自衛隊イラク派遣は戦闘行為が前提だったのか

0

    毎日新聞によると

    陸自イラク日報 「戦闘」記載 来週公表、複数箇所に 

    毎日新聞2018年4月14日 東京朝刊 

     防衛省が国会で「不存在」としていた自衛隊イラク派遣時の日報が見つかった問題で、 
    日報に「戦闘」という表現が複数記載されていることが防衛省幹部への取材で明らかになった。 

    同省は来週にも保管されていた1万4000ページ以上の日報のうち、他国軍から得た情報などを黒塗りにした上で、 
    「戦闘」との表記がある部分を公開する可能性が高いという。 

    自衛隊の活動地域を「非戦闘地域」としてきた政府答弁との整合性が改めて問われそうだ。 

     イラク派遣を巡っては、他国軍の武力行使との一体化を禁じる憲法との整合性を図るため、自衛隊の活動地域は「非戦闘地域」に限定されていた。 

    しかし、活動では派遣部隊の宿営地にロケット砲が撃ち込まれるなどしており、 
    自衛隊の内部資料にイラク派遣が「純然たる軍事作戦であった」と記されていた。 
    【前谷宏、秋山信一】 
     
    このような記事があった。
    隠ぺいする前に、自衛隊を軍隊として憲法で認めるべきだ。
    軍隊が軍隊でないとするから
    隠ぺいすることになってしまう。
    もう馬鹿な言葉の遊びは辞めて
    リベラル、左翼の言うとうりでいいか、
    非武装丸腰国家樹立の国民投票をすべきだ。
    非武装丸腰ですべてお話合いで国際紛争は解決するとする国で
    いいかどうか早く決めるべきだ。
    自衛権の行使には自衛隊をつかわず
    一般の地方公務員にさせるとか
    市役所のスタッフにさせるとか
    教師にさせるとか
    警察消防地元消防団に頼むとか
    自分はどちらでもいい。
    日本国民の50%以上が非武装丸腰国家を望むのであれば心中するしかない。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM