                https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0815.html  出典
                (全文はこちらで)

                 

                 

                 

                 

                その時、人権問題が起きた。

                国連は朝鮮ばかり人権問題を攻め続けるが

                露助の悪行もなんとかならないのか。

                自主的にやったことですますなら。

                朝鮮もそう国連はみなすべきだろう。

                 

                人権問題は一方的ではないぞ。

                 

                 




                墓じまいをする人が増えている様だ

                0

                  少子高齢化で、墓を守る人がいなくなる。

                  そういったケースでお墓の遺骨を

                  お寺に永代供養してもらうものに改装する人が増えているという。

                  お墓・墓石のイラスト(日本)

                  厚生労働省の調査によれば、「改葬」つまり「墓じまい」する件数は2016年には97000件と統計開始の1996年以来過去最高となりました。これに伴い、墓の遺骨をお寺の永代供養の納骨堂などに納める人が急増。カードをかざすだけでお墓が出てくる近代的なものも出ています。

                   一方で、寺の檀家から抜ける際に支払うこともある「離檀料」をめぐり、トラブルも相次いでいるといいます。

                   「これはもうピンキリなんですけど、聞いた金額で一番高額なのが700万円くらい。明らかにぼったくり」(神戸マリン綜合法律事務所 西口竜司弁護士)

                   遺骨を永代供養の寺に移すのに必要なのが、改葬許可証の発行です。もともとの寺から証明の印をもらって自治体に提出しなければなりませんが、その際に寺が高額の離檀料を請求するケースもあるというのです。

                   「経営的な側面もあるかとは思いますが、それよりも檀家を失うということは、寺院の中で地位が下がりますよね。檀家離れを防ぐための抑止策、もっと言えば住職のプライドもじゃないか」(西口竜司弁護士)
                  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00023951-mbsnews-soci 出典

                   

                  お寺からすれば、この改葬許可証の寺の証明印が必要で

                  寺からは高額な離檀料を、を高額にして

                  檀家離れを防ごうとしてるようだ。

                  時の流れ、流れは変わらないだろう。

                  人口が増やす対策は国も真剣にやってない。

                  女性に子供作れとか言ったら

                  セクハラで訴えられてしまう昨今。

                   

                  墓守もいなくなるのは当然だ。

                  これからは、海に散骨とかお墓を作らない

                  葬式が増えてきそうだ。

                   

                  何しろお墓参りに来る子孫がいないのだから。

                   

                   

                   

                   




                  よしきちゃん、見つかったぞ。

                  0

                    発見された時本日6時半ごろ

                    「ぼくここだよと」

                    ボランティアの捜索者に叫んだという。

                     

                    その時の経緯が見えてきた。

                    山口県周防(すおう)大島町で12日から行方不明になっていた藤本理稀(よしき)ちゃん(2)=同県防府市=が15日午前6時半ごろ、同町家房の曽祖父宅付近から数百メートル北東の山中で発見、保護された。県警によると、理稀ちゃんは脱水症状がみられるが、目立った外傷はみられず、受け答えもできているという。

                     県警によると、ボランティアで捜索に加わっていた大分県の70代の男性が、理稀ちゃんの名前を連呼しながら山中を分け入っていくと「ぼく、ここー」と返事があった。理稀ちゃんは沢の近くでしゃがんでいたといい、男性があめ玉をあげると、かみ砕くように食べたという。

                    https://www.msn.com/ja-jp/news/national  出典

                     

                    自分も山口に行ったことはあるが、

                    行ったところが山深いところだったので

                    見つかるかなーと思っていたが。

                     

                    助かって良かった。

                     

                    山で迷っていたという事なのだろう。

                    事件性があるのかどうか分からないが

                    とにかく、助かって良かった。

                     

                    このお盆

                    このような事件が多くなる。

                     

                    ご先祖様に引っ張られて歩いて

                    行ってしまうのだろうか。

                     




                    確定拠出年金の手続きにクレームが入った

                    0

                      7月末、確定拠出年金の書類の手続きをしたが

                      記入について、未記入があるということで

                      また書類が送り返されてきた。

                       

                      以前送ったものですが

                      http://i4702.com/?eid=2180

                       

                       

                       

                      そうか確定拠出年金の加入期間が1か月以上2年未満の人は、

                      65才になるまで給付の手続きができない。

                      泥棒みたいだ。

                       

                      運用するファンドに累計で100%になるまで記入しろと。

                       

                      運用したらリスクで0円に目減りするような気がしてならない。

                      手数料もしっかり引かれるし

                       

                      20万円足らずの年金だが、失くなってしまうような気がしてならない。

                       

                      401kなんか導入しないで欲しかった。

                       

                      こんな退職金がでない年金いやだ。

                       


                      | 1/14PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      成婚率最高資料請求無料

                      幸せの無料資料請求

                      スポンサードリンク

                      スポンサードリンク

                      3

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM