教員採用試験とはどのようなものでしょう

0

    教員採用試験は、教員になるための採用試験です。

    教員採用試験はいろいろな学校で実施されています。

     

    たとえば、教員採用試験は採用が増える傾向となっており、競争率が下がっているんです。

    教員採用試験は、地域差がある。

    地域によって採用数や競争率は違っているんです。

    教員採用試験の競争率は、小学校の採用者が増加しており、中学校の教員採用試験の

    倍率も10倍ほどになっている。

    教員採用試験を受けるには、計画を立て準備勉強をすることが肝要です。

    教員採用試験は学校によって内容が違います。

    公立の場合、教員採用試験は代替4月上旬がら6月中旬くらいに願書を出します。

    そして教員採用試験は、7月に1次試験、合格発表が9月中ごろまでに決まる。

    その後2次試験が実施されます。

     

    2次試験に合格した人は、最終面談が待っています。

    最終面談は、1月から3月までに受けて、赴任する学校が決定し教員になります。

    私学の場合は、教員採用試験は公立学校と違います。

    適性検査を受け、その後面接となります。

    教員採用試験は地域ごとに違っている、また私学と公立でも内容が違っているんです。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM