日本の内燃機関がなくなる前に、自動車業界の救世主が出てきてほしい。

0

    ヨーロッパでは、ガソリン、軽油を使うエンジンは使わなくなると

    方向性を示している。

    2040年、インドでは2030年だ。

     

    日本は方向性を確立しているのだろうか?

    まだ石油は出ている、

    石炭もある。

     

    化石燃料が格安になってきたら使わないのは手はないと。

    それで、確実に地球は温暖化し、北極の氷が解け、北極圏に船の航路が出来ようとしている。

    海面が上昇している。

    沈む国も出てくる。

     

    世界の気候も異常気象で災害まで出ている。

     

    中国はもう精密加工技術を必要とする内燃機関製造を諦め、電気自動車の覇者になるべき方向転換している。

     

    確かにtoyotaの未来もかなり高圧700気圧という水素燃料保存システムが怖い。

    一般ユーザーが水素を手軽に補充できるのだろう?

     

    ハイブリットシステムも先行き30年くらいで終焉は間違いない。

     

    日本の大手自動車メーカーはどうしようとしているのか

    見えない。時間がないのではないか?

    救世主の誕生を待つしかない。

     

    助けてください。



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM