日本の内燃機関がなくなる前に、自動車業界の救世主が出てきてほしい。2

0

    世界中が電気自動車を大増産するといってきた。

    リチウム電池を大量にクルマに積んで、航続距離をを伸ばすだけのクルマだ。

    内燃機関などの精密な加工技術は要求されない。

    中国が得意とする分野になるだろう。

    日産は電気自動車のバッテリー会社を中国に売った。

     

    バッテリーをクルマに沢山積めば航続距離が延びる競争から撤退したのだろう。

    諦めたのだろう。

     

    水素を使ったエンジンも航続距離が短い。

    また水素の扱いも厄介だ。

     

    電気自動車が主流となるにしても

    地球温暖化は防止できない。

    電力を作るために化石燃料を燃やし、大気汚染するしかない状態だ。

     

    本当は、温暖化ストップには

    アメリカ軍が潜水艦、空母に原子力を使っているように、

    原子力で電気を作るべきなのだが。

     

    もう原子力は廃棄しようとしている。

     

    どのようなエネルギーでクルマを動かすのか?

    早く救世主が現れて欲しい。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM