朝鮮戦争に経済的効果はあるのか

0

    アメリカは平時でも戦時体制に匹敵する国防費を支出するようになったため、戦争が起きても大量動員は起こらず

    、政府支出も劇的には増えず、その結果として景気刺激の効果はほとんどなくなった。

    日本や中国が戦争の費用を出すというならば、効果はあるが。

     

    もしアメリカが北朝鮮に対し、軍事行動をとったら、経済的に利益を得る国はあるのか。

     

    攻撃時だけでなく、攻撃後の治安維持等に関する莫大な費用支出についても考慮が必要。

    アメリカはサージカル・ストライク(surgicalstrike外科的攻撃)で短期に攻撃を収束させるでしょうから、

    戦時特需は見込めません。しかし、「戦後特需」はある。

     

    ベトナム戦争前は、国防費のみならず、医療支出も、1965年の41億ドルから1970年の139億ドルへと急上昇します(ジョンソン政権の「偉大なる社会」のプログラムによる)。2003年のイラク戦争を経て、今日のアメリカは一国平和主義的な孤立主義の傾向を強めている。

    「戦後特需」で潤うのは日米ではない、

    この経済的背景を考えれば、アメリカの北朝鮮への軍事攻撃の可能性は低い。

     

    1970年代以降、アメリカ経済の規模は膨大なものとなり、軍事費やそれに関連する部門の経済全体に対するシェアが低下。

    戦争という効果に、陰りが見え始めた、トランプ大統領が北朝鮮を軍事攻撃しようとしても

    、アメリカの政財界や一般国民は戦争を支持するインセンティブを持たず、攻撃に賛同しないでしょう。

    現在のアメリカ国民は覇権よりも、国内平和と福祉施策の拡充を求めている。

     

    朝鮮戦争後治安維持費用はアメリカや日本の負担、復興開発など波及効果は中国などの周辺国が享受する。

    トランプ大統領は大統領選の公約として「アメリカ・ファースト」を掲げ、

    国際紛争への介入によってアメリカが損をするようなことはやめると明言していました。

    戦争はもはや景気を刺激しないということが、明らかになりました。

     

    北朝鮮復興を起点とする有効需要創出で波及効果を直接受けるのは周辺の中国、韓国、ロシアであり、

    漁夫の利を得る立場にあると考えられます。

     

    今では、民間の技術が軍事技術に移転されるのが一般的な形になっており、

    軍事技術の開発投資が経済を牽引するという状況も失われています。
    かつては軍事技術の開発が先行的におこなわれ、それが民間に波及して新しいイノベーションを生み、製品開発を促したこともありました(インターネットやGPSなどはその例です)。

    軍事部門だけが戦争で潤ったとしても、経済全体にその恩恵は及ばなくなっていました。

    「戦争がもうかる」はもはや過去の話で、現在においては、戦争の経済効果は著しく減退、もしくは財政負担要因として、マイナスに作用するようになっているのです。

     

    「戦争はもうかる」というセオリーは、ベトナム戦争(1965〜1973年)以降、崩れていきます。

    アメリカにはもはや、そのような費用負担を買って出る気概などないというのが現実であると考えられます。

     

    この北朝鮮問題の行方は、戦争無き解決になることがはっきり見える。

    戦争を起こしても経済的に潤うのは、中国であり韓国でありロシアである。

    こんな「貧乏くじ」をアメリカは引かないと考えられる。

     

    そう

     

    戦争はよっぽどの事がない限りないはずだ。

     


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM