電子戦機が必要な訳

0

    EA-18Gは、F/A-18F「スーパーホーネット」戦闘機を原型に電子戦機としての能力を付加した派生型です。

    しかしことの重大さにおいてはF35よりEA-18のほうがはるかに大きいといえる。

    現在航空自衛隊はEC-1、YS-11EAという輸送機を原型とした電子戦機を「電子戦訓練機」という名目で保有、

    さらに新型のC-2輸送機を原型としたものが開発中です。自衛隊が導入する意味は、

    近年、地対空ミサイルの進歩はすさまじく、地対空ミサイルで十分に防護された目標に対しての航空攻撃は自殺行為といってよい。

    新型巡航ミサイルやヘリコプター搭載護衛艦「いずも」における垂直離着陸戦闘機F-35Bの運用など、

    装備を調達する報道が相次いでいます。

    EA-18Gは戦闘機としての高い性能を活かし友軍の戦闘機や攻撃機に帯同し敵地へ侵攻し、電波妨害を行うことで友軍を護る能力に優れる。

    導入する意味は、専守防衛に基づく対中国をにらんだ離島防衛においても、EA-18Gは大きな意味を持つ。

    EA-18Gはさまざまな手段で相手のレーダーや通信を無効化、ないし性能を減じられる、

    現在航空自衛隊において戦力化を目指し導入が進んでいるF-35A戦闘機のステルス性能を強化し、その能力を数倍にも引き上げることができるようになります。

    昨今広く議論されるようになりつつある「敵基地攻撃」、すなわち北朝鮮の弾道ミサイルを地上で撃破する作戦をにらんだ装備である可能性は大である。

    したがってEA-18Gのような電子戦機は戦闘機や攻撃機を他国へ侵攻させるためには必須だ。

    自衛隊には地対空ミサイルを陸揚げされてしまった場合、これを排除するための装備がありませんでしたが、EA-18Gならば可能になります。

    翼端の電子戦ポッドの有無で判別しやすい。

    2018年1月、政府は電子戦機EA-18G「グラウラー」の導入を見込み、本年中に改定される予定の中期防衛力整備計画に盛り込むことを検討中であると一部メディアが報じた。

    電子戦機とは敵のレーダーや通信等を電波妨害し、これを無力化するための航空機です。

    これらに比較するとEA-18Gはあまり注目を集めてはいない。

    またAGM-88AARGM(先進対レーダー誘導ミサイル)によって、敵のレーダーサイトや地対空ミサイル陣地を破壊することも可能です。過去にはF-117ステルス攻撃機でさえ撃墜されている。

     

    地対空ミサイル基地、レーダーサイトの破壊は、必修だ。

    これができないと国家防衛はできない。

    神風特攻隊が100%、敵地につく前に落とされてしまう、

    先人の教訓をもとに、特攻するにも敵の目を破壊しなくては特攻もできない。

    是非導入してもらいたいものだ。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM