最高裁判事罷免の選挙は12月6日のNHK契約の自由の憲法判断で決める

0

    NHKの契約の自由はないんだ。

    テレビを買ったらNHK様に身銭を払わなくてはならない。

    つまらん番組流しておいて、不正の多いNHK職員

    国民から巻き上げているから給料は高い。

     

    この法案は12月6日、最高裁で結審する。

     

    どうも放送法は、支払い義務は合憲になる動きのようだ。

    この契約の自由を訴えた男性は、テレビを購入した時から

    支払い義務発生か、裁判で合憲判断が出た日から、支払い義務発生か

    が、争われるようだ。

     

    もうテレビを買ったらNHK様受信料を法的に払わないといけなくなる。

     

    自分ができることは、この判決出す裁判官を選挙時罷免にチェックを入れることしかできない。

     

    12月6日の判決が合憲となった場合、その判事を覚えておき

    罷免に✖をつけるつもりだ。

     

    合憲と思わない。

    もし合憲なら、テレビを見ない事にしようと決心している。

     

    テレビを買ったら毎月3000円くらいかNHK様に金払うんだっていやだ。

    4K,8Kテレビを売ろうとするとき、

    こんなNHK様のために働きたくない。

     

    テレビなどないほうがいい。

    現在テレビ離れの時、いっそのことこの12月6日の裁判の結果が合憲と出たら

    日本国民はますますテレビから離れていくだろう。

     

    自分が言いたいのは、どうせテレビ購入したら受信料を払うのが義務となってしまい、

    極貧民にもこの3000円のNHK税を毎月払えといっても

    払えないだろう、NHK税は500円程度にしてもらいたいものだ。

    NHKが足りないというのであれば国から貰うべきだ。

     

    悔しいが本日はNHKのやろう「やったぜ!」と高笑いするに違いない。

    悔しい。

    悔しい

    悔しい

     

     

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM