確定拠出年金の脱会一時金の申請をする

0

    知人から聞いた話です。

     

    彼は、以前勤務していた中小企業で、8年前に会社が確定拠出年金を導入した。

    60才前に退職すると天引きされていた年金がすぐに引き落とせなくなるものだった。

    要するに退職金を払わない年金だ。

    TKN保険会社が説明会を開いて社員全員をこの年金に加入させた。

    リスクの説明もあった。

    自分が積み立てた金を運用して稼ぐか、積み立てた金をキープするかコースを決めないといけなかった。

    自分は積み立てた金額をキープするコースを選んだ。別に年金で稼ぎたくない。

     

    退職時の条件によるが、60前で年金積立年数が短い人は

    退職金がこの年金となり、直ぐには引き下ろせないというものだったようだ。

     

    実際この人は58才で2年確定拠出年金を積み立て、退職した。

    積み立てた2年分の年金は64才になるまで支払われないという

    つまり6年も経たないと自分の金が下せないそうだ。

    そして、彼は6年頑張って生き、この年金を手に入れようと

    64才の誕生日に確定拠出年金特定運営管理機関日本インベスター

    のコールセンターに問い合わせしたようだ。

     

    ここの機関は確定拠出年金導入企業を60歳未満で退職した人の脱会一時金の給付業務をしているところだ。

     

    その方の登録が企業なので、企業から個人に戻す手続きをして、その後給付の申請となり

    8か月かかりますと言われたそうだ。

     

    金取るときは自動的に天引きしておいて、返す時は8か月も待たせる。

    ふざけた仕組みだという。

     

    またオペレーターの女の子は、時間かかるからこの年金諦めてしまえ見たいな空気が電話越しであったという。

    金額的に20万円くらいだったからだろう。はした金か、しかし本人してみれば、嫌な上司にぐだぐだ言われ

    使えない部下に苦しめられ毎月天引きされた金みたいです。

     

    しかし人の金をすぐ返せない負い目は微塵も見られなかったようだ。

     

    いやな日本だなと思った。

    6年もまってまた待てという。

     

    2018年5月に入っても申請用紙は送られてこない

    そうだよな人の金だよ

     

    確定拠出なんてなにがいいのか?

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM