女性の心臓疾患で亡くなる確立が高い

0

    アメリカ疾病対策センター(CDC)によると、アメリカ人女性の4分の1が心臓病で亡くなるようです。

     

    兆候を見極めする。 

    女性の心臓発作の兆候は男性とは同じでない。
    心臓発作経験のある女性の43%は胸の痛みをまったく感じない。

     

    極端な疲労感。

    「心臓発作前の数日もしくは数週間に、女性の70%が消耗感、インフルエンザのような疲労困憊感を経験する。
    夕食を作っていたり、ノートPCを持ち上げたりしたときに突然感じる。
    注意すべきほかのサインは、大量の汗、吐き気、めまい、息切れ、不眠、不安感に加えて、

    胸骨、背中上部、肩、首、あごの軽い痛み。
    もしこの中のどれか、もしくは全部があったら救急車を。

    心臓発作からの生存率は3時間以内に必要な処置を受ければ23%、1時間以内なら50%に改善します。

     

    血圧を下げるアクション

     高血圧は心臓発作と脳卒中のリスクを押し上げる。
    動脈瘤、認知機能の低下、腎不全にとどまらない。
    多くの人は投薬なしで自然に血圧を下げることができます。
    瞑想とヨガ、定期的な運動、アルコールの制限、減塩は効果があります。

    食生活で体に悪いものを排除しましょう
    ご心配なく。物足りない思いをせずに心臓をいたわることは可能です。何を避ければよいのかといえば、

    「たくさんの砂糖、塩、動脈を詰まらせる飽和脂肪酸、トランス脂肪酸です」。
    ソーダ、肉類、チーズの量は最低限に。

    動悸・息切れのイラスト

     

    月曜は肉断ちの日に

    オックスフォード大学の研究ではベジタリアン食は心臓病での入院
    もしくは死のリスクを3分の1に減らすそうです。
    また、その研究によると、肉を食べない人は心臓病の可能性を減らせるだけでなく、がんや食物由来の病気にもかかりにくくなるそうです。
    「リスクの違いの多くはおそらくコレステロールと血圧の影響が原因。
    心臓病予防での食事の重要性がわかります」。
    他の研究では、野菜や果物中心の植物ベースの食生活なら、肉類は少なめにすると身体によいそうです。

     

    間食を考える

    間食については、 自動販売機やコンビニに行かなくてもいいように
    ”自分専用軽食キット”を作ってみる。
    夜か朝は、カット野菜かカット果物、もしくは炒ったポップコーンなどをジッパー付きの袋に詰めて用意する。
    ピーナッツバターやアーモンドバターの瓶をオフィスの引き出しに入れる。
    ニンジンかリンゴスライスを食べるときに使います(ピーナッツバターは大さじ1、ナッツ類のバターは大さじ2まで)。
    ピーマンやベビーキャロット、ブロッコリーに付けるためのフムス(ヒヨコ豆のペーストと調味料を混ぜたもの)を

    職場の冷蔵庫に保管する。

     

    もっと運動する

    10分でできるエクササイズならできるはず。
    2012年のアリゾナ州立大学の研究では、10分のウォーキング3回は、30分続けての散歩より血圧を減らし、

    それを9時間以上キープする。

     

    女子会をする

    友達は良い薬です。
    カルフォルニア大学サンディエゴ校の研究では、女性はより大きいつながり、
    より支え合うつながりに身を置いているほど、体重過多、喫煙、高血糖、高血圧になりにくくなる。

     

    ストレスを解消する

    穏やかに過ごすにために、エクササイズ、熱いお湯につかる、
    友達や夫婦などの時間、ひとりの時間。

     

    モチベーションを上げましょう

    なにかひとつ、いちばん大事だとしたらこれ。やる気のでるモットーを作る。
    状況が困難になってきたら、父からよく言われていたことを自分に言い聞かせてみて。
    「他人にとって困難なことこそ、自分にとってよいこと」。
    この言葉が、めまぐるしい日々を支える。
    (MEDIAGENE INC参照 引用)

     

    まとめ

    アメリカの女性の場合を言ってますが、国は違い、食生活も違うが、日米は食生活も接近してきた。

    参考になるでしょう。

    自分が参考になったのは、間食のところだ。

    自分で袋に間食するものを持って行くというのがよかった。

    野菜、果物のこま切れを作るという事か。

    それと運動、10分づつ3回がいいようだ。

    現在、スマートコアで筋トレしていますが

    1回につき333〜334回、10分を3set毎日実施しているが

    これはこれでいいみたいだ。

    これやると確かに血糖値は落ちるんだ。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM