日本の競馬とはどのようなものでしょうか

0

    日本の競馬について話します。

    日本で今の西洋式競馬が行われたのは19世紀の終わりです。

    競馬は横浜の外国人居留地で、外国人によって競馬が始まったのです。

    馬主のイラスト

     

    そして当時は馬の質が西洋に比べるととても低レベルだったそうです。

    何度も何度も競馬に適した馬を品種改良をし、積極的に日本での競馬を国も奨励したのです。

    日本で初めて競馬の馬券が発行されるようになったのは1923年の事です。

    この時に旧競馬法も制定された。

    日本の競馬は国が統括しています。

    競馬は地方競馬、中央競馬があります。

    それぞれ公営の競技です。

    そういうことで、日本の競馬は、公営ギャンブルという事になります。

    日本においては、競馬の馬券を販売するのは特殊法人日本中央競馬会か地方自治体だけが開催しても

    いい事に決められている。

    日本では、有力な馬が芝競技に流れてしまって、ダートで結果が出る馬は一度は芝で使われるという事が

    あるのだそうです。

    日本の競馬は平均してレース賞金が高くて海外の賞金よりも高い競争力もあると言われています。

    日本の競馬の特徴としては、最近ではスピード化が激化していて芝がとても軽いことから、スピードといかに瞬発力が

    早いかが勝敗を決めることのなっています。

    競馬グッズとか☟


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    成婚率最高資料請求無料

    幸せの無料資料請求

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    3

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM