持久力向上の運動とは

0

    体力トレーニングは、パワートレーニングと持久力トレーニングがあります。

    パワー系トレーニングは、最大荷重筋力を向上させるトレーニングが中心です。

    持久力系トレーニングは、最大酸素摂取量を増加させるトレーニングが中心となります。

    パワー系トレーニングは、短期ではできません。

    持久力系トレーニングはさらにさらに時間がかかるんです。

    クロストレーナーを使う人のイラスト

     

    それでは、最大酸素摂取量を増やすトレーニングってどんなもん?

    最大酸素摂取量とは、単位時間あたり体の組織が酸素を吸収する量です。

    この量が多いと持久力が向上するんです。

    そのような結果で長時間運動を継続することが可能となります。

    人の体は運動し始めると、体が酸素を必要とします。

    運動を継続し続けると、酸素の供給が追い付かなくなります。

    やがて有酸素運動から無酸素運動に変わっていきます。

    この変わり目を無酸素性作業閾値AT:Anaerobic Threshold(むさんそせいいきち)といいます。

    最大酸素摂取量のアップさせるためには、このAT値を基準にします。

    AT値レベルでトレーニングすれば、酸素の代謝も行われるので、乳酸も蓄積されず、トレーニングが可能です。

    その他にも筋力を長時間維持するためAT値以下でのトレーニングや

    逆に乳酸に対する体の抵抗を上げるため

    AT値以上での短時間の激しい運動を行う方法がある。

    パワー系トレーニングだけでなく持久系トレーニングも肝要です。

    有酸素運動のアイテムがいろいろあります、有酸素運動をして持久力をつけたいあなた,以下のを試そう


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM