共産党は一生政権はとる気がないようだ。

0

    衆議院選挙で惨敗した共産党。

    その党首の志位委員長の12月10日のコメントが興味深い。千葉県での対話集会で

    「米国は国としては好きだ。米国の悪いことは反対するが、共産党は”反米”ではない。」と述べた。

    無党派層、保守派の警戒を解き支持を広げる思惑がある発言とみられる。

    基本、日米安全保障条約廃棄の方針は変えないという。

    トランプ政権が北朝鮮への軍事力行使選択や、イスラエルの首都をエルサレムに承認したことに対して厳しく批判している。

     

    集会では「独立革命で人類初の民主共和国をつくり人類初の人権宣言をだしたのは米国だ。米国の民主主義の伝統に深い尊敬をもっている。」と述べた。

    また共産党の名称は変えない方針と強調した。

     

    日米安全保障なしで国は守れない。

     

    現在の国際関係は分かっているのだろうが

    国防のことを突っ込んで考えていない。

     

    この党は存在してもいいが、与党の暴走に警鐘を鳴らすくらいの価値しかない組織だと考えられる。

     

     

     



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM