防災情報提供センターの役割とは

0

    防災情報提供センターというものは、全国の災害情報を早く知らせる事を目的とします。

    災害が起こった時、だれもが必要で欲しがるのは情報なのです。

    災害の種類、規模、状況を速やかに正確なものを知りたいのです。

    非常用持出袋のイラスト

     

    気象庁によってこの防災情報提供センターは運営されています。

    気象庁は地震だけでなく、洪水、渇水、台風情報をリアルタイムで国民に提供しています。

    自然災害はいつやって来るか不明です。

    また人間の力では自然は対抗できません。

    しかしながら、そのような情報を知ることで被害を最小にできることはあります。

    防災情報提供センターのミッションは重要なのです。

    火山情報や地殻変動情報、活断層情報などがリアルタイムで提供しています。

    防災情報提供センターがこのような情報を速やかに報道することにより

    さまざまな災害の対応、備えができるようになります。

     

    防災情報提供センターには、道路情報もあり、災害による通行止め情報などが確認できます。

    また潮位情報により、海難事故防止にもう役位だっています。

    防災情報提供センターの情報を活用することにより、

    様々な自然災害の被害を最小限にとどめることに役立てましょう。

    自宅が心配なあなた、火災保険なども検討してみるべきでしょう。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM