日本の出生率に近づく先進国

0

    アメリカは2016年に過去最低を記録した出生率。
    2016年、15〜44歳の女性1000人あたりの出生率は62人となり、過去最低を記録した。
    トイザらスの破綻は少子化か。
    UBSの2016年のレポートによると、アメリカなど先進国における生産年齢人口と、

    それ以外の人口の比率は、1990年代の日本の比率に似ている。
    人口統計学の専門家は、この出生率の低下がアメリカ経済の縮小の予兆だと心配する。


    韓国では
    韓国で出生児数の低下が深刻化だ。昨年1年間の出生児数は過去最低となる35.7万人で、合計特殊出生率は1.05であった。

    出生率、1.05で過去最低に ソウルは0.84と深刻だ。
    韓国は数年のうちに“人口絶壁”になると言われ、オックスフォード人口問題研究所が「地球上で真っ先に消え去る国は韓国」と指摘した。
    『朝鮮日報』が報じたように、韓国政府は「この12年間に126兆ウォン(約12兆6000億円)をつぎ込み」問題解決を図った。それでも「少子化問題を解決でず。


    中国は
    中国政府は2016年に「一人っ子政策」を緩和し、高齢化や若年労働者不足を解決を図った。

    しかし、20年にわたり人口減少が続いている。
    人口減続く中国「一人っ子政策廃止」でも出生率は日本以下 なのだ。
    中国のメディア「China Daily」政府の統計では、2017年に出生した新生児の数は1723万人で、出生率は1.24%であった。
    「一人っ子政策」廃止も出生率は日本以下の中国 経済にも影響 している。
    これは日本の1.46%(2015年)を下回っている。China Dailyのコラムはこの状況が、

    将来的にマイナスの効果を中国にもたらすと述べている。


    ・フランスでは?
    フランスの出生率が、2017年で3年連続の低下となった。
    なぜフランスの出生率が低下? 充実した子育て支援も3年連続減だ。 
    2018年1月1日時点の人口調査で、フランスの合計特殊出生率が

    前年度の1.92人から2.1ポイント減少し1.88人になった
    依然としてヨーロッパトップの合計特殊出生率ではありますが、減少するのは2015年から連続3年目だ。

     

    ・そんな中、出生率が高い国がある
    ドイツでは2016年、移民の大量流入を背景に出生率が急上昇し、43年ぶり高水準を記録した。
    公式統計によると2016年のドイツの出生数は79万2131人で、前年比7.0%の増加となった。
    このうちドイツ人女性の出生数は60万7500人で同約3.0%増だったのに対し、

    非ドイツ人女性の出生数は18万4660人で、同25%も増加した。
    好景気や政府による支援策、移民の増加が押し上げ要因となった。
    ・どんな支援策があった?
    人口の高齢化問題に直面するドイツは、過去10年間で出生率上昇を目指し家族支援策を拡大するなどしている。

     

    移民が出生率を押し上げている

    日本も移民を受け入れないと、韓国のように絶滅してしまうかもしれない。

    もう移民抜きで将来の日本はないような感じさえする

     

    仕方ないことか

     

    残念だ。

    日本の出生率があがらない。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM