一生働き続ける、金持ちも働き続ける、変だ

0

    平均寿命は4年連続過去最高を更新した。
    「人生100年時代」といわれる人の一生で、年金制度は破綻のリスク
    から抜けられない。
    いまや、定年後も働き続ける事は当たり前になっている。
    死ぬまで働き続けるあいかないのか?
    そんな時代の100才で死ぬまでの生き方は?

    おばあさんのイラスト「笑顔」

    妻と一緒にガスメーターの検針をする。

     今年で75歳になる槙田勇次さん(仮名)は、10年前に会社を退職し、52歳になる妻とアルバイトをする。
    「今の仕事はガスメーターのチェックとポスティング。健康のために自転車や車で移動し、およそ月300軒を1週間ほどで回ります。妻はほかに化粧品会社の工場でアルバイトをしているので、月収は二人で大体20万円弱」だと。

     これに年金月20万円を合わせると、月収は40万円ほどで、貯金は2000万円。住んでいる3DKのマンションは数年前に一括で購入しているので、ローンもゼロ。


    何で働くのか?

    「今の妻とは再婚なのですが、高校生になる連れ子がいます。子供のこれからの教育費や、妻の老後も考えると貯金には手をつけられません」と槙田さんは語る。
    子供のことななどお金など残す必要はないと思うが
    下手に金あげるとろくな人間にならんと思う。

    「僕は、30歳目前でサラリーマンをやめて、健康食品・器具の会社を設立したんです。折しも世間は健康ブームやバブルが到来し、業績は右肩上がり。当時の最高月収は300万円を優に超えました。結婚して娘も2人生まれ、すべてが順調でした」

     また、居酒屋やスナックの経営も同時に行い、月収は常に3桁をキープ。都内に土地込みで1億円近い豪邸を建てたが、次第に歯車が狂っていった。

    「忙しすぎて家庭を顧みなかったことが原因で離婚し、家は8000万円で売却。娘のために4000万円を養育費として払い、残りはローン返済に充て手元にはほとんど残りませんでした」


    どっちにしろ金持ってるやつの話やん。

     それからはコツコツと貯金をし、60歳で巡り合ったのが当時37歳だった現在の妻だという。

    「子供の養育費についての不安はありますが、貯金になるべく手をつけずに、今の収入で贅沢をしなければなんとかやっていけるかなと思っています。今も子供を塾に通わせ、年に一度は国内旅行に行く余裕もあります。ひとりで老後を迎えて働かずに悠々自適の年金生活を送るよりは、仕事が多少大変でも、家族がいて、家族のために働ける今のほうが幸せだと思えるんです」

     

    そうかな?

     「このまま走り続けることができれば、幸せは維持できる」と呟く槙田さん。

    「妻がまだ若いので安心ですが、今後の課題は自分が寝たきりにならないこと。子供は大学まで行かせたいし、家族の負担にだけはなりたくないので、自分の健康状態を常に把握し、小さな幸せを守り続けるためにも働ける限り働き続けます」

    全速力で走り続けると
    必ず衝突します。
    子供の為とかにお金を使うの、あるいは残すのであれば
    やめて、残り少ない人生、自分のために使うべきではないか。
    「沢山お金残してくれたおっちゃんありがと」
    とは行かないと思うよ。

    余り切ってるお金であれば
    「どう使おうが俺の勝手だ
    うるせー」
    で終えありだよな。

    週刊SPA!7月24日発売号「[死ぬまで働く]入門」特集より

    https://nikkan-spa.jp/1495646/2;出典


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM