ウェブセールスライティング習得ハンドブックを読んで

0

    セールスコピーって、緻密に計算されて書かれているんだ。

    これは100年の歴史のある技術なんだ。

    販売したい商品によってパターンが決まっているんだ。

    1、ヘッドライン

    2.リード

    3.ボディーコピー

    4.クロージング

    5.証明

    6.追伸

    の構成となっていて、ヘッドラインの部分しか人は見てくれない。

    だからヘッドラインに過激な文句が入ってくる。

    人の目を取るためだ。

     

    よく電車の中吊り広告にあるやつだ。

     

    しかしながら、広告は見たくないものだ。

    たださえ見ないのに広告の頭の部分ぐらいしか人は見ない。

     

    そこでそこのヘッドラインは、インパクトのある見出しが必要になってくるんだ。

    ビッグヘッドラインみんなが「あーすげー」といった見出しでないと誰も見ない。

     

    そんなセールライティングの通信講座があり、そこのアフィリエイト用のコピペ無料商材を

    自分のblogに張り付けて10日ほどアフィリエイトした。

     

    結果アクセスは合計50PVあった。

    このセールスライティング通信講座で作っているコピーだから成約するかなと思ったが、

    結果は成約なしだった。

     

    100PVで1件成約というからあと10日ほどたって

    この成果は完了されると思うが

    この本購入までたどり着くのか不明だ。

    確実に一つ言えることは

    この本を購入し、30日以内に本の返品をメールすればただでこの本を読めるということです。

    場合よっては本の返却もなし・・。

     

    セールスライティングを本気で学びたいあなた、

    費用はかかりません

    是非読んでください。

    費用はかかりません、本当です。

     

     

    いつ会社をクビになっても平気

     

    PS.

    この本のメリットは、blogとかhpの物販の標準なセールスコピーを学べることです。

    自分が感じるデメリットは、このコピー技術を生かせるところを自分で考えなければいけないということ、

    当たり前か。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    スポンサー1リンク

    >

    スポンサードリンク

    スポンサー2リンク

    スポンサー3

    >

    スポンサー

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM