家庭が機能しない事態が何故発生するのか

0

    家庭の機能がなくなるとは、ギャンブル依存症やアルコール依存症、暴力DV、夫婦の不仲によって家庭が崩壊することをいう。

    皆が、絶対にそうならないとは言い切れない。
    今の時代はありうるの事です。
    昔は家族のみんなで個々を敬う家庭環境があったが
    今はそうじゃないんだ。

     

    子どもは親の背中を見て育ちます。崩壊した家庭は子供がまた同じことを繰り返してしまいます。

    又は、他人と親しくなろうとしても、その術を家族に聞くような環境がなくてはならない。

    例えばギャンブルにのめりこんだ親が不安定な精神状態であると、暴言、暴行がまかり通ってしまいます。

    家庭が機能しないということにならないよう、機能するように意図して努力する必要がある。

    時には、うつ病などの疾病になりやすい可能性もあります。

     

    言い換えれば、自分に自信がなく、物事に積極的に取り組めない。

    家族が生きる今の時代は、環境がドラスティックに変動しています。

    もし、親がアルコール依存症だったら、自分もアルコール依存症になりやすい、

    また親から暴行を受けて育った子どもは、結婚したら妻にそうした傾向を持つ相手を選びやすい傾向が知られています。
    このような家庭が機能しないなど自分には関係ないと思う人ばかりだと思いますがそうではないのです。

    家庭が機能しない事態を精神医学的から詳しく述べます。

    現代のストレスの多い環境のなか、心の健康をキープすることは多くの方にとって最重要課題になってきている。

    親の悪行を連鎖してしまう危険性はしっかり認識したい。

    この後遺症も家庭が機能しないという深刻な問題ですが、もう一つ重大な事項として、
    家庭が機能しない家族は次の世代に連鎖しやすいという特徴があります。

     

    こども時代において、家庭が精神的にも快適な環境でなかったなら、それはその人に後々、さまざまな悪影響を及ぼす。

    人生の逆境の時、家族の暖かい笑顔や励ましは困難に立ち向かう大きな支えになるのです。

    どの家も自分の家と同じで、家庭と自分の家しか知らないので、家はそんなものだという認識になる。
    家庭で起こっていることは、自分のせいかもしれないと認識に混乱が生じる。
    面倒な事を考えたくないとかの無気力、無感情が発生する。
    家庭で発生した怒りや憤りの感情で、家の外で問題を起こしてしまう
    自分が頑張らなければという観念が強迫化して「家庭が機能しない」
    連鎖傾向が子ども時代の「家庭が機能しない」だった時、
    成人して家を出たあとも、その後遺症を持って、
    出ていってしまうのではないでしょうか。

     

    自分は、親の暴行を沢山受けた「家庭が機能しない」という認識は

    自分にはあっても、兄弟にはなかった。

    後遺症をもって確かに新しい家族を持ったが

    子供に対する接し方は

    今考えると

    全く

    父親の振る舞い(暴力はなかったが)に近いものであった。

    と反省する。

    心の後遺症を残さないように

    子供を育てるべきだろう。

     

     




    プロボノとは違う駅の清掃ボランティア

    0

      本日も駅の清掃ボランティアを有志で実施した。

      昨日の通り雨のせいもあって、

      参加下さったボランティアの方は合計4名でした。

      清掃時間も30分くらいで完了しました。

      今はつつじの花の落ちたのが地面にくっつき

      掃除しずらい面はあります。

       

      早朝の清掃ボランティア終了時の空:05:20

       

       

      この清掃ボランティアは資格も経験も知識も必要ではないのですが、

      2010年ころから専門知識、経験があって社会貢献したいというプロボノという活動も出てきました。

       

      このプロボノとはなんなのでしょう。

       

      プロボノとボランティアの違い

      プロボノもボランティアも、無報酬で他人のために働くという意味では同じです。

      相違点は、プロボノは自分が作ってきたスキルを元にする活動に対して、ボランティアは違います。

      プロボノは自分の専門分野を活かした活動で、自分の市場価値を確認できるメリットがある。

       

      プロボノをする人が増加中

      2009年頃から日本でプロボノが注目され始め、2010年はプロボノがスタートした。自分のスキルを活かして、

      社会貢献するプロボノに参加する人が増加している。

      様々な分野でワーカーが増えています。またその活動の場所を探しているようだ。

       

      プロボノ活動を導入企業も増加中

      企業活動とひとつとして、プロボノ活動を社員に推薦している企業も増えている。

      寄付、寄贈、ボランティアのような社会貢献活動の新しい活動として、プロボノが選択されている。

      「認定NPO法人サービスグラント」によると、

      日本IBMやNEC、日本マイクロソフト、パナソニックなどがプロボノ活動をしている企業という。

      マッチングサイトからもこのプロボノの募集を見つけられるようです。

      ボランティア活動にプロボノが追加され、

      ますます生産性の高い質のいい

      ボランティアが広がって行くものと思われます。

       




      日本少子化のいくえは、日本への移住者増加ということになる

      0

        最近朝の通勤で、よく軽自動車に煽られている。

        最初は新入社員が朝急いでいるんかなと思っていた。

        中国人研修生の方は、自転車で移動を良くみかける。

         

        しかし本日、この軽自動車の運転手を始めてみた。

        ターバンを巻いてる、イスラム系の青年だ。

         

        ホンダの軽で通勤しているようだ。

         

        自分の会社もよく中東系の若者が訪れる。

        そんな感じな、車両の輸出がらみのイラン人ポイ感じだ。

        イランの方は親日的だ、

        うちに来るモスリムはみんなナイスガイだ。

        明るく、しっかり意見を言う。

        自分は好感をもって彼らを見ている。

         

        そう、

        いつの間にか、昼間一生懸命働いている人種は

        外人が多いのに気づく。

        国際移住データベースは、世界約200の出身国・地域別に1年間のOECD加盟35カ国への外国人移住者を集計している。日本への移住者は「有効なビザを保有し、90日以上在留予定の外国人」を計上しているという。

        求められる共生政策の充実

         15年のトップ10は(1)ドイツ(約201万6千人)(2)米国(約105万1千人)(3)英国(47万9千人)(4)日本(約39万1千人)(5)韓国(約37万3千人)(6)スペイン(約29万1千人)(7)カナダ(約27万2千人)(8)フランス(約25万3千人)(9)イタリア(約25万人)(10)オーストラリア(約22万4千人)−となっている。

        日本は10、11年の7位から12〜14年に5位、15年は4位と徐々に上昇。外国人流入者は5年間で約12万人増えた。15年の日本への移住者のうち、国・地域別で1万人を超えたのは、多い順に中国▽ベトナム▽フィリピン▽韓国▽米国▽タイ▽インドネシア▽ネパール▽台湾−だった。

        政府はこれまで、建前上は労働移民の存在を認めてこなかった。現実には途上国からの留学生を含めた外国人労働者が欠かせない存在となっており、生活者として受け入れて支援する共生政策の充実が求められている。

        =2018/05/30付 西日本新聞朝刊=引用

        日本はもう2015年に外国人移住者がイギリスに次ぎ4位になってしまった。

        今は2018年は、もっとおおいだろう。

         

        もう少子化の対策ができない日本は知らず知らずに

        日本人の中に外国人が侵入し、共生しないと社会が成り立たなっているんですね。

        小学校も外人、ハーフが増えているという。

        仕方ない、異性との付き合い方も分からない若者が増えているという。

         

        困ったことだ。

        自分のサイドバーに広告貼っていますが、このような結婚サイトで成婚していただきたいものだ。

         

         

        追伸

        日本にはアフィリエイターになりたい人はもういないようだ。

        下記のアフィリエイト教材(99,000円)が無料で手に入るのに

        もったいない

        コンテンツマスター塾ZERO2

         

         

         




        引きこもりの在宅勤務

        0

          8050問題とは、「80代の親、50代の子」を意味します。

          引きこもりも長期化すると親も高齢となってきます。

          親の生存次第で子の生活も決まってきます。

          引きこもりの大人が親の年金で食いつなぐのも限界があります。

           

          親が死んで年金がstopしてから問題が表面化してくる。

           

          引きこもりの子は、仕事ができず、死を待つ状態になる。

           

          このような事になる前に対策を講じなければならない。

          提案は、パソコンが既にあり

          internetに繋がている環境の方が対象ととなりますが

          是非検討してください。

           

           

          1.在宅勤務で収入を得る仕事をする

           

           

          https://www.progra-master.com/hk/

           

          引きこもりで家を出られない方用

          在宅でweb作成の技術を勉強し1年以内勉強して

          その技術で就職し、収入を得て延命する。

          120万円必要(仕事をするコース)

          資格を取るコース数万円で可能

          と2つのコースがある。

           

          社会問題化しているこの問題の解決の一助になりうると自分は信じます。

           

           

          2.アフィリエイト塾に入り収入を得る

           

           

          http://vancool.biz/l/c/EyaymqHu/UdjvYkyH

           

          アフィリエイトを勉強し収入を得る。

          月数千円強かかる。

          時間がかかる勉強ですが、時間が沢山あるメリットを

          使い、半年後とかに効果が表れてくるはずです。

           

           

          どちらも在宅で可能な作業です。

          1.は先日NHKで放映していました。

          引きこもりの人だけで会社です。

          社長は引きこもりに理解が十分ある人です。

           

          まず、将来かならず親は死にます

          親が死んだら

          引きこもりの子供も道ずれでは困るのです。

           

          是非引きこもりで、悩んでいるあなたであれば

           

          差し指この案件をcheckしてください。

          これは無料教材でダウンロードするメールアドレスを入力しないと

          入手できません。

           

           

          一人で生きていけるインフラを作っておきましょう。

           




          JR駅構内清掃の求人を見る

          0

            今朝も4時15分に起きて、JRの駅に清掃のボランティアにいった。 

             

            本日は、隣の駅で清掃ボランティアをしている方が参加した。

             

            理由は、駅が綺麗になって清掃するところが少ないため来たのだそうだ。

             

            ここも、以前述べたように駅は、15年前に始めた頃に比べると

            比べ物にならないほどきれいだ。

             

            そこで、駅の清掃の求人があるのか見てみた。

             

            清掃会社の求人

            お仕事内容

            ・JR駅構内等清掃
            ・JR駅構内(改札内、待合室、トイレ、ホームなど)の清掃

            給与

            [パ]時給880円

            ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
            ★ 勤務継続半年で時給を30円UP   ★
            ☆更に1年,3年,6年,10年でも時給UP ☆
            ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

            ※他手当有

             

            ◆支払い方法:月1回

             

            ◆交通費:一部支給

            交通費規定支給
            公共交通機関を利用される際は交通費全額支給します。

             

            これは岐阜県のものだが

            パートの仕事で駅の清掃があるんだ。

             

            時給880円で専門に清掃しているのなら

            それは綺麗になりますね。

            しかし、自分たちは単に清掃で徹底的に綺麗に清掃するのが目的ではない。

             

            人々の健康平和を祈願しながらするボランティア集団だ。

            ゴミチリが少なくなったとはいえ、

            ゴミが皆無にはならない。

             

            なんでならないのか

             

            清掃を続け

             

            その理由が「気づく」まで

             

            修業したいんだ。

             

             

             




            移民が日本に入ってくる

            0

              少子高齢化の日本。

              先日、身内の中学校の先生をしている叔母に生徒の状況を聞いた。

              教育の現場は適応力が早いような気が自分はした。

               

              最近学校はハーフが多いという。

              混血児だ。ヨーロッパ系、アジア系との混血児が多いのだそうだ。

               

              つい最近まで日本人得意の「いじめ」。

              これからは、日本人は結婚しないから子供が減り続けるだろう。

               

              いままでの学校でのいじめも同胞、日本人同士でやっていたのではますます

              日本人が減っていくだろう。

               

              この日本人の減った部分を外国からの移民が補うようになるんだ。

               

              日本人同士でいじめ合って自殺者を増やしている場合ではない。

              仲良くなって結婚して子供を作るような動きをしないと、

              特に人口10億の中国人の土地に日本はなってしまう。

              日本の人口は1億2千万人からあと数十年で1億人を切るだろう。

              高校も、中国人留学生を受け入れないと成り立たない学校になってきた。

              入学式には中国国歌が流れ、そのまま日本の大学に入るのだろう。

              なにしろ中国のエリート以外が大学に行くには日本の大学のほうが入りやすいのだ。

               

              これから先、このような中国人が日本を統治するかもしれない。

              日本人同士いじめ合ってる暇はない

              そんなことしていると本当に、日本という国は中国人の国になってしまう。

              土地も中国資本が日本の土地買い占め、

              売るほうも少子化、後継ぎがいない、売れるなら中国人でも売ってしまうしかない。

              お墓だって墓守がいない。この少子化が根源だ。

               

              しかたないことではすまない。

              これからは中国に忖度して生きる日本人という事になりる。

               

               

               




              平尾容疑者は海を泳いで渡った。

              0

                自分も瀬戸内海を泳いだことはあります。

                なんか流された記憶がある。

                平尾容疑者も水道を泳いだ時1時間もかかったという。死ぬかと思ったようだ。

                流れもなく泳ぐには良好なはずが

                やっぱり、半端じゃなかったようだ。

                 

                海峡越えした後盗んだバイクと鉄道を乗り継ぎ

                120kmも、検問にもあわず逃げおおせた。

                 

                本当に盗みで逃げ続けた平尾容疑者。

                これだけ捕まらないと、へんな応援したくなる気になってしまう。

                いけないことだが。

                本当に「ルパン3世」に似ているし

                一躍この事態が長引くとスターになってしまうのではないかと心配した。

                 

                先日逮捕された本橋容疑者とは違って顔は変えてないし

                捕まるのが早かったのだろう。

                 

                 

                 




                確定拠出年金の脱会一時金の申請をする

                0

                  知人から聞いた話です。

                   

                  彼は、以前勤務していた中小企業で、8年前に会社が確定拠出年金を導入した。

                  60才前に退職すると天引きされていた年金がすぐに引き落とせなくなるものだった。

                  要するに退職金を払わない年金だ。

                  TKN保険会社が説明会を開いて社員全員をこの年金に加入させた。

                  リスクの説明もあった。

                  自分が積み立てた金を運用して稼ぐか、積み立てた金をキープするかコースを決めないといけなかった。

                  自分は積み立てた金額をキープするコースを選んだ。別に年金で稼ぎたくない。

                   

                  退職時の条件によるが、60前で年金積立年数が短い人は

                  退職金がこの年金となり、直ぐには引き下ろせないというものだったようだ。

                   

                  実際この人は58才で2年確定拠出年金を積み立て、退職した。

                  積み立てた2年分の年金は64才になるまで支払われないという

                  つまり6年も経たないと自分の金が下せないそうだ。

                  そして、彼は6年頑張って生き、この年金を手に入れようと

                  64才の誕生日に確定拠出年金特定運営管理機関日本インベスター

                  のコールセンターに問い合わせしたようだ。

                   

                  ここの機関は確定拠出年金導入企業を60歳未満で退職した人の脱会一時金の給付業務をしているところだ。

                   

                  その方の登録が企業なので、企業から個人に戻す手続きをして、その後給付の申請となり

                  8か月かかりますと言われたそうだ。

                   

                  金取るときは自動的に天引きしておいて、返す時は8か月も待たせる。

                  ふざけた仕組みだという。

                   

                  またオペレーターの女の子は、時間かかるからこの年金諦めてしまえ見たいな空気が電話越しであったという。

                  金額的に20万円くらいだったからだろう。はした金か、しかし本人してみれば、嫌な上司にぐだぐだ言われ

                  使えない部下に苦しめられ毎月天引きされた金みたいです。

                   

                  しかし人の金をすぐ返せない負い目は微塵も見られなかったようだ。

                   

                  いやな日本だなと思った。

                  6年もまってまた待てという。

                   

                  2018年5月に入っても申請用紙は送られてこない

                  そうだよな人の金だよ

                   

                  確定拠出なんてなにがいいのか?

                   

                   

                   

                   




                  子供のおやじ化が怖い

                  0

                    こどものおっさん化が今問題になっているという。

                    子供の体力は、ソフトボール投げでいうと

                    1964年で33.4m

                    今は28.4mだ。

                     

                    今の5歳児は25年前の3才だそうだ。

                     

                    またスマホの使用、ゲーム三昧で老眼になっていると。

                     

                    目のピント合わせが45才の人と10歳の子がおなじだ。

                     

                    ランドセルも教材が大きくなるにつれ、大型化し30%も重くなってきた。

                    これで子供が腰を痛める。

                    また「いじめ」「進学のプレッシャー」でストレスを産み

                    円形脱毛症が目立つ。

                     

                    体力低下、老眼、薄毛

                    が今の子供の体に出ている。

                     

                    そう、

                    子供が「おっさん」になってるんだ。

                     

                    スマホの見る距離とか、ランドセルで重いものを下げず、手提げかばんも有効という。

                    そんな対策を子供の状況を観察して対処してみたいものだ。

                     

                     

                     

                     




                    8050問題は孤立死して初めて行政が動く、それでは遅い

                    0

                      8050問題に対する対策は、具体的に何をするなどと言うことはまるで白紙です。

                      8050問題とは、引きこもりが長期化してお子さんが50代、親御さんが80代になった状態を指している。

                       

                      8050問題に対する政府や厚生労働省の認識と対応実は対策は後手後手になる。

                      障害があり、働きたくても働けないのであれば支援することは可能、健常者で働く意思がない方を支援できない。

                      内閣府は平成30年度になってやっと予算2000万円を計上し、40歳から59歳を対象にした実態調査に乗り出すことを決定。

                      50代の引きこもりの方が病気になったり、あるいは年金暮らしの親御さんが認知症などを患ったら、

                      子供が親の介護を放棄したり、暴力をふるったらどうなってしまうのだろう。

                      (写真は記事とは関係ありません)

                       

                      多くの方々が困窮して餓死するなどしてからしか動き出す。

                      ニートと呼ばれていた若者の親御さんは現役で仕事をしていたために経済的には何とかやっていけていた、

                      引きこもりの本人も年を重ね親御さんたちも高齢化し、収入が途絶え年金暮らしとなる中、

                      病気や介護をしないといけない状態となり一家が孤立・困窮する。

                      お子さんは精神疾患を患っているケースが多く、生活力や介護力はほとんどないことがこ事態をさらに悪化させている。

                      お子さんに就労支援をする手助けぐらいしかできない。

                      対応も難しい、問題が発覚したときは食べるものもままならぬほど困窮していることが多く、

                      電気代・水道代・ガス代等々生活インフラもストップしているケースとなっている。

                       

                       

                      地域包括ケアシステムなどを行政は推進しているようですが、そもそも地域のコミュニケーションが浸透しにくい。

                      お子さんが暴力を振るったりケースでは親子をそれぞれ分離させて、親御さんを介護施設で面倒を見てもらっても、

                      お子さんが健常者であれば支援機関がない。お子さんに障害がある場合でも、

                      精神疾患等は長期の療養機関が必要となるためにすぐに解決しない。

                       

                      80代の親と50代の子が身を寄せて社会から孤立してしまい困窮の果てに二人とも死んでしまった。

                      そんな事件が起きてもいる。引きこもりの方も年齢を重ね親御さんも年齢を重ねると必然的に

                      9060問題となることは間違いない。8050問題の対策はどう行われるのか?
                      実態調査すら行われていない段階では
                      今後の行政の無策が続くと考えられます。
                       


                      | 1/11PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      成婚率最高資料請求無料

                      幸せの無料資料請求

                      スポンサードリンク

                      スポンサードリンク

                      3

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM