自己責任は嫌いです、万引き家族の面倒見てください。

0

    映画が封切られる前からネットウヨからいろいろ文句言われている。

    パルムドールを取った映画を見ないで文句言ってるんだ。

    万引き家族の柴田家はおばあちゃんの年金を当てにして、

    おばあちゃんの家に転がり込んでいるわけではない。

     

    「万引きで生活を立てている家族など日本にいない。」

    「年金の足りない部分を万引きでカバーしてるやつなどいない。」

    日本人は清く美しいはずだ。

    とか非難されている。

     

    映画では、父柴田治(リリーフランキー)は、日雇い派遣をしている。

    母信代(安藤サクラ)は、クリーニング業にきちんと勤務している。

     

    映画の描写は、おばあちゃんの年金に頼っている生活ではない。

    年金の不足分を万引きするような生活ではないのだ。

     

    ただ、今の日本のようである

    父が怪我をして働けなくなると、その間は休業補償はない。

    日雇いだから有給も使えない、労災もでない。

     

    母も会社の経営が危なくなると一等最初にリストラで弱者が狙われる。

     

    「日本は経済不況で階層間の両極化が進んだ。政府は貧困層を助ける代わりに失敗者として烙印を押し、貧困を個人の責任として処理している。映画の中の家族がその代表的な例だ」。

    「数年前に、日本では亡くなった親の年金を受け取るために死亡届を出さない詐欺事件が社会的に大きな怒りを買った。

    はるかに深刻な犯罪も多いのに、人々はなぜこのような軽犯罪にそこまで怒ったのか、深く考えることになった」

    是枝監督中央日報のインタビュー   引用

     

    c1ef72a7d7cd922a copy

    安倍首相の長い政権の結果、

    格差が激しく開き、家族の崩壊、使えないセーフネットにより貧困の拡大、

    社会から相手にされない貧困層や弱いものが拡大増加した。

    日本社会の得意な、大好きな、

    「自己責任」による弱い者いじめ。

     

    自分がだらしないから、いい大学にも行けねーんじゃん

    いい会社に入れないんじゃん

    困っている人をみると「自分が安心できる」と

     

    自己責任じゃなく、助けてあげろよ

    日本人

    いじめとかやっているから、日本が中国に乗っ取られるんだ

    日本人は団結してほしい。

     

     

    そのような人が、家族にどうのような影響を及ぼしているのか

    見せているのが

    この

    「万引き家族」

    だ。

     

    今上映しているので見れますね。

     

     

     

    そのような社会的弱者の方

    この塾で、コンテンツマスターを(アフィリエイト、ネットのビジネス)

    コンテンツマスター塾で収益の上げ方を取得し

    この暗い日本を生き抜きましょう。

    生活保護も削減されている今

    この技術は必要です。

    コンテンツマスター塾ZERO2

     

    無料の教材をダウンロードできます。

    査収してみてください。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM