中国人高校留学生、日本の高校に中国国歌が流れる

0

    日本版の海兵隊にオスプレイを日本に配備しようとしたら。

    住民の反対運動だ。

    自分は、もう日本人は憲法を守り、自分から国を守る気はないと判断する。

    中国人に対しても、農業の研修生は受け入れるわ、もう中国人なしでは日本で農業できない状態になっている。

    実際トラックの購買業務を中国人がやると、日本人の抵抗を受けるようだが。

    憲法はもう変えたくない、周辺諸国、世界と仲良くしていれば

    軍隊など必要ないという考え方が広がっているように思える。

    もう一ついい例が

    中国メディア・今日頭条は26日、日本に生徒の9割が中国人という高校が存在するとしたうえで、日本のネットユーザーの反応を紹介する記事を掲載した。

     記事は、先日NHKのニュース番組の中で「人びとを震撼させる内容」が放送されたとし、宮崎県えびの市にある私立高校を紹介。生徒の9割が中国人で、校内で中国の国歌である「義勇軍進行曲」を歌い、学校からお小遣いまで支給されるのだと伝えた。

     この学校ではかつては日本人生徒がほとんどだったが、少子化で入学者がどんどん減っていったため、日本の大学に留学する意欲のある中国の生徒を集めて中国国内の系列校で2年間、日本で1年間学んでもらい、日本の有名大学への進学を目指すという方式を採用するようになったとのことである。

     記事はまた、この私立学校のケース以外にも「人口の過疎化に対処すべく、一部の自治体で外国人留学生を頼みの綱にしている。自治体が日本語学校を開いて留学生を集め、お小遣いまであげるのだ」としている。

     そして、状況に対して日本の一部ネットユーザーからは「これは平然と報道していていい問題なのか」、「労働力だけでなく、生徒の確保も外国人頼みって、日本は一体どうなってしまったのか」、「国防問題にならないのか」など、不安を示すコメントが出たことを紹介した。

     中国のネットユーザーは、「日本にある怪しい大学や専門学校の学生はみんな中国人・・・」、「日本人を罵りながら、一方で子どもを日本に送り込む。中国の愛国者なんてみんな演じてるだけなのかも」、「日本を中国の省にしてしまえ」、「お金はあるけれど国内の名門大学に入れないから、お金を使って外国のいい大学に行こうとするんだろうな」といったコメントを残している。

    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180501/Searchina_20180501233.html 出典

    そう、もう中国人留学生抜きで高等学校は成り立たない。

    世界の人々はお友達だから、別に中国人が高校とか大学に来てくれ事には

    反対はない。

    逆に差別しないのが当たり前だ。

    人を差別してはいけない、人はお話合いですべて解決できるんだ。

    というのが正論になっているような気がする。

    だから安倍首相が憲法改正をしても失敗する。

    日本人はいまさら軍事教練を特殊な人除いてやらないよ。

     

    国防意識は、ないといっていい。

    それは誰かがやってくれると思っている。

    しかし、有事には誰も武器を取って国防をする日本人は一部の特殊な人たちだけだ。

     

    このような9割が中国人のような高等学校を増やし

    まるで中国の一部のような国になってしまえば

    日本は侵略などされないないのかもしれない。

     

    それは当面仮想敵国が中国だから。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM