日経225オプションとは何でしょうか

0

    日経225オプションとは、日経225を原資産としたオプション取引をいう。

    日経225とは、証券会社で言えば普通、日経225オプションを指します。

    日経225オプションは、自分で決めた期日に、日経225を特定価格で売買する権利を取引します。

    オプションとは、「あらかじめ定められた期日(SQ算出日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決まった価格(権利行使価格)で売る権利(プット・オプション)または買う権利(コール・オプション)のことである。また、これらの権利にはそれぞれ買い手と売り手が存在する。権利の買い手は、売り手に「オプション・プレミアム」と呼ばれる金額を支払う。オプション取引はデリバティブ取引だが、オプションのペイオフを有価証券化して小口化したのがカバードワラントである。

    日経225オプション取引では、オプション権利の行使がSQ算出日にのみ自動的に行われる、ヨーロピアンオプションを採っている。Wikipediaより

    日経225先物に似ています。大きく違うのは、決済する価格や売買対象です。

    日経225先物は、満期日に現在の日経225で取引し、実際に日経225を売買します。

    これに対して日経225オプションは、売り買いの権利を取引し、投資家の指定金額で売買を成立させます。

    日経225オプションも、少額から取引可能です。

    それと、相場が停滞していても利益を追求可能です。

    さらに、レバレッジ効果も高く、少ない資金で大きな利益を上げられます。

    しかしながら、レバレッジ効果が高いという事は、リスクも高いのです。

    損益が出た時、資金の何倍もの金額が必要になります。

    ここは、日経225先物と同じです。

    ただし、オプションの場合は、損失を限定しながら利益を追求できます。

    ある程度の損益が予測でき、日経225先物よりは資金面のリスクは少ないでしょう。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM