日本の人口減少に歯止めを

0

    日本の人口が減少している。

    2050年ころは1億2千万人から6000万人に減るだろうという予測もあり、

    人口減少に歯止めをする対策が必要だ。

    子供2人作れない日本の環境もあり、人口6000万人に向かってまっしぐらだ。

     

    この少子化の影響は、例えば北海道、中国資本の土地購入が進んでおり、国土が中国に奪われている。

    それは、少子化で跡取りもいない、山林の所有者なり、中国人が買ってやると言ってきたら

    それは、売るしかないでしょう、持ってられないし管理もできない。

    国土防衛のため売らないでといったって、背に腹は代えられない。

    誰も後を継がないし、ほおっておくなら現金にしたほうがいい。

    ということだろう。

     

    政府も知らん顔で見ているが、日本の国土が売られているのをどう考えているのだろうか?

    安倍首相のコメントが欲しい。

     

    対馬も今韓国資本が土地を買い占めに動き出した。

    対馬もいずれ韓国に併合されるのは目に見えてきた、

    政府は戦わずして竹島みたいに領土をまた持っていかれるのではないか?

     

    しかたない、軍隊を派遣して戦うといっても、高齢化で人口も減り兵隊も増えないだろう。

    この人口減少がかなり国力を弱めているのは確かだ。

     

    日本の土地を買われるということも、

    今空き家が増えてる現在、後を継ぐ人間がいないというより

    子供を作ってなく、空き家が増えているのではないか?

    そう、住む人がいない、人口が減っているからどんどん空き家が増える。

     

    新規の一戸建ての伸びは、当然ない。ありえない。

     

    若者が結婚して子供を作り人口を増やす。

    結婚できなければ、外国人と結婚する。

    以前フィリピン人の嫁さんがたくさん日本来て

    生まれた子はラテン系の混血が生まれていたんだね。

    タレントのラブリーみたいに。

     

    または、移民を受け入れ日本国民になってもらう。

    移民たちに国をゆだねる。

     

    そのように将来は日本もなるのかな。

     

    混血児がたくさん増えそうだ。

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM