ダニを見たことがありますか

0

    ダニって見たことありますか?

    普通は目にしないでしょう。

    布団とかまくら、ベッドにいるという。

    それでは実際にどこにいるか見てみましょう。

    実際家にいるダニの大きさは0.4mmくらいと言われています。

    肉眼では見えない大きさですね。

    顕微鏡とかルーペで見れます。

     

    コナヒョウヒダニ

    よく自分たちの住んでいる環境で見られるのが「コナヒョウヒダニ」で

    チリダニとも呼ばれています。体長は0,2mmから0.5mmの大きさです。

    定規で比較すると、そのスケール目盛り1mmの半分くらいの大きさです。

    確認できる大きさではあります、その小さな白い点は動き出すので

    それがダニ、です。

    吸血鬼のダニではなく、単なる小動物くらいとし

    見逃してしまいますね。

    布団、カーペットなど、埃が溜まる場所に住み着きます。

     

    ケナガコナダニ


    次に多いのが「ケナガコナダニ」で、この体長もおよそ0.3mm〜0.5mmと、

    コナヒョウヒダニと同様のサイズです。

    夏に畳の上などで大発生することもあり、それは、小麦粉をばらまいたようです。

    よく見ると、このダニがうじうじと動く白い点なのです。

     

    イエダニ

    「イエダニ」の画像検索結果
    コナヒョウヒダニ、ケナガコナダニよりも大きいダニがいます。

    それが「イエダニ」です。

    体長は、0.75mm〜1mmとかなり大きいいです。

    肉眼ではっきり視認できます。

    イエダニは血を吸うと色が白から赤に変わります。

    このイエダニはネズミに寄生するんです。時には人に吸血し、咬まれると痒くなります。

     

    フトツメダニ


    痒くなるダニの代表といえばフトツメダニがそうです。

    ツメダニとも言います。痒いダニで有名なんです。

    このダニって、コナヒョウヒダニやケナガコナダニを食べるんです。

    人には吸血しない。咬むことはあります。咬まれると、

    咬まれたところは数時間から数日後に炎症を引き起こす。

    建築後2〜3年の、コンクリート住宅で、気密性が高い建物でよく見られる

    もしあなたが、「ダニを肉眼で見たい」と思うなら、畳を上げるか、カーペットをはがすと

    ダニを見ることができるでしょう。

     

    カイセンダニ

    toku15b

    ヒセンダニともいう

    体長は0.4mmで肉眼では見えずらい。

    ヒゼンダニが人の皮膚の表面に寄生すると、激しいかゆみに襲われる皮膚病を発症する、

    人から人へ感染するものです。

     

    まとめ

    体長が1mm以下のダニで見つけるのも大変です。

    0.5mmとかあれば肉眼でも見えるでしょう。

    咬まれると後々厄介なダニです。

    ダニの姿を頭に入れておきましょう。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM