死ぬまで働けってが、ちくしょう

0

    日本の社会はこれから女性でも高齢者でも働くことが生存の手段になる。

    これから生活の格差がはじまる。この働けるか働けないかで老後の生活が見えてくる。

    高齢者が健康でなくても働き続けることができるかできないかで経済力が変わってくる。

    これからは、投資で資産を作るより働いて生活費資産を稼ぐ生き方が主流となってくる。

    もう40年働いて退職金を食いつぶして生きていく時代ではない。

    いくつまで生きるかわからない。

    生きている間は、資産をきりくずすしかないのだ。

    60歳定年で、定年退職後に働けといわれても、対応できない。

    必死に歯を食いしばって定年まで頑張って働いてきて、「もっと働いてくれる」

    と定年のとたん言われても、人は対応できない人もいる。

     

    この定年制を廃止すべきだ。

     

    超低金利で貯金も意味がない。

    高齢者にハイリスクハイリターンの案件を提案しても、シニアが飛びつくほどのものはない。

    健康保険もすげー高い国民健康保険加入でなく、

    10万円くらいの仕事を見つけて、ここの健康保険組合に加入して健康保険代を会社に負担してもらったほうが

    国民健康保険より安い。また働けば1年で120万円になる。

    1000万円の元手で120万稼ぐには、利回り12%が必要だが、そんなに稼げるスキル能力は普通の老人

    にはない。

    働かず金融資産を回すだけで食っていけない。

    逆に働き続けたほうが確実に稼げる。


     これからの投資といえば、今年の1月に始まった「つみたてNISA」少額投資非課税制度とか、

    積み立ててで運用であれば「ETF上場投資信託」世界株に投資などある。

     

    元手がない人とかは、死ぬまで働き続けるしかないのだろうね。

    生きるのが「つらい」

    歯を食いしばって生きるしかないのかな?

     

    嫌なご時世になってきた。

     

     




    コンビニ代金収納の詐欺被害が多くなっている

    0

      大阪府警は「被害がいっそ高額になる」と警戒を強めている。2016年の被害は府内で4件約150万円だったが、

      昨年は44件約3310万円と急増。

      収納代行型の詐欺が増えている原因について、府警は「電子ギフト券を何枚も買えば、

      コンビニエンスストアの店員に『詐欺ではないか』と怪しまれるため」と分析。後日、アマゾンを通じ、インターネット上で5000円分の買い物ができる「モード」になった。

      府警は昨年11月、この詐欺組織が本拠とする大阪市中央区のマンション一室を捜索し、

      電話で話を聞き出して指示する「かけ子」とみられる福西将被告(33)ら男4人を詐欺容疑で逮捕した。

      最初に、チャージ式のアマゾンギフト券をネットで5000円分注文。

      「『代金が未納』といったEメールが届いたら最初に詐欺を疑って望む」と注意を呼びかけている。

      同じ方法で本を購入してみたが、やっぱりグッズ名は記載されていなかった。

      「『料金が未納』Eメール届いたら、最初に詐欺を疑え」

      指定された代金をコンビニエンスストアで支払う収納代行を悪用した架空請求詐欺が大阪府内で急増している。

      昨年11月に被害に遭った新潟県の男性も警察から連絡が来るまでだまされたことに気付かなかったという。

      支払い方法で「コンビニエンスストア払い」を選ぶと、「お支払い番号(お客様番号)」という11桁の数字がEメールで届いた。コンビニエンスストアにある端末に数字を入力し、出てきたレシート状の申請券をレジスターに持って行き、キャッシュで支払った。

      電子マネーが入金(チャージ)された後、アカウントごと転売してもうけたという。

      今年は今月20日時でとっくに6件約300万円に上り、電子マネー型の1件約2万円を上回っている。

      これまではプリペイドカード式電子マネー(電子ギフト券)を購入させるやり口が多かったが、

      今年に入って収納代行型が上回るようになった。通販サイトでグッズを注文した際に「コンビニエンスストア払い」を指定すると、支払い番号が通知される。

      アマゾンギフト券5000円分を購入し、コンビニエンスストア収納代行で支払った。

      男性は未納代金を払ったつもりだったが、実際はチャージ式のアマゾンギフト券を購入させられていた。

      コンビニエンスストアで渡された領収書にグッズ名はなく、何に対して料金を払ったのか分からない。

      コンビニエンスストアで販売する電子ギフト券の大部分は5万円が上限だが、収納代行は30万円まで可能。

      レシートを見ただけでは購入グッズを特定できない場合が大部分、被害に気付きにくいとみられる。

      領収書にグッズ名はなく……府警はやり口の巧妙化を指摘記者は今月、コンビニエンスストア収納代行の

      メカニズムを理解するため、「アマゾン」で電子マネーを購入してみた。

      番号をコンビニエンスストアにある端末に入力するか、レジスターで店員に伝えると、

      番号に対応したグッズの料金を支払う流れだ。領収書を見ても…「コンビニエンスストア収納代行」の仕組はこうだ。

      捜査関係者によると、犯人サイドは電話の際に氏名などの個人情報を聞き出し、

      アマゾンのウェブサイトで利用できるアカウントを好き勝手に作成。男性が連絡先に電話すると、

      男に「番号を言うのでコンビニエンスストアのレジスターで決済してください」と指示され、19万8720円を支払った。

      昨年11月、新潟県の50代男性に「有料ウェブサイトの未納料金が発生している」と

      インターネット通信販売最大手の「アマゾン」からEメールが届いた。

      府警特殊詐欺対策室は「領収書は被害者当人の氏名で発行されており、

      疑いを持ちにくい情態だったのではないか」とやり口の巧妙化を指摘している。
       

      自分もコンビニ収納しか代金決済に使ってないが

      また「ゆうちょ銀行払い」にしようと思った。

       

      ゆうちょは、日曜日でも振り込める。

      実際は他行の営業日になってしまうが

      支払いは自分としては完了し動くことはない。

       

      コンビニ支払いが規制されると面倒臭くなる。

      しかしながら、政府はキャッシュレスの元凶は

      コンビニ支払いであり

      ゆくゆくは、無くなるのであろう。

       

       

       




      ビットコインは儲かるのか?

      0

        ビットコインは、ブロックチェーンというイノベーションによって、存在を解決した。
        暗号化によらず、特殊な計算によって過去の取引内容を検証することで貨幣の二重使用を不可能にした。
        その計算を行なうマイナー(採掘者)のみが新規の貨幣を発行できるようにして通貨の膨張を防いだ

        (したがって原理的にはデフォルトも通貨危機もない)。
        すべての取引がセンターサーバーを介さない分散型のP2P(Person- to-Person)で行なわれ、

        中央の管理者を完全に排除した。

        ビットコインの中核には十数人の開発者グループがおり、中国には大手のマイナーが集まっているが、

        仮に彼らがすべていなくなっても通貨市場は存続できるのだ。
        ブロックチェーンがテクノロジーの歴史を画するブレイクスルーである。
        © 文春オンライン イノベーションが通貨の課題を解決した ©iStock.com

         

        ビットコインの弱点。
        ひとつは相場が乱高下することで、現状では商品取引などの決済手段として使えない
        もうひとつはビットコインを現金と交換し、管理する「取引所」の存在だ。
        ビットコイン市場は仮想空間にあって国家が介入できなくても、

        取引所はそれぞれの国に所在するリアルな会社だ。
        国家が取引記録を押収したり、事業を停止させることができる。
        中国では仮想通貨が金融市場の攪乱(かくらん)要因と見なされた。
         © 文春オンライン 911以降、国家がテロ組織の資金源を取り締まる動きが強まった ©田中茂/文藝春秋


        2001年の同時多発テロで、テロ組織がイーゴールドを利用して資金のやりとりをしていたことが判明した。

        電子両替商は反社会的存在と批判され事業をつづけられなくなってしまった。

        こうして、一時はかなりの取引量のあったこの野心的な電子貨幣は、

        最後はマルチ商法などの詐欺の道具となって消えていった。


        もちろんこれは、ビットコインも同じ運命を辿るということではないが可能性はある。
        国家が自分たちで管理できる代替電子貨幣を発行し、邪魔なビットコインの取引所を権力によって

        強制閉鎖させる未来は、ありえないことはない。




        千円札だけが紙幣となる時が来る

        0

          現金を持ち歩かなくてもいい時代が日本にも着そうだ。

          自分はコンビニ払いを手数料が発生しても使っているが

          本来は、電子マネーで取引したい気持ちがある。

          しかしながら、現金で支払いにこだわる自分がいる。

          参考になる記事があったので元日早々

          アップしたいと思います。

           

          マクロ経済学の大家で米ハーバード大学のケネス・ロゴフ教授が、1万円札と5000円札を廃止し、レスキャッシュ社会を実現することを提案した。
           元イングランド銀行金融政策委員のウィレム・ブイター氏も、ロゴフ氏に賛同し、高額紙幣を廃止し、強制的に銀行に預金させることで日銀による集中管理デジタル通貨に移すべきと。
          2014年に1万シンガポールドル(約83万円)紙幣の発行が停止した。2016年11月にインドが1000ルピー(約1700円)紙幣と500ルピー紙幣を廃止した。米国やカナダ、オーストラリアも、高額紙幣の廃止を検討中だ。
           高額紙幣を廃止する目的は、資産隠しによる徴税逃れやマネーロンダリングの防止が大きいい。最高額紙幣の額面が小さくなれば隠し方が面倒だ。インドでは一定の成果がでているという。

           経済評論家の加谷珪一氏は、高額紙幣廃止には景気を刺激すると。
          マイナス金利政策で、日本タンス預金は50兆円あるようだ。1万円札と5000円札が廃止されれば、資産を現金で保有する人は確実に減る。そうなれば、タンス預金の一部は市中に流れ、景気浮揚に繋がる可能性がある。また、高額紙幣と入れ替わる形で電子マネーが普及すれば、小銭の受け渡しが面倒だった少額商品の消費も喚起されるのではないでしょうか。

          500ユーロ札や100米ドル札は、偽札のチェックがあるが、日常生活ではほとんど使われない。それで廃止しても反対する人は少ない。しかし、日本の1万円を突然なくすと反発がある。現金主義の日本は『結婚式のご祝儀はどうするんだ』といった話は必至だ。
          日本の国税は海外の税務当局と比べ有能だ。脱税やマネーロンダリング目的に日本円の現金が大量に利用されているとは思えない。
          ロゴフ氏は経済学者で、高額紙幣廃止の実証実験を日本でしたいのでしょう。すぐに廃止されることはないが、将来的に1万円札が廃止される可能性はありと予測するのは東短リサーチの加藤出チーフエコノミストだ。

          日本ではGDPの約2割に当たる90兆〜100兆円の現金が流通しているが、これは世界的に見ても突出している。現金の管理や防犯にかかるコストを考えると、電子マネーのほうが優れており、日本でもゆっくりと現金比率は低下していくと予想される。現在一万円札は日常使われている、これに代わり電子マネーが浸透し、廃止しても問題ないときは必ずくるのでしょう。



          自治会から脱会でなく加入でもめる

          0

            兵庫県に住んでいた元公務員男性(68)が2009年、母親の世話の為家族を残して故郷に帰った。

            行先は大分県北部集落で、そこで農業を始めた。

            そのうち、母が2011年で亡くなった。

            2013年3月国から農家にでる補助金配布方法で自治会ともめた。自治会は4月、男性が住民票がないとし自治会から追い出した。

            市報の配布と行事の連絡を中止し、ごみ収集所の使用、行事参加は認めたという。

            男性は2014年に住民票を移し加入を申請したが拒否されたという。

            男性は異議申し立てをし、それを受けた大分県弁護士会は、地域に住所を持つ個人の自治会加入を正当な理由なしに拒むことを禁じている、地方自治法違反という事で2017年11月1日付で是正勧告をした。

             

            今時、自治会長になりたくないと、自治会加入を拒む例が多いなか、このような事件が起きるとは金銭がらみか。

            自分にも絡むことだ。しかもこの大分県北部集落の当時の自治会長が刑事訴追されている。

             

            自治会長などなりたくない人がいるのは当然か?

            自治会長は仕事が休日とか平日関係なくあり、物理的に忙しい。

            このような役職は名誉職であり、誰でもできる仕事ではない。

            パソコンで書類を作るとか、ITの知識実務も必要だ。

            場所によっては会長まで順番でやらしている自治会もある。

            人間の能力は同じではない。

            出来る人が自治会長とかするべきであり、順番などとんでもない。

            また物理的に忙しい部分は、会長職を分担して会長の補佐役を決めていくことが重要だ。

             

            この大分のケースは、ちょっと違うか、68才だから公務員定年退職して田舎に帰って就農しても

            地元の同じ年の連中のなかに14戸くらいの集落だから、そりの合わない人間も多々いるだろう。

            そんな中に裁判沙汰起こしてまで、自分だったら入る気しないな。

             

            喧嘩売りに帰ったようなものではないか?

             

            穏便に済ませてもらいたいものだ。

             

             




            カルロスゴーンの責任

            0

              日産の検査不正問題。

               

              コスト削減の為、外人にやられるんなら仕方ないかと日産外注は、仕事を切られていったじゃないか。

              自分は電気業界の出だが、一時期派遣の仕事確認で日産の工場の現場に入ったことがある。

              日産の一次外注で、その部品の加工検査に近い派遣仕事だったと記憶してるが

              威張ってんだな一次外注って、日産の元社員でも雇っているような感じだった。

              こんな大手の工場に一次外注が入り込んでいいのかなと、ふと思った。

               

              もともとこ検査不正は日産上三川工場から栃木工場か、日産グロリア

              スカイラインの会社だ。

              これから38年前からやっていた事らしい。

               

              そのうち経営不振、身売り、フランス国に拾われる。ルノーからカルロスゴーンというブラジル人が来た。

              カルロスゴーンが掲げた、日産サバイバルプランで利益追求の不徹底が問題とされ、利益追求を最優先するようにさせた。

              最小の人員で生産性を上げる自動化を進める。そのためには浮いた人員は完成検査よりほかの業務に人を当てた。

              取締役役員を1999年改革で37人から10人にした。生産、品質管理部門は取締役より下っ端の執行役員が担当した。

              カルロスゴーンは品質より利益財務を優先させた。

              カルロスゴーンがこの事態を招いた。

              高額な報酬を自分で受け取り、この責任は皆無のように

              カルロスゴーンは表に出て来ない。

              卑怯ではないか。

               

              業績を上げたことに関しては

              外人だから誰でもできた事なのに

              勘違いしているカルロスゴーンではないか。

               




              介護付有料老人ホーム ニチイホーム鷺ノ宮殺人事件

              0

                介護付有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で、入所者男性(83)を殺害したとし、11月14日、ホーム元職員皆川容疑者(25)

                を殺人の疑いで逮捕した。

                 

                本人も認めているという。

                 

                真面目な勤務をしていた、社員だったようだ。

                 

                自分は、介護の職に就く方は、誰でもつける職業ではないと身内の就業してる人から聞いた。

                 

                訪問看護でも利用者から希望される人とそうでない人がでてくる。

                希望されていない人は、介護に向かない。

                 

                確かに、何回も何回もうんちされたら、

                 

                だれでもいやだろう。

                 

                ここで、「しかたないねー」と気持ちを固めるか

                 

                「汚ねーな、こいつ」か「仕方ないなーおじいちゃん」で心が抑えられるか。

                ここの差で介護に向くかどうか判断される。

                 

                介護の資格を取ったから介護の仕事ができる訳ではない。

                 

                介護という職業に就いた以上、汚く嫌な事であるが

                何べんでも排便の処理をするしかないんだ

                 

                とはいえ、ニチイの介護職員の給料は安いと聞いている。

                介護にあわせた給与体系も問題なのではないだろうか

                 

                介護につく人の給料が安すぎるのも問題でもあるような気がする。

                 

                だれにでもできる仕事ではない

                 

                介護の仕事。

                将来介護される側に立った時、何されるか非常に心配になってきた。

                 

                怖いな。この先日本はどうなるのか心配だ。

                 

                 

                 

                 

                 

                 




                日本の闇SNS大量殺戮

                0

                  スカウトマンがなんで連続殺人を犯すのだろう。

                  キャバクラとかにスカウトしてスカウトした女性を店に派遣させる仕事か。

                  その子の稼ぎから紹介料をピンハネできるようだ。

                   

                  その人材派遣会社が法律違反で摘発。1年くらいの話とは思うが。

                  そのまま逮捕、有罪で執行猶予中だった模様。

                   

                  自宅では、「死にたい、生きていてもしかたない。」

                  と荒れてきた27才息子。

                   

                  お父さんは、家から追い出し、一人暮らしを座間でさせた。

                  そして、SNSで大量殺戮。

                   

                  お父さん、一人暮らしにさせてはまずかったのではないのか

                   

                  そこのところは、清水アキラではないが、「家族ですから。」

                   

                  大量殺戮をする物凄いエネルギーをなんで別の方向に持ってい行けなかったのか

                  残念です。

                   

                  これも「日本の闇」なのだろう。

                   

                   

                   

                   




                  タイヤの不可解なパンク

                  0

                    11月2日の朝は右側後ろのタイヤはパンクしてなかった。

                    11月2日の夜9時ごろ帰宅し駐車場に入れる。

                    11月3日はクルマを使用せず。

                    11月4日朝、右側後ろのタイヤがパンクしてた。

                     

                    いつパンクしたのか?

                    11月2日の午後にパンクの原因が発生と考えられる。

                     

                    どの部分のパンク。

                    内側のショルダー部、ピンホールからの空気漏れ。

                    ショルダー部とはタイヤ側面のワイヤが入ってないところ。

                    タイヤを担ぐと肩にあたる部分だ。

                    この写真は新品のタイヤに履き替えたものだが

                    1万円弱かかった。

                     

                    原因

                    内側ショルダーは走行中に破損は考えづらい。

                    停車中、ピンポイントで画鋲を内側ショルダー部に刺された。

                    というのが妥当な見解と修理依頼先業者の回答。

                     

                    修理方法

                    ショルダー部の穴は修理不能。

                    ワイヤが入ってないので補修ゴム材が突っ込めない。

                    無理やりもできるようだが、タイヤ交換と同じくらい費用がかさむ。

                     

                    処置

                    タイヤ交換で対応。

                     

                    警察の通報はどうするか

                    11月2日勤務先の駐車場で何者かが画鋲、または画鋲ほどの径のピンを刺されたことを

                    警察の通報でいいのか?

                    もうタイヤも交換しているし、

                    会社の駐車場利用者に注意喚起だけしておく。

                     

                    もう一度発生したら警察に通報しよう。

                     

                    気持ち悪い、悔しい。

                     

                     

                     

                     




                    NHKの横暴受信契約の自由は合憲

                    0

                      テレビを購入したにもかからわずNHKと契約をせず受信料を支払わない男性をNHKが訴えた上告審、最高裁大法廷は

                      11月1日、判決期日を12月6日に指定した。

                      放送法の受信契約義務についての憲法判断だ。

                      もしこれが合憲というのであれば、

                      自分はテレビを捨てます。

                      テレビも捨ててもNHKは受信料をとることを考えるだろう。

                      その前にNHK職員の高額な給料を安くして

                      受信料を半額にするなど、NHKがやるべきことがあるのではないか。

                      国民から金をふんだくることばかり、考えてないで

                      自らも襟を正せ。

                       

                      日本国憲法が保障する「契約の自由」がなくなれば

                      日本は闇の国だ。

                      国外に自由を求めるしかないのか?

                      残念な結果にならないように祈る。

                       

                      南無

                       


                      | 1/9PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      スポンサー1リンク

                      >

                      スポンサードリンク

                      スポンサー2リンク

                      スポンサー3

                      >

                      スポンサー

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM