発達障害の理解が足りないのではないか

0

    発達障害とは、生まれつきの脳障害です。

    薬では治らない、発症原因もそのメカニズムでさえ未だ分かってないのです。

     

    他人を怒らせて困っている人のイラスト(男性)

    発達障害の特徴

     

    一見して普通の人間と区別がつかない。

    障害が見えないのです。

    説明を受けても、障害とわからないものです。

    外見からすると、「ほんの少し変わっているな」くらいしか感じません。

    発達障害は、そのように誤解を招きやすい障害なのです。

    見るだけでは、分からないので

    どうしても、なにも知らない人には誤解しか生まないのです。

     

    発達障害の子は、純粋で正直なのです。

    その正直が故に、誤解を招き相手を怒らせてしまう。

    この子たちに悪意はありません。

    ただ曖昧な表現ができない、曖昧な表現でその場を取り繕う能力に欠けます。

    曖昧なことをお茶で濁すのが苦手なのです。

    正直に生きていくのは、社会生活において非常に難しい事です。

     

    発達障害の子供たちには、「嘘も方便」が通じないのです。

    発達障害の子達には、白か黒しかありません。

    発達障害は「100人いれば100通りの症例がある」と言えあれるくらい多様化しています。

     

    知的障害を伴うもの、知的障害がないもの。

    精神遅延を伴うもの、精神遅延のないのもの。

    の発達障害があり、判断がつかないグレーな部分があるのも

    発達障害の特徴です。

     

    発達障害の書籍など↓

     

    発達障害の改善と予防 家庭ですべきこと、してはいけないこと [ 沢口俊之 ]

     

     

     

    発達障害の子どもたち (講談社現代新書) [ 杉山登志郎 ]

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM