資格 (文化庁発掘調査研究職員)は非常に難しい資格です

0

    学術研究とか歴史の発掘調査をしたい人。

    文化庁発掘調査研究職員になってみませんか?

     

    遺跡・化石を発掘する人のイラスト

     

     

    これは資格が必要です。

    また、欠員があり補充がかかってないと、登用はない。

    まあ、運よく自分の好きな事で仕事になる可能性があります。

    そして、この文化庁発掘調査研究職員という資格とは詳細な作業ってどのようなものか

    見ていきましょう。

     

     

    文化庁発掘調査研究職員は、重要な遺跡の発掘調査研究を行います。

    採用は欠員が生じた場合のみです。

    毎年試験はありません。

    待遇は、国家公務員一種採用試験合格者と同じなんです。

     

    受験資格

    受験年の4月1日現在、22歳以上34歳未満

     

    資格試験の合格率

    公務員資格と変わらず。

    欠員補充のみでの人員募集となる為、資格を取得しても即採用については狭き門。

     

    資格を活かした就職

    文化庁

     

    資格を活かした仕事内容

    平城京跡、飛鳥・藤原宮跡など重要な遺跡の発掘調査研究を行います。

     

    将来的に研究者として歴史に携わる仕事の就業、他の目的の為文化庁就職を考えている方には

    人気があります。

    資格取得以前に採用は非常に難しいので先にその点を調査すべきです。

    書籍で資格nocheckをすべき↓

    発掘調査のてびき 各種遺跡調査編 [ 文化庁文化財部記念物課 ]


    感想(0件)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM