退職後の医療保険はどうなっているのでしょうか?

0

    企業などで仕事している人は、勤続中はその会社の健康保険に加入します。

    公的医療保険の、心配の必要はありません。

    民間医療保険に任意で加入をしておけばさらにokです。

    しかしながら、ここで取り上げたいのは、退職後の保険なのです。

    定年のイラスト(男性)

    退職者医療保険は、会社を退職した人と扶養家族が加入できるものです。

    各市町村が運営する国民健康保険の中の一つの制度です。

     

    加入する為の条件というものは、老齢厚生年金の受給権保有者であること、

    厚生年金保険と共済組合への年金加入期間が20年以上であることや、

    または40歳以降の加入期間が10年以上であることが必要です。

    また老人保健の適用外であることも必要です。

     

    この医療保険の保険料は、国民健康保険と同額になってます。

    医療保険の自己負担率も3割です。

    一般の国民健康保険と比較しても相違ありません。

     

    この医療保険に加入する時は、年金証書が届いた翌日から14日以内に、

    居住する市区町村の担当窓口で手続をすると、資格の確認後に「退職者保険者証」が交付されます。

     

    現在、社会で問題になっている後期高齢者医療制度が導入されたことにより、

    既存の退職者医療制度は平成20年4月をもって廃止された。

    しかしながら移行措置として、平成26度までの間、65歳未満の退職者に限って

    今までどおりの退職者医療制度を存続させることになっています。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM