内燃機関がなくなる20XX年

0

    ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンがこれから先いつなくなるのか?

     

    排気ガス規制が今あり、地球温暖化を阻止するために実施しなしいと

    地球規模で異常気象があちこち発生し、二酸化炭素で汚染されていく。

     

    この規制をクリアするためには、内燃機関をなくさないと実現できない。

     

    例えば2030年に内燃機関は廃止を実行した時

    10年20年で市場にでている内燃機関見なくなるだろうとする説。

     

    この内燃機関が2030年に新車から作らなくなっていくと

    2050年にはその内燃機関で商売していた会社も消える。

     

    今、借金をして新築の家を購入し、この内燃機関会社の給料でローン払いしようとした時。

    30才で50才となった時ローンが払えなくなる。

    20年で完遂するローンであればいいが、

    往々にして、35年払いとすると15年残して支払いできなくなる。

     

    安価で小さい家ならいけるのか?

     

    家買うのもこのEV化の波はこまるな、

     

    内燃機関の再生部品作っている会社の経営は大丈夫とは思えない。

     

    マイホームを持つなんて

     

    夢また夢か

     

    石油はまだなくならないなら、地球の環境犠牲にして

    燃やし続けるようなことにならないか?

    アメリカみたいに。

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM