今時路面電車(LRT)が走るか

0
    宇都宮LRTが2022年に開業する。
    栃木県宇都宮市で副市長の吉田信博さん(新潟市のBRT(Bus Rapid Transit:バス高速輸送システム)導入で活躍)
     宇都宮市と芳賀町のLRT事業(以下、宇都宮LRT)だ。LRTとは、ライトレールトランジット(Light Rail Transit)の略で、高性能な軽鉄道(路面電車など)を用いた交通システムのこと。

     「LRT」は、実は国内外で普及している。欧米では、廃止された路面電車をLRTとして復活させたり、日本でもJR富山港線や広島電鉄宮島線などをLRTに転換したりしている。富山や広島などとは違って、宇都宮LRTの場合、母体となる路線が存在していない。つまり、何もないところから出発。 なぜ宇都宮市でLRT導入の話が進んでいるのかということ。そもそも宇都宮市がある栃木県は人口1000人当たりのクルマ保有台数は全国2位。必要あんのか?

     宇都宮LRTの概要を紹介する。路線はJR宇都宮駅東口から東へ延びていて、鬼怒川を越えて、ホンダ、キヤノン、カルビーなど大企業の工場などが建ち並ぶ工業団地まで結ぶ。宇都宮市の隣にある芳賀町にわたって約18キロ、車両が走行する予定だ。

     運営は「上下分離方式」を採用。営業の主体は、民間会社の宇都宮ライトレールが担当して、整備の主体は宇都宮市と芳賀町。両自治体は車両を貸し付け、宇都宮ライトレールは施設使用料を支払うといった形だ。事業費は約458億円(税別)。

     LRTの最高時速は40キロで、所要時間(起終点間)は快速で37〜38分。運転時間は午前6時台から午後11時台で、運行間隔はピーク時が6分間隔、オフピーク時は10分間隔を予定している。運賃は、初乗り150〜400円。ちなみに、バスでJR宇都宮駅から本田技術研究所まで乗った場合、料金は790円、所要時間は1時間12分。LRTの場合、料金は400円、所要時間は44分を想定している。宇都宮LRTが完成すれば、料金はほぼ半額、時間も30分ほど短縮することができる。
     路線の目玉は2つある。1つは、工業団地への通勤環境を改善すること。工業団地で働いているのは3万人ほどいて、通勤に自家用車を使う人が多い。バスを利用する人もいるが、平日の朝は交通渋滞が慢性化している。「じゃあ、LRTを走らせると、渋滞は悪化するのでは?」。
     この疑問に対し、宇都宮市の担当者は「LRTが走行する道路は拡幅するほか、既存の道路とは別に専用の軌道も建設する予定なので、渋滞は悪化しないのでは。現在、通勤でクルマを使っている人がLRTに乗っていただければ、渋滞は改善するはず」と回答した。40km/hぽっちの速度で邪魔になるぞ。
     もう1つの目玉は、トランジットセンターの建設である(5カ所を予定)。トランジットセンターとは乗り換え施設のことで、駅の近くにバスの停留所やクルマの駐車場、自転車の駐輪所を設けることで、LRTに乗り換えができるようにする。拠点間をさまざまな交通手段でつないでいく考えだが、それだけではない。「トランジットセンターの近くに商業施設や介護施設、子どもの保育施設などを誘致して、便利な街にしていきたい」(吉田さん)といった構想を描く。
    そのトランジットセンターに車乗り換える人っていないのではないか?商業施設は建たないと思うが。
     現時点で、宇都宮LRTの工事は始まっていない。国の認可が下りれば工事を着手する流れだが、すでに経済効果が出始めている。工業団地の近くにテクノポリスというエリアがあるが、そこの人口が増え、市内で30年ぶりに小学校ができる予定だ。また、沿線の地価が上昇したほか、マンションやビジネスホテルの建設も予定している。
    そうしたらテクノポリス、ゆいの杜に人口が移動し、宇都宮市中心には人が集まらなくなるのでは。
    LRT使う必要なしになるのでは。
    利用者数アンケートを実施は、1日当たりの利用者は平日で1万6318人、休日で5648人。この数字を確保すれば採算をとれるというが、結果を額面通りに信じていいのだろうか。公共事業の場合、需要予測と実際の数字に大幅な乖離(かいり)がある。 宇都宮が“クルマ社会”である。宇都宮市と芳賀町の住民に主な移動手段はクルマを挙げた人は68.2%、「鉄道」と答えた人はわずか2.5%。
    「LRTが完成したからといって、『鉄道』を利用する人が10〜20%にならない。LRT使うか?
    自分の考えだと、
    もしLRTができても、乗る人がいない。
    自分は一生乗らなくても困らない。
    今の鉄道、茂木線とかがらがらだよ。
    茂木方面からわざわざLRT乗りにトランジットに車置くとは思えない。
    もう一度、LRT利用する人の調査をしてもらいたいものだ。
    このことは、ほかの地域にも影響があり、精査してもらいたいものだ。


    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM