死刑は廃止にしてもらいたいものだ

0

    人が国によって殺される時、人はどのようになるのか?

     

    罪を悔い、宗教により自分の罪を悔い

    あの世に旅立つ。

     

    という風になるのか?

    疑問だ。

     

    女の大臣が署名をして殺すことを命令した。

     

    法治国家だから

    それに従ったまでなのだろうが、

    その執行時の様子は

    相当気なった。

     

    国家による殺人って

    どんな感じなのだろうか?

     

     独房で目を覚ましたOは朝食をきれいに平らげた後で突然、

    刑務官に出房を促され、運命を悟ったのか思わず「チクショー」という叫び声を上げた。

     「O君。残念ですが、法務大臣から刑の執行命令が来ました。お別れです」

     拘置所長がそう伝えた途端、Oの身体が激しく震え出した。

     Oは激しく動揺し、「何をする。バカヤロー」と泣き叫び、

    刑務官が後ろから羽交い絞めにしてやっと目隠しをし、

    後ろ手に手錠をかけ、4人がかりで死刑台の上に立たせてロープを首に巻き付けた。

     執行直前、Oはブルブルッと身体を震わせて手足を力いっぱい突っ張り、ゴクッと生つばをのみ込んだという。

     

     

    この引用のように

     

    人はこのようになるのだろう。

    日常から非日常に移るとき

    人間の体は反応するんですね。

    死刑は廃止にしてもらいたいものだ。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM