ネットビジネスのwebセミナーを見た

0

    webネットビジネスセミナーを見た。

    ネットビジネスでどう稼ぐかはわからない。

    稼ぎ方がわからない?

    分からないが、月50万円稼ぎました、200万稼ぎました

    と発表している集まりをみた。

    訳が分からないが、顔だししていくら儲けた、いくら儲けたと会員様の評判。

     

     

    自分はいくら儲けたのではなく

    どのようなことをやって、お金を払った人が幸せになったか。

    これが見たいんだ。

     

    儲けたではなく、お金を払ってくれた人の

    このような優良なサービスとかものを売って

    幸せにしたんだというのを見たいんだが。

     

    儲けばかり強調されすぎではないか?

    人をたくさん不幸にして儲けても

    ネットビジネスはダメではないか。

     

    人を泣かせたお金でいくら稼いでも

    それって「人として許せない。」

    そのような念を送られ、恨みのこもったお金にまみれても

    非業の死を迎えるだけだ。

     

    「人を泣かせてはならぬ」

     

    自分は泣かせた金は要らない。

     

     

     

     

     

     

     




    航空自衛隊が戦闘機部隊を増強、今からジェット戦闘機のパイロットのなり方

    0

      防衛省が航空自衛隊の戦闘機部隊を大幅に増強する検討に入ったことが20日、分かった。現行では12個飛行隊(1個飛行隊の定数約20機)の戦闘機部隊を14個まで引き上げる方針

       

      どうしたらパイロットになるか?

       

      自分は夢破れたが

       

      高卒で自衛隊のパイロットになる。
      1つ目は、防衛大学に進み、パイロット適性試験に受かり、航空要員になれば、訓練を受けて海上自衛隊もしくは航空自衛隊のパイロット目指せます。
      2つ目は、自衛隊の「航空学生採用試験」を受験する方法です。
      試験に合格すれば、海上自衛隊もしくは航空自衛隊の「航空学生」になることができ、パイロットになるための教育や訓練を重ねていきます。
      訓練中に飛行適正NG(エルミネート)がありコースから外れることもある。
      海上自衛隊の航空学生
      山口県下関市の「海上自衛隊小月教育航空隊」に入隊します。教育と飛行訓練は合計で4年間。パイロットや戦術航空士の資格を取得したのち、部隊で約2年間の訓練を積み、幹部に任官します。
      航空自衛隊の航空学生
      山口県防府市の「第12飛行教育団」に入隊します。2年間の基礎教育が終わると、飛行幹部候補生として約2年間の飛行訓練をこなし、パイロットの資格を取得します。
      戦闘機のパイロットですから、航空自衛隊ということになります。

      しかしながらF35Bは垂直離着陸機であり、空母「いずも」にも艦載機としての運用となれば、海上自衛隊に入隊が必要です。
      身長制限について
      身長は、158cm以上190cm以下(男女共通)という規定があります。
      ちびでもokだ。
      または、戦闘機以外では
      ・東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻では、
       ANAと航空大学校が提携し、一般の私立大学在学中にライセンスが取得できるようになりました。もちろん、大学卒業の「学士」資格も取得できます。
      ・法政大学理工学部機械工学科航空操縦学専修と桜美林大学フライト・オペレーションコースがJALの協力によって誕生。
      ・熊本県の崇城大学工学部宇宙システム工学科専修過程パイロットコースが、本田航空の協力で生まれました。
      ・帝京大学理工学部航空宇宙工学科ヘリパイロットコース
      ヘリコプターパイロットのコース
      ・航空大学校
      ただエルミネートがなければパイロットにはなれるが
      それは民間も自衛隊も同じ
      パイロットの夢にかけてもし散ったとしても
      自分は、本望だった。

       




      2018年、どんな1年にしたい?

      0

        2018年、どんな1年にしたい?

        本年は、3つのことをやる。

        1.サーバーをこの1年借りる。(1400x12)

        2.メルマガを始める。    (1100x12)

        3.3つのblogを毎日記事更新する。

        この3つを1年間継続する。

        pvの目標は100pv/dayを目標に毎日1記事アップ頑張りたい。

         

        input、沢山の知識を仕入れる。

        output、それらの知識を使ってみる。

        作業はあきらめない、続けるんだ。

        メンターについて、根気よく作業はこなす。

         

        何をめざす、これら得た知識は似たような初心者に教えていきたい。

        お金はかかる。しかしながら自分が人を導けるよう

        勉強するんだ。

        それだけです。

         


         




        今時路面電車(LRT)が走るか

        0
          宇都宮LRTが2022年に開業する。
          栃木県宇都宮市で副市長の吉田信博さん(新潟市のBRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)導入で活躍)
           宇都宮市と芳賀町のLRT事業(以下、宇都宮LRT)だ。LRTとは、ライトレールトランジット(Light Rail Transit)の略で、高性能な軽鉄道(路面電車など)を用いた交通システムのこと。

           「LRT」は、実は国内外で普及している。欧米では、廃止された路面電車をLRTとして復活させたり、日本でもJR富山港線や広島電鉄宮島線などをLRTに転換したりしている。富山や広島などとは違って、宇都宮LRTの場合、母体となる路線が存在していない。つまり、何もないところから出発。 なぜ宇都宮市でLRT導入の話が進んでいるのかということ。そもそも宇都宮市がある栃木県は人口1000人当たりのクルマ保有台数は全国2位。必要あんのか?

           宇都宮LRTの概要を紹介する。路線はJR宇都宮駅東口から東へ延びていて、鬼怒川を越えて、ホンダ、キヤノン、カルビーなど大企業の工場などが建ち並ぶ工業団地まで結ぶ。宇都宮市の隣にある芳賀町にわたって約18キロ、車両が走行する予定だ。

           運営は「上下分離方式」を採用。営業の主体は、民間会社の宇都宮ライトレールが担当して、整備の主体は宇都宮市と芳賀町。両自治体は車両を貸し付け、宇都宮ライトレールは施設使用料を支払うといった形だ。事業費は約458億円(税別)。

           LRTの最高時速は40キロで、所要時間(起終点間)は快速で37〜38分。運転時間は午前6時台から午後11時台で、運行間隔はピーク時が6分間隔、オフピーク時は10分間隔を予定している。運賃は、初乗り150〜400円。ちなみに、バスでJR宇都宮駅から本田技術研究所まで乗った場合、料金は790円、所要時間は1時間12分。LRTの場合、料金は400円、所要時間は44分を想定している。宇都宮LRTが完成すれば、料金はほぼ半額、時間も30分ほど短縮することができる。
           路線の目玉は2つある。1つは、工業団地への通勤環境を改善すること。工業団地で働いているのは3万人ほどいて、通勤に自家用車を使う人が多い。バスを利用する人もいるが、平日の朝は交通渋滞が慢性化している。「じゃあ、LRTを走らせると、渋滞は悪化するのでは?」。
           この疑問に対し、宇都宮市の担当者は「LRTが走行する道路は拡幅するほか、既存の道路とは別に専用の軌道も建設する予定なので、渋滞は悪化しないのでは。現在、通勤でクルマを使っている人がLRTに乗っていただければ、渋滞は改善するはず」と回答した。40km/hぽっちの速度で邪魔になるぞ。
           もう1つの目玉は、トランジットセンターの建設である(5カ所を予定)。トランジットセンターとは乗り換え施設のことで、駅の近くにバスの停留所やクルマの駐車場、自転車の駐輪所を設けることで、LRTに乗り換えができるようにする。拠点間をさまざまな交通手段でつないでいく考えだが、それだけではない。「トランジットセンターの近くに商業施設や介護施設、子どもの保育施設などを誘致して、便利な街にしていきたい」(吉田さん)といった構想を描く。
          そのトランジットセンターに車乗り換える人っていないのではないか?商業施設は建たないと思うが。
           現時点で、宇都宮LRTの工事は始まっていない。国の認可が下りれば工事を着手する流れだが、すでに経済効果が出始めている。工業団地の近くにテクノポリスというエリアがあるが、そこの人口が増え、市内で30年ぶりに小学校ができる予定だ。また、沿線の地価が上昇したほか、マンションやビジネスホテルの建設も予定している。
          そうしたらテクノポリス、ゆいの杜に人口が移動し、宇都宮市中心には人が集まらなくなるのでは。
          LRT使う必要なしになるのでは。
          利用者数アンケートを実施は、1日当たりの利用者は平日で1万6318人、休日で5648人。この数字を確保すれば採算をとれるというが、結果を額面通りに信じていいのだろうか。公共事業の場合、需要予測と実際の数字に大幅な乖離(かいり)がある。 宇都宮が“クルマ社会”である。宇都宮市と芳賀町の住民に主な移動手段はクルマを挙げた人は68.2%、「鉄道」と答えた人はわずか2.5%。
          「LRTが完成したからといって、『鉄道』を利用する人が10〜20%にならない。LRT使うか?
          自分の考えだと、
          もしLRTができても、乗る人がいない。
          自分は一生乗らなくても困らない。
          今の鉄道、茂木線とかがらがらだよ。
          茂木方面からわざわざLRT乗りにトランジットに車置くとは思えない。
          もう一度、LRT利用する人の調査をしてもらいたいものだ。
          このことは、ほかの地域にも影響があり、精査してもらいたいものだ。



          [video]会社に絶望したある男の話

          0

            ・増えない給料…
            ・深夜の残業…
            ・仕事のできないダメ上司…

            そんな会社に絶望したある会社員。

            その会社員が「1本のペン」を使って、
            会社を辞めて自由になった方法を
            今、無料ビデオで公開しています。

            producturl id="bLBmXh2n"


            もし、あなたが、、、

            ・一生、会社員のままでいいのか?
             と疑問を感じている…

            ・増えない給料、深夜の残業、
             仕事のできないダメ上司にウンザリしている…

            ・会社の歯車として働いている自分の将来に
             「閉塞感」を感じているなら…

            それなら、
            会社に絶望したある会社員が使った方法は、
            きっとあなたの役に立つでしょう。

            producturl id="bLBmXh2n"

             

            脱サラ起業で失敗する人の共通点




            トップ0.4%の収入を得る仕事の選び方

            0

              どう計算しても、ムリだったんです。

              なにがムリって、
              毎日遅くまで残業して休日も返上して、
              自分のプライベートの時間も
              家族との時間も犠牲にして。

              この先、今の仕事でどれだけ働いても、
              いわゆる「1000万プレイヤー」になるのは、
              到底ムリだって思ったんです。

              今の会社で、奇跡的に役員か何かになれば
              いけるかもしれませんが、

              出世競争に勝っていくのは正直難しいし、
              そもそも、どうやったら役員にまで登り詰められるのか、
              想像もつかなかったんです。

              仮に、登り詰めることができたとしても
              それまで何年かかるの?って話です。

              「転職」したとしても、
              ほとんど状況は変わらないでしょう。

              よくテレビやネットなんかで見る、
              例えば高級車に余裕で(無理して、じゃなく)
              乗れるような人たちは、

              一体どうやったらそんな風に収入を増やせられるのか、
              まったく見当がつきませんでした。




              当時をこう語る元サラリーマンのこの男は、

              今の会社でどれだけがんばって働いても、
              「1000万プレイヤー」のような、
              いわゆる「成功した」と言えるほどの
              収入を得ることはできない。

              という自分の現状に失望していました。

              でも、彼はある時、
              「収入を増やす」ということについて、
              大きな勘違いをしていることに気付きました。

              それは、、、

              収入を増やしたければ、
              「お金に近い」ところの仕事
              をしなければいけない。
              ということに気がついたのです。

              その後、、、

              彼はこの「お金に近い仕事」を始めて、
              「1000万プレイヤー」どころか、
              トップ4%の人だけが稼いでいる、
              と言われているほどの収入を、
              会社に依存することなく
              得られるようになりました。

              しかも、働く時間も自由になり、
              家族との時間も確保できて、
              経済的・精神的な充実感を
              得られるようになりました。

              彼が選んだ「お金に近い仕事」
              とはいったい、、、

              producturl id="bLBmXh2n"

               



               いつ会社をクビになっても平気




              これは行政書士よりいい資格か?

              0

                あなたはこれまでに、
                「資格をとろうかな」と思ったことはありませんか?

                ・再就職が有利になるから
                ・普通に就職するよりも、安定していそうだから
                ・今より収入を増やしたいから
                ・起業して自由に仕事がしたいから

                不況や雇用不安から、こういった理由で
                資格をとろうと考える人は多いようですが、

                実際、会社員が働きながら取得するのは、
                そう簡単なことではありません。

                例えば、「就職・転職・独立」に有利な国家資格
                として人気の「行政書士」を取得するには、

                最低でも1年以上の勉強が必要で、合格率は10%以下、
                とも言われ、途中で諦めずに合格までやり遂げるのは、
                そうとう困難なものであると言えます。

                また、働きながら勉強して受かったとしても、
                行政書士の6割〜7割が年収300万円以下と、

                それはきっと、あなたが望んでいる収入とも
                かけ離れているのではないでしょうか?

                でも、もし、数ヶ月間の勉強で、試験もなく、
                十分収入を得る技術を手に入れることができる、
                そんな資格があったら、あなたはどうしますか?

                実際、ある会社員の男は、6ヶ月間の勉強で、
                月20万の副収入を得ることができました。

                そして、その男は今では、
                会社員時代よりもずっと高い収入を
                誰にも頼ることなく稼ぐことができる技術を身につけ、
                将来の経済的な不安がなくなりました。

                その技術の秘密を、
                こちらのビデオで公開しています。

                producturl id="bLBmXh2n"

                 




                副業兼業とはいえ稼げないのではないか

                0

                  政府の「副業・兼業の推進」を提唱したことで、副業を解禁してきた企業が増えてきた。

                  この動きは地方自治体にも影響がでてきた。

                   

                  週1日、副業、兼業限定。市の政略顧問を募集します。

                   

                  という求人が、11月15日に出し、応募締め切りは12月12日で、12月7日現在で346人が応募した。

                   

                  広島県福山市の求人。

                  地方自治体で副業兼業限定で民間から人材を公募するのは初めて。

                  最大の課題は人口減少問題だ。

                   

                  民間の優秀なこのような対策のできる人材プロの募集に300倍超える応募だ。

                  週1日、月4日の勤務、1日25,000円だ。月10万円で交通費はでる。

                   

                  週4日も拘束されて月10万円の仕事をなんで応募するのか?

                   

                  わからない。相場は月16万円らしい。

                  本気なのか?

                   

                  このタイプの副業兼業は自分には無理だな。

                   

                   




                  簡単にホームページを持ちたい方、グーペでできます

                  0

                    ”ブログ感覚で手軽にお店のホームページを作成!”
                    「ロリポップ!レンタルサーバー」「ムームードメイン」「minne」を運営している
                    GMOペパボ株式会社が提供する【グーペ】では、
                    簡単にホームページを持ちたい方を支援します!
                    飲食店、美容院、ネイルサロンなどのお店だけではなく
                    塾、事務所、個人事業主、クリエイター、アイドルまで、
                    様々な業種のホームページが簡単にお作りいただけます。
                    日本の個人事業主数は93万人超え、需要のあるサービスです!

                    ブログのように更新ができるお知らせ更新、
                    メニュー一覧やアクセスマップ、ネットショッピング機能など、
                    ホームページ作成に必要なコンテンツがあらかじめ用意されているため、
                    情報を登録すれば、すぐにオリジナルのホームページが完成します。
                    デザイン作成は、4,000通りものデザインパターンから、
                    イメージに合ったデザインを選択できるほか、
                    HTMLとCSSでカスタマイズすることも可能ですので、
                    初心者だけでなく、中・上級者の方も満足いただけます。

                    もちろんスマートフォン・タブレットも対応!
                     




                    パイロットに奨学金

                    0

                      パイロット養成課程がある桜美林大学、東海大学、崇城大学、千葉科学大学、日本航空大学校、新日本航空は、11月28日にパイロットを目指す学生に一人500万円を貸与する無利子奨学金制度を2018年に創設すると発表した。

                      奨学金は、10年間で返済。

                      学費は2000万円を上回るのに500万円くらいでは足りないではないか。

                       

                      自衛隊の航空学生であればお金はかからず。

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      スポンサー1リンク

                      >

                      スポンサードリンク

                      スポンサー2リンク

                      スポンサー3

                      >

                      スポンサー

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM