任意継続被保険者制度と国民健康保険はどちらが安いのだろうか?

0

    会社に2か月以上勤務し健康保険に加入していた人は、退職後も、2年間と言う期限付きで、

    その会社の医療保険への加入継続ができます。

    この制度は任意継続被保険者制度というものです。

    その条件

    ^貳姪に退職して会社の保険の被保険者の権利を失った日から遡って、継続して2ヶ月以上その保険に加入していること。

    △修瞭から20日以内に届出を行う。

     

    任意継続被保険者制度での保険料は、

    会社の負担分であった(5割)ものを自己負担をすることになる。

    それまでの倍額になります。

    しかし、支払うべき保険料には上限が設定されています。

    在職中や国民健康保険に加入するよりも安くなる場合もあるんです。

    保険証のイラスト

     

    1つの会社を退職して、次の就職先の医療保険に加入するまでの期間に対する保険の入り方

     

    々駝鰻鮃保険に加入をする。

    任意継続制度を利用する。

    2搬欧加入する会社の医療保険の被扶養者になる

     

    などの選択肢から選ぶことができます。

     

    退職後も医療保険には加入しなければ不測の事態に対応できません。

    どの医療保険に加入するのが最善か自分の経済状態においてどれが安いか、2年間で熟考しておきましょう。

    会社とか社会保険事務所、健康保険組合などに相談してみてもいいと思います。

     退職後の医療保険は、社会の高齢化もあって、本当に重要な問題であり

    生き続けるための、ライフラインなのです。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM