恋愛は日本を救う行為だ。

0

    日米貿易協定のお話合いが終わった。

    日本車の関税を付加する件は本気でやるだろう。

    日本、ドイツから車が怒涛の如くアメリカに輸出されていく。

    アメリカのクルマ業界は火の車だ。

    余りにもバランスが悪い。

    一方的にアメリカに売上を利益を頼より過ぎだ。

    アメリカのクルマに従事している白人は頭にくる話だろう。

     

    本当は、日本人が人口が増えてアメリカに売るのではなく

    内需で賄えるような体制を作るべきではないか

    無理だとしても。

     

    すべて人口問題だと思う。

    若者が結婚して産めよ増やせとやらないと

    本当に悪循環に陥る。

    日本は真剣に人口を増やすことを考えていない。

     

    必死こいて、子供を作らないと

    日本人がいなくなるぞ。

    真剣に子供作りを考えてない。

     

    今の若い子は、恋愛もできない子が沢山いるという。

    今の時代、一人で生きて行けるようになっている。

    コンビニはあるし、

    ご飯もパックを買ってくれば、電子レンジでチンすれば

    ご飯を炊く必要もない。

    総菜もコンビニでも買えるし、ホットモットとかスーパーとか

    たまには、友達とレストランに行けば栄養補給はokだ。

     

    そんな中、下野新聞で

    街コンの記事を見た。

    合コンのイラスト「ビールで乾杯」

    6 街コンは日本を救う

    私は,街コンを国の施策にするべきだと考 えている。これはかなり本気で,である。大 量の「出会い難民」を生み出してしまったこ の社会はどこか歪んでいる。愛する相手を捜 すこと,生涯のパートナーを見つけたいと願 うこと,子孫を残したいと思う気持ちは生き 物の根源的なものであるはずだ。しかしそれ が希薄になっていると言わざるを得ない。何 より社会全体でそのことへ取組むことへの必 死さが感じられない。 恋愛はすべての行動の原動力になる。おし ゃれをする,共に食事をする,旅行をする, 相手の喜ぶ顔がみたくて背伸びをしたくなる, 現状以上を望むし,相手の想像以上のことを してあげたいと考える。それらはすべてが消 費行動につながる。恋愛の効用だ。恋愛の衝 動に伴う消費行動の代償として,今まで以上 に仕事に励む,つまり生産性も向上する訳で ある。 恋愛のその先には結婚がある。家庭を持つ ことで,今迄1DKにパソコンとエアコンと電 子レンジがあれば充分だった生活が,2LDK でも狭くなる。マンションを買い,家を建て るなんてことになる。車だって軽自動車や原 付バイクだってよかったものが1ボックスや セダンを買うことになる。結果,内需拡大だ。 子どもが生まれたら,それはもうすべて内需 である。もう生まれたのは,子どもなのか内 需なのか分らないぐらいなのだ。しかし,子 どものためならそれが頑張れるのだ。そろそ ろ嫁の為には頑張れなくなっていたとしても である。子どもの為ならば必死の努力で日本 の生産を引き上げることができる訳である。 街コンは現代の村祭,出会い難民の救済所。 出会いの濃い培養液の中で効率よく出会い, 恋をしてもらい,日本を明るく楽しく救おう と考えている。愛は地球を救う。恋愛は日本 経済を救うのである。

    http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/009/231/machikon.pdf 出典

     

     

    自分が危惧していたことのすべてが書いてあった。

    なんとか若者に恋愛の喜びをもってもらい

    成婚し、日本の未来の為に、この街コンですべきと。

    でも、そう簡単ではないようだ。

    魅力のない人は、出会いがあっても、成婚までたどり着かない。

    人には好みがあり、それぞれ個性のマッチングは難しいものがあるのだろう。

    すべてがイケメン男子でなく、すべてがいい女ではない。

    困った問題なんだな。どうしようもないのか。

     

    少子化の原因は

     

    日本の少子化の要因は、結婚した夫婦が子どもを多く産まなくなっていることにあるのではなく、結婚しない人の割合が増加したことにある。

     

    要するに、夫婦の子ども数を増やすことを企図した少子化対策よりも、結婚する人が増えるような対策を行うことのほうが9倍効果があるのである。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53083?page=3 出典

    ハッキリ言って子供作ることに関して

    真剣さがない。

    子供作れと叫んだら、袋叩き似合う日本だ。

    セクハラだと言われてしまう。

    こんなことでは、だめだ。

    本気になってない。

    この危機に少子化担当大臣は何をしているのだろうか?

    同性愛を推奨していてもいいが、

    子供作りも推奨してほしい。

    以上。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM