英語のルーツをたどってみよう

0

    英語って世界共通語になっているという。

    なんでかな。

    日本で若い世代中心に英語が話せる人は多という。

    義務教育でも授業が実施されている。

     

    英語のスピーキングのイラスト

     

    しかしながら、この英語が世界共通語になった歴史は意外と浅い。

    英語のルーツってなんなんだろうか

    500年前は、ブリテン島とアイルランド島でしか英語は話されてなかった。

    歴史も500年もなく、ルーツは浅いんです。

    元来、英語のルーツはインドヨーロッパ語族のゲルマン語族に属していたんです。

    オランダ語、デンマーク語、スウェーデン語、ノルウェー語、アイスランド語もゲルマン語派のルーツなんです。

    もともとケルト人が住んでいたブリテン島でした、英語のルーツである古英語を話すゲルマン民族が5世紀に

    侵入してきたんです。

    その後、大英帝国時代に、北アメリカ、オーストラリア、インドなどを植民地にして英語圏が世界各国

    に広がります。

     

    そして現在は世界各国で英語が共通語として使われるようになりました。

     

    英語のルーツはブリテン島に始まりますが、このように世界に広まった原因は英語自体が

    他の民族に受け入れやすい言語であったのでしょう。

    英語のルーツから英語をみるに

    文法は比較的簡単であったため色々な文化と同化しやすかったのが要因でしょう。

    そういったことで、英語は言語のなかで簡単な部類の言語なんだ。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM