学資保険の対象はだれか明確にして加入

0

    学資保険に関して、

    契約者、被保険者、保険金受取人の対象になる人はだれでしょう。

     

    説明を受けるカップル・夫婦のイラスト

     

    学資保険は、保険契約をしてお金を支払っている人を保険契約者という。

    普通親が該当します。

     

    ところが、保険会社によっては、祖父母が保険契約者になることができる契約もある。

    そして、学資保険の被保険者というのは、生命保険の対象者であるので、学資保険は子供になる。

    学資保険金の受取人は、保険金を受け取ることができる人ですから、学資保険では親になることが多い。

     

    しかしながら、学資保険で保険契約者と保険金受取人が相違するとき、贈与税がかかる。

    注意すべきです。

     

    学資保険の受取人が同じな時、食税の対象となる。

    ところが、学資保険は利率が低い、一時所得50万円の特別控除にあたる場合が多い。

    確定申告をしなくてはならないものでもない。

     

    普通の生命保険に比較すると、学資保険の対象になる人が誰なのか考えるのが難しい。

    学資保険の加入する前に対象を明確にして加入したほうが

    betterかと思われます。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM