家庭が機能しない事態が何故発生するのか

0

    家庭の機能がなくなるとは、ギャンブル依存症やアルコール依存症、暴力DV、夫婦の不仲によって家庭が崩壊することをいう。

    皆が、絶対にそうならないとは言い切れない。
    今の時代はありうるの事です。
    昔は家族のみんなで個々を敬う家庭環境があったが
    今はそうじゃないんだ。

     

    子どもは親の背中を見て育ちます。崩壊した家庭は子供がまた同じことを繰り返してしまいます。

    又は、他人と親しくなろうとしても、その術を家族に聞くような環境がなくてはならない。

    例えばギャンブルにのめりこんだ親が不安定な精神状態であると、暴言、暴行がまかり通ってしまいます。

    家庭が機能しないということにならないよう、機能するように意図して努力する必要がある。

    時には、うつ病などの疾病になりやすい可能性もあります。

     

    言い換えれば、自分に自信がなく、物事に積極的に取り組めない。

    家族が生きる今の時代は、環境がドラスティックに変動しています。

    もし、親がアルコール依存症だったら、自分もアルコール依存症になりやすい、

    また親から暴行を受けて育った子どもは、結婚したら妻にそうした傾向を持つ相手を選びやすい傾向が知られています。
    このような家庭が機能しないなど自分には関係ないと思う人ばかりだと思いますがそうではないのです。

    家庭が機能しない事態を精神医学的から詳しく述べます。

    現代のストレスの多い環境のなか、心の健康をキープすることは多くの方にとって最重要課題になってきている。

    親の悪行を連鎖してしまう危険性はしっかり認識したい。

    この後遺症も家庭が機能しないという深刻な問題ですが、もう一つ重大な事項として、
    家庭が機能しない家族は次の世代に連鎖しやすいという特徴があります。

     

    こども時代において、家庭が精神的にも快適な環境でなかったなら、それはその人に後々、さまざまな悪影響を及ぼす。

    人生の逆境の時、家族の暖かい笑顔や励ましは困難に立ち向かう大きな支えになるのです。

    どの家も自分の家と同じで、家庭と自分の家しか知らないので、家はそんなものだという認識になる。
    家庭で起こっていることは、自分のせいかもしれないと認識に混乱が生じる。
    面倒な事を考えたくないとかの無気力、無感情が発生する。
    家庭で発生した怒りや憤りの感情で、家の外で問題を起こしてしまう
    自分が頑張らなければという観念が強迫化して「家庭が機能しない」
    連鎖傾向が子ども時代の「家庭が機能しない」だった時、
    成人して家を出たあとも、その後遺症を持って、
    出ていってしまうのではないでしょうか。

     

    自分は、親の暴行を沢山受けた「家庭が機能しない」という認識は

    自分にはあっても、兄弟にはなかった。

    後遺症をもって確かに新しい家族を持ったが

    子供に対する接し方は

    今考えると

    全く

    父親の振る舞い(暴力はなかったが)に近いものであった。

    と反省する。

    心の後遺症を残さないように

    子供を育てるべきだろう。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM