安楽死ができるのはスイスだけだ

0

    今の仕事も、認知症になったらやめてくれと、会社から言われている。

    自分の本音は、

    確かに

    認知症になったらスイスで安楽死できるのだろうか。

    なってしまったら自分の意志ではない。

     

    安楽死のイラスト

     

    自民党が終末期医療の在り方を規定する新法作成の整理に入った。尊厳死・安楽死について国内の議論が大きく動き出そうとしている──。

     脚本家の橋田壽賀子さん(93才)は、昨年刊行した著書『安楽死で死なせて下さい』(文春新書)で、「認知症になったら人に迷惑をかける前にスイスで安楽死したい」と主張した。安楽死を求める日本人が「スイス」という国名を口にするのには理由がある。安楽死を認める国のうち「外国人の受け入れ」を許可するのはスイスだけなのだ。実は、スイスのある団体の統計によれば、この3年間で3人の日本人が現地に渡って安楽死している。
    https://www.news-postseven.com/archives/20180930_770149.html引用

     

    安楽死を法的に認めているのは、スイスだけで、かつ外国人が安楽死できるのはスイスだけだ。

    スイスには安楽死を行う団体は複数ある。

    日本人が安楽死する場合は2つの団体がある。

    最大なものは、「ディグニタス」がそうだ。

    スイスでは安楽死を医師が手出しすることは禁じ手である。

    死を手助けする「自殺幇助じさつほうじょ」

    患者が苦しむことなく自殺を遂行できることを医師が幇助することが認められている。

    点滴やコップに入ってる死に至る薬を、患者が自分の意思でボディーに注入して死んでしまうというやり方である。

     

    団体の会員費が年     6030円

    診断書        361800円

    スイス人2医師の診断 120600円

    自殺幇助費用     361800円

    警察捜査費用      60300円

    火葬遺体搬送費用   301500円

    渡航費宿泊代    約400000円  

    total        1612030円

    遺体処理や葬儀代が個人差があるので

    この金額に上乗せになるのだろう。

     

    だいたい相場は150万円から200万円だと。

    またもう一つ必要なものがある。

    団体は安楽死申請者が死期を早めたい理由を慎重に診る。

    具体的にどのような耐え難い苦しみ、痛みを持っているのか

    その痛みはずーと続くものなのか?

    失恋とか望まない退職の悲しみ等一時的な精神状態での安楽死はできない。

    死期を早め安楽死したい理由を英語もしくはドイツ語で説明しなければならない。

    お金があっても語学力がなければ「安楽死」の選択はできないんです。

     

    欧米では数十年もかけて「自分の死の決定権」をめぐり論争してきた。

    このような経過を経て「安楽死」の法制化ができた。

     

    日本はちょっと違う。

    周囲に迷惑がかかるから安楽死を

    というのはおかしい。

    自分の死を自らコントロールしたい。

    というところと

    認知症になる前に死にたい。

    とは

    どこか違っているような気がする。

     

    認知症であっても

    生きる権利はある。

     

    安楽死とは違うみたいだ。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM