低レベル放射性廃棄物はどこに埋めるのか

0

    低レベル放射性廃棄物の処分場が決まりそうだ。

    日本原子力研究開発機構が、人形峠環境技術センター(岡山県鏡野町)にあるウラン粉末で汚染された低レベル放射性廃棄物を巡り、早ければ2022年度にも廃棄物を収めたドラム缶数百本を敷地内に埋設して安全性を検証する試験研究を始める方向で検討に入ったことが17日、分かった。事実上の最終処分となる見通し。

     低レベル廃棄物は今後、全国の原発で廃炉が進むのに伴い大量に発生する見通しだが、処分先は決まっていない。同センターと同様、各原発の敷地内で埋設する流れが加速しそうだ。

     センターは1957年発足。核燃料に適したウラン235の濃度を高める濃縮の研究を01年に終えた。

    https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/62866 出典

     

     

    人形峠って日本で唯一ウランが取れるところだ。

     

    原子力発電所で出た低レベル放射性廃棄物の各原発敷地内ので埋没が

    この後の流れになりそうだ。

    外国にこの廃棄物が売れないのか

    検討できるのかな

    無理か。

     

    各原発で埋没、福島のものも福島で、ということになるのか?

    東海村のものも既に一部埋めているようだ。

     

    この流れが加速していくのか。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM