北朝鮮難民をどう受け入れるか政府は対応をすぐに準備すべき

0

    中国の北朝鮮国境に接する吉林省長白朝鮮族自治県が、北朝鮮難民の受け入れ施設の設置計画が分かった。

    現時点では、設置候補地が決まった時点だと。

    北朝鮮情勢が緊張が続く中、有事に対応した準備を行っているという。

    難民施設は国境を流れる鴨緑江付近5か所、敷地にはテントを想定しているという。

    難民の食料備蓄は昨年までに完了している。

    本計画以外にも同自治県北方山岳部に難民施設が完成している。

     

    このように中国も朝鮮半島有事に備えているが、日本はどうか?

     

    北朝鮮の木造船漂着で対応がしっかりできてない状態で、もし有事になったら

    家電品とかの窃盗どころの話ではない。

    怒涛の北朝鮮難民が日本に押し寄せた時の、日本沿岸のじっちゃん、ばーちゃんばかりの過疎の漁村に

    現れたら、日本の高齢者住民は何も抵抗できなく、襲われてしまうのではないか?

     

    自衛隊はこのような警備には回せないだろう。

    そうすれば、地元警察、消防消防団、村役場スタッフが得体のしれない大勢の北朝鮮人と対峙するしかない。

     

    日本の安全保障は大丈夫なのか

     

    非常に心配だ。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM