仮想通貨の使用は売却益を記録する

0

    仮想通貨の売ることは抵抗にあうのか?

    昨年仮想通貨が高騰して

    億万長者を大排出したとのこと

    実際はどうなのんだろうか?

     

     

    仮想通貨のイラスト(仮想)

     

    2017年のビットコインを始めとする仮想通貨が高騰した。

    1億円単位の資産をゲットした人が沢山増えた。

    しかしこれは、今の市況の評価額の1億円の資産で、日本円の確定した1億円ではない。

    今マーケット価格の時価評価は、実現益ではなく、評価益です。

    そんな評価益1億円を持っている人はかなり羽振りのいい生活を

    送っているように見えるが、実際はそうでもないようだ。

     

    資産は爆発的に増えている、また、価格変動は激しい。

    この資産が、十分の一とかになってもおかしくありません。

    いつ夢物語なるか、不安でいられません。

     

    だったら売却すればいいのではないか?

    もし売却すれば、利益が確定し雑収入として確定申告が必要なのです。

    1億円であれば、最大で45%の税率(住民税込みで55%)

    5,500万円課せら、4,500万円しか残りません。

    とはいえいくら元手か分かりませんが、4,500万円手にできるではないか。

     

    https://jpbitcoin.com/about/history_price:出典

     

    ところが、仮想通貨はこれからもっと上がる憶測が強く、

    今、利益を確定してしますと将来上昇する評価額があり、確定したくない

    という心理が発生して現金にしないようだ。

    2億円の評価益を目指し継続保有の人がほとんどのようだ。

    何分、確定しなければ実現益が投資元手より損することはないのだから。

    損をするのは、損する確定益にした時であって

    確定しなければ損はしない。

    仮想通貨の中には、普通の店舗で使えるところの通貨もあります。

    仮想通貨で購入するといろいろ面倒です。

    仮想通貨を使うたび、仮想通貨をいくらで買って、買った時の市場価格がいくらだったか

    すべて記録して計算しなくてはならず、非常に煩わしいのです。

    そのような、売却益の計算が必要で、20万円以上の買い物の場合

    確定申告の対象になります。

    こんな風に、仮想通貨で巨大な利益を得たにもかかわらず、

    評価益で記録しているに過ぎない人は、

    毎日毎日の相場変動に悩まされ続けなければならないのです。

    けして優雅な生活を送るどころか市場変動に翻弄される

    生活になってしまっているようです。

    ストレスだらけの生活みたいですね。

    1億円の資産と言っても、バーチャルの世界です。

    仮想通貨の高騰でハッピーになれるかどうかは

    今後の相場展開と気持ちの持ち方にかかっています。

    いまのところ、売るにも売れない仮想通貨のようです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM