世界の警察官になる中国

0

    アメリカが世界の警察は放棄すると言っている。

    経済的にも中国にじきに抜かれるだろうと予測されている。

     

    そうなると、世界の警察は中国に傾倒していくと考えられる。

    中国の世界戦略の転換期は2011年であろう。

    ヨーロッパ債務危機とかアメリカ国防予算削減が続く状態にあって
    中国の対外的拡張路線のスピードは中国政府の予測をうわあ回るものだった。

    中国の投資の多角化、石油利益の確保、海上レーンの防衛、在外労働者
    保護の分野に出ようとすると猛烈な反対を受けてきた。

    メコン川の中国人殺害事件、リビア紛争の中国人労働者3万5000人救出。
    それらが事例だ。

     

    アフガニスタンのように中国はヨーロッパアメリカが安全を作り上げた後に進出してきた。

    安全に金をかけずに済んでいた。

    しかし、国際平和維持活動PKOの中国の積極的な参加が目立ってきた。

    イラン、北朝鮮、スーダン問題は干渉させないほうが良いだろう。
    中国経済は、多くの海外利権を獲得している。

    海外にスーダンのように中国が利権を持つ国には、国連に行動を促すようになることが近い将来考えられる。

     

    欧米諸国は中国が海外関与することを驚異に感じている。

    しかしながら、自分の利益のために、海外に行動する中国は”good news”
    と考えるべきであろう

     

     

     

    追伸  (^^♪

     

    最近アフィリエイトの無料教材を見つけたので紹介します。

     

    無料で使えますので興味のあるあなた、

    検討してみてください

    損はありませんよ

    ⇩⇩⇩

     

    コンテンツマスター塾ZERO2

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM