パン屋アルバイトの内容とは

0

    パン屋でアルバイトをする時は、アルバイト先の店舗の形態で仕事の仕方が変わる。

     

    アルバイトをするパン屋が、個人経営の時


    早朝にパンを焼き、夕方はパンを仕込む。
    アルバイトの時間帯は普通、開店少し前から閉店までです。
    仕事は、調理パンを作ることや、開店時からはパンの販売です。

     

    トレイに乗ったパンとトングのイラスト

    フランチャイズ店の場合


    工場からパンの出来上がった生地が届きます。
    販売店では発酵や成形をして店に並べます。
    このケースは、百貨店やスーパーなどで、この販売方式をとっているところが多いのです。
    フランチャイズのパン屋アルバイトは、パンの販売メインの仕事です。
    ところが、食パンをきちっと均等に決ったまった枚数に一斤ずつ切る
    こともアルバイトの仕事なんです。
    アルバイトといったって、リスクはあるんです。
    慎重さと緊張もまた、フランチャイズ店では必要です。
    フランチャイズ店は、ケーキ類の販売もします。
    また、店先での焼き立てデニッシュパンのを販売もアルバイトの仕事です。
    店内の清掃も然りアルバイトの仕事です。
    パンのディズプレイもアルバイトの仕事なんです。
    立ち仕事がメインなので体力も必要です。
    お客様が使用したトレイやハサミの管理もバイトです。
    バイトの仕事はシフト制で、土日働けることがキーポイントになります。

     

     

    まとめ

    パン屋さんのアルバイトというと

    パンの製造の方のイメージは薄いですね

    パン屋のアルバイトは、販売がメインになるのでしょう。


     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM