パイロットになりたくともなれないことがある。

0

    飛行機に対してパイロットが足りている状態が続いてきたと思う。

    しかし、今はそうではなくなってきた。

    格安航空会社が乱立し、いままで暴利を貪っていた航空会社の経営不振となり

    利用者にとっては、格安で海外移動できる

    すばらしい環境になってきた。

     

    パイロットになるメリット

    1.給料が高い

    2.社会的地位が高い

    3.その他

     

    1.給料が高い

    給料が高いというが、単なる運ちゃん、別に給料を高くする必要はない。

    飛行機で移動するだけで高額な料金をふんだくるのはおかしい。

     

    2.社会的地位が高い

    単なる運ちゃんが高給取ってるだけで、社会的地位があるのはおかしい。

    運ちゃんAでいいではないか。

     

    3.その他

    とはいえ、過去の戦闘機乗りにあこがれを抱くもの、民間の旅客機の運転手にあこがれるもの人はいる。

    その憧れを満たす存在というメリットがパイロットだ

     

    誰でもパイロットにはなれない。

    一番最初に身体的基準をクリアしないとなれない。

    細かい基準はあるが、特に身長がある。

    昔は160cmとかのハードルがあった。

    民間航空会社の自社養成パイロットの基準は厳しい。

    次に心理的適正もある。

     

    だれでもパイロットになれるものではない。

     

    自分が言いたいのは、適性があるのに、パイロットを目指すことを職業の選択にしてない人で

    適性を確認して選択してほしい。

     

    だれでも適性があるわけではない。

    「自衛隊無料写真戦闘機」の画像検索結果

    自衛隊はお金もかからず国のためになるパイロット養成している。

    是非心ある諸兄にチャレンジしてもらいたいものだ。

    自衛隊パイロットは158cmの身体的適正である。

     

    http://i4702.com/?eid=2127

     

    2018年は7月から募集開始だ

     

    もったいない

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM