高齢者の仕事内容が優しい日本にすべきではないのか

0

    泊りの警備員の仕事って、誰でも出来るわけではない。

    病歴がある、例えば糖尿病などの人はなれない。

     

    健康診断書提出が必要で

    少なくとも60歳過ぎても

    病歴のない健康な人はいるんです。

    東京都内の私立高校の警備員だった68歳の男性が急性心筋梗塞で死亡したのは、連日の夜勤や24時間勤務など、過酷な労働が常態化していたことが原因として、遺族は労働基準監督署に労災を申請した。遺族と弁護士が17日、都内で記者会見して明らかにした。帰宅せずに3日間勤務し続けたり、残業が月約130時間に上ったりしたという。遺族は「高齢者には到底考えられない過酷さ」と訴えている。

     亡くなったのは埼玉県の男性。06年に東京都中央区の「グローブシップ警備」に契約社員として入社し、14年ごろから世田谷区の高校で働いた。今年2月、夜勤中に急性心筋梗塞となり、4月に死亡した。

    共同通信社

     

     

    そのような人が働く夜警、

     

    人より丈夫だと思う。

     

    国は年金も70歳まで払わんという。

    60歳からの仕事内容で、既往症のない丈夫と思われる人でも

    この記事のように

    死んでしまう。

     

    働くのはいいが、60過ぎた仕事って

    何百キロも走る、運転系、棒振り交通警備員

    とかこのような夜警とか

     

    体に楽な仕事がないように見える。

     

    仮に単純作業だけのストレスのない仕事の上に

    どうしても、高齢者でも付加価値のある仕事を要求するようになる。

     

    例えば、単純な配送作業。

    配送するだけでなく、配送するものの在庫管理、棚卸、荷積み、荷下ろし

    配送する部品の機能把握とか終わりのない付加価値追加。

    高齢者も若いものと同じ仕事してもらうんだ

    という管理者もいるが、

    出来ねーぞ

     

     

    それがストレスとなり、60歳以上で健康な人でも

    健康を蝕み、やがて心筋梗塞、脳障害で死んでいくんだ。

     

    やはり60過ぎたら

    肉体的に優しい仕事内容に

    社会がなっていかないと

     

    逆のストレスのなく自然死する直前、認知症になる前まで

    高齢者が働ける環境が必要ではないか。

    そうしないと

     

    悲惨な日本の高齢者が沢山生まれるだろう。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM