EVに内燃機関からクルマは2030-2040年に完全にシフトするが日本は追いつくのか心配だ。

0

    自分もEVの電力をコードレスで充電できる装置の研究が国立大学で発表されたのを

    聞いたことがある。

    この手の特許はニュージーランドが沢山取っていた。

    9年くらい前か、

    日本のEVは、ハイブリットが割り込んできて、ガラパゴスして来た。

    このハイブリットカーがいらない。

    水素自動車は必要だが。

    今世界が向かっているのはEVだ。

     

    トヨタも方向を間違えず、EVを大至急上市しないと

    欧米に置いてきぼりを食うだろう。

    それどころか中国に抜かれるかもしれない。

     

    VW、ベンツ、BMWも相当な数のクルマをEV化を推進している。

     

    もうクルマは、トヨタの工場で組み立てする時代ではなく。

    パソコンと同じように、それぞれのコンポーネントを4社くらいに発注して

    名前を車体に付けて製造は終了。

     

    パソコンと同じようにデザイン、性能、使いよさ、安全性などを企画したEV

    の商品が、スマホやパソコンのように作られる時代になる。

     

    もう内燃機関の時代が終わるんだ、2030-2040年にはなくなるんだ。

    日本はまたガラケーみたいに遅れてしまう恐れがある。

     

    頑張ってもらいたいものだが。

     

    自分はイタリアのEVとか日本以外のEVを早く買いたい、日本は出てくるまでに時間がかかる。

    日本は2022年ころ初号機を出すらしいが(TOYOTA)

     

    遅いのではないか。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM