自動車保険の種類って

0

    自動車保険は沢山の種類がありますが、
    大きく分けると種類は、二つに分けられます。
    強制保険といわれ誰もが加入が必要な自賠責保険、個人の自由な意志で加入する
    任意保険です。

    保険証券のイラスト

    自賠責保険

    強制自動車保険で対人賠償保険と対物賠償保険で構成されています。

    しかしながら、保証額は最低限となります。

    なので、この保険だけで賄えない場合は、任意保険が必要です。

    任意保険は自賠責保険の保証を超えた分に対して補償されるものです。

    この自賠責保険は4輪自動車に限らず、2輪のバイクに対してまで加入の義務があります。

     

    任意保険

    自動車保険の中で多くの種類があります。

    自動車保険会社においても、少しづつ違いがあります。

    自動車保険の任意保険の中には、自動車事故で他人に怪我をさせたり、死亡に至らせたりした場合

    高額な補償費用が用意されている対人補償があります。

    その他高額な物を破損させて弁償費用として対物賠償保険があります。

    また、事故時、自分も含め同乗者全員の搭乗者を補償する搭乗者傷害保険、

    自分のクルマの補償としては車両保険があります。

    車同士の事故時、その事故の過失割合に応じ保険金が支払われます。

    けれど、車両保険の中には、人身傷害補償保険のように車対車の事故時、事故の過失割合に関係なく

    すべて搭乗していた人を補償する自動車保険もあります。

     

    総合保険

    最近では、自動車保険を総合保険として扱う自動車保険会社もでてきました。 

    自動車に乗っている時だけでなく、道を歩行中に会う交通事故にも対応します。

    このような自動車保険は、保険会社の取り扱いが違うので詳しく調べてみることが必要です。

     

    自動車任意保険の保険の組み合わせ分類

    一般的に、自動車保険は、対人、対物、搭乗者に対する補償がセットになっているものがあります。

    これをPAPといいます。

    PAPは対人の事故だけに対して示談交渉をしてもらう事が出来ます。

     

    次にこのPAPに車両保険が付いたセット保険がSAPです。

    これは、車対車の事故に対しても示談交渉をしてもらえます。

    さらに、このPAPやSAPのほかに、BAPという保険ができました。

    これは、セット保険でなく、対人賠償を基本とした保険です。

    BAP加入する人は、別に搭乗者保険や対物保険等つけていなければならない。

    ただし、BAPは、示談交渉はありません。

     

    最後に

    自動車保険は、一括払いを自分は毎年していますが

    最近は弁護士費用を付加しています。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM